はちょ

ぼくのエリ 200歳の少女のはちょのレビュー・感想・評価

ぼくのエリ 200歳の少女(2008年製作の映画)
-
「わたしが女の子じゃなくても?」
というセリフ、そしてあのボカシのシーン。

この言葉にこんなに深い意味があったんか!

名作って評判だし、人に勧められてやっと観たんだけど、少年とヴァンパイアのホラーのラブストーリーかと思ってたらもっと深かった。

予備知識無しで観たから、鑑賞後調べてビックリした
それを踏まえてもう一回観たいなー。原作めっちゃ読みたい


スウェーデン映画という事もあってか、全体的に怖いけどきれい。

また好きな映画が増えた

ハリウッドでクロエ主演でモールスというタイトルでリメイクしたけど内容はこっちの方が全然深いす

「ぼくのエリ」の原題は 「Let the Right One In」(正しき者を招き入れよ)らしいです。

意味深