桔梗F

戦場からのラブレターの桔梗Fのレビュー・感想・評価

戦場からのラブレター(2014年製作の映画)
4.0
ラブレタ~フロム 戦場~♪
あなたのいない~ ひとり~旅です~♪

↑このネタわかった人おっさんかおばちゃん

第1次世界大戦時、救急看護師として闘い続けたヴェラ・ブリテンの自伝小説を映画化した戦争ドラマ。

アリシア・ヴィキャンデル無双映画です( ;∀;)
※戦闘するわけじゃありません

主人公アリシアに惚れてる男2人に弟と男3女1の4人でつるんでます。

マキシマムザホルモンみたいですね(^-^)※そこはセカオワではない

ポイントは弟役があのタロン・エッカートでかなりいい味出してます(*´ω`*)

アリシアは惚れてる男のうちローランド(キット・ハリントン)を選びます。

まあ戦争&純愛映画ってことで、どうなるかは観る前からほぼわかるんです(´Д`)

キットハリントン「次の休暇で帰って来たとき結婚しよう」
ああ…なんですか!?このフラグ立ちまくりプロポーズは(。´Д⊂)

『戦争中絶対してはいけない三大要素』に、「婚約する」「子どもが産まれると話す」「家族、恋人の写真を見せる」
致死率100%です(*_*;

戦争純愛劇はこれまでも山ほどあるんですが、本作の特筆点は…

・主要人物たちの死亡シーン一切なし!
アリシア目線の実話なので、主人公が見てないものは一切見せないという素敵な演出。
というわけで戦闘シーンも0

・自然光をうまく使ったカメラワーク。
ちゃんと計算して撮ってるので○(^-^)

・アリシア・ヴィカンデルの異常なほどの名演( ̄□ ̄;)!!
ここまでの演技ができる女優さんだとは思いませんでした!
※当初はシアーシャ・ローナンが主演予定

序盤、アリシアがキット・ハリントンと恋に落ちるまでの演出はキュン死するほどです(;>_<;)
カメラさんがキットハリントンの超接写くちびる、たくましい腕、体と撮すたび、アリシアはハアハアします(´Д`)

女子の男子を見る観点はそこなのね!?
φ(..)メモメモ

ちなみにわたしは、おつぱい、ウエスト、太ももから見るので、女子はそこ磨いててください。

かなり切なくつらい話ですが、まぎれもない良作!

終盤、ドイツをどうするかの討論会でのアリシアの名演説は涙なくして観れません( ノД`)…

アリシアの従軍慰安ゲホンゲホン…看護師描写を「赤い天使」並にエグく(エロく)すれば傑作になりえたかも(^-^)
↑個人的妄想です