キングコング:髑髏島の巨神の作品情報・感想・評価

キングコング:髑髏島の巨神2017年製作の映画)

Kong: Skull Island

上映日:2017年03月25日

製作国:

上映時間:118分

3.7

あらすじ

神話の中にだけ存在するとされた謎の島に調査遠征隊が派遣される。彼らの任務は、未知なる生物を発見すること。 だが、その島は、人類が決して足を踏み入れてはならない《髑髏島(ドクロトウ》だった…。

「キングコング:髑髏島の巨神」に投稿された感想・評価

むせる

むせるの感想・評価

3.5
コングを筆頭に各モンスターが強大で、圧倒的…!コングのかっこよさが際立つ良い怪獣映画で、間違いなく男の子ならコングの戦闘シーンで心が踊る!

そしてサミュエルLジャクソンが演じる役が人間はちっぽけな存在なんだという象徴のように感じた。
コングとサミュエル、それぞれ顔のアップや仁王立ちで手を握りしめるところなど同じ構成のシーンが見られたのにも何か意味があるのか…色々想像が捗ります。

エンドロール後にもシーンがあるので、最後まで観ることをオススメします。
ハリウッド版ゴジラ製作陣が絡んでいるということもあり、ゆくゆくは怪獣大乱闘なんてことも…!

あとガスマスクと殺陣がコラボした映画ってこれぐらいなんじゃないですかね笑
Ham

Hamの感想・評価

4.3
大怪獣ワクワク大決戦に発展しそうでワクワクする。
キングコングがまじイケメン。
キングコング髑髏島の巨神 をバルト9で鑑賞。
全然、期待してなかったけど面白かったです。
キングコング、説教じみた社会派な展開もないし、とって付けたようなloveやギャグもない!潔いまでの巨大生物のガチ対決に感激しました。
そしてエンディング後のオマケムービーは日本の特撮ファン歓喜なアレまででてきてワクワク♡
本作、これ絶対に4DXと相性良さそう!水ビシャーの、鼻息バフーの、地面ドシンドシンで、ユニバのアトラクション風に楽しめると思いますよ(๑˃̵ᴗ˂̵)

このレビューはネタバレを含みます

・1970年代の南太平洋の嵐に囲まれた髑髏島には島の守り神のコングをはじめとして、巨大グモや水牛など独自の進化を遂げた馬鹿デカイ動物たちが住んでいた
・水辺でのコングVS骨オオトカゲの心踊る肉弾戦
・勝手によそ様の土地を荒らすサミュエルエルジャクソン隊長率いる人間に対してどうしてもコング側に肩入れしてしまう
・エンドロール後にチラッと写ったのはヤマタノオロチ?ゴジラ?気になる続編
・ヘリが次々襲われる序盤からとにかくどのアクションも素晴らしい、特に竹やぶで巨大グモに襲われるシーンはお気に入り
・1944年に島に墜落して原住民と共に暮らしてたイカリ日本兵の刀を持ってた髭もじゃマーロウのキャラクターも印象的
・というかそのイカリ日本兵ってMIYAVIだったとあとで知る
・サミュエルエルジャクソンの死に方はもはや大喜利
ろけん

ろけんの感想・評価

5.0
木を引っこ抜いて棒にするシーン
ヤッター!ってなった
yui

yuiの感想・評価

3.0
迫力満点の映像を楽しむ映画

水辺の戦いのシーンは本当メイキングを観たいくらいリアル…!

キングコングシリーズは初めてでしたが
違和感もなく観れたので一安心♪
yooosham

yoooshamの感想・評価

3.0
トムヒを観たいのと、キングコングとゴジラの続編もあり、観た。出る物が巨大巨体!スカル・クローラーの気持ち悪さと言ったら…コングが可愛く見られます。特にオーロラを見るシーンなんてキュンとする。ジョン・C・ライリーの日本語も聞けたりなんてしちゃって。「不名誉より死」、潔い。コングにケガさせないでーとずっと思っていた。やはりキングコングといえば女性との絵だ。一番最後のシーンが一番好きだ!ジョン・C・ライリーで終わる映画!
a

aの感想・評価

3.0
前作は越えられない

最後をなぁなぁで終わらせるタイプの映画はあんまり好きじゃない
>|