キングコング:髑髏島の巨神の作品情報・感想・評価

キングコング:髑髏島の巨神2017年製作の映画)

Kong: Skull Island

上映日:2017年03月25日

製作国:

上映時間:118分

3.7

あらすじ

神話の中にだけ存在するとされた謎の島に調査遠征隊が派遣される。彼らの任務は、未知なる生物を発見すること。 だが、その島は、人類が決して足を踏み入れてはならない《髑髏島(ドクロトウ》だった…。

「キングコング:髑髏島の巨神」に投稿された感想・評価

rieri

rieriの感想・評価

3.0
あんまりこの手のを観ないのでなんともだけど、ポップコーンムービーとしてはよいのかも。後半ちょっと退屈。映像は昔っぽくてワクワクした。吹替版で観る人は主役2人がタレント起用なので注意。笑
みそ

みその感想・評価

3.7
サンにはエグい死に方して欲しかった~~

アイアムアヒーローやHxHみたいに女キャラは不意に殺されるのがエロいと思うんですよね...
senga1974

senga1974の感想・評価

2.8
昔からある一般的なキングコングというよりはゴジラ対◯◯◯に近い作品だと思った。
最新のCG満載で迫力がある映像だなと思ったけどそれだけかな。

キングコング映画全般に言えるのは「キングコングは美女に弱い」。
キングコングの迫力は最高。

ある島に調査隊と軍隊が乗り込んでいくわけですが、そこで待ち受けていたのはキングコング及び巨大生物。

コングVSヘリはキングコングの力強さと迫力に圧倒される。
でも、その後出てくる巨大生物はちょっと拍子抜けか。もっとバンバン出てくる全編クライマックス感を期待してたんだが…。

ラスボスも形状的にも全くワクワクしないやつで尻すぼみ感が否めない。もう一歩!
Masaki

Masakiの感想・評価

3.4
思った以上に楽しめた。
VS.コングの戦闘シーン(タコとか)はとてもリアルで迫力があり良かった。
ジュラシック・パークに出てきそうなスカル・クローラーが、思わずこちらが顔をしかめてしまうほど気持ち悪かった。
しかも目だと思って見てたところが、実は鼻穴だったのが衝撃。
ノリのいい曲と、ブリー・ラーソンのヘルシーな笑顔が、恐怖感を煽る映画の中では、とても好感度が高く、つられて笑顔なるほどだった。
SatoruAsai

SatoruAsaiの感想・評価

3.3
ただひたすらにイケメンゴリラに惚れ直す映画。

でもたまにオッサンに見えるよね。
イカ食ってウマーなシーンとかさ。

ゴリラの次回作は意外と仕事に疲れたサラリーマン役とかさせてみたい。

ってそーゆー話じゃなくて。

んー、なんだろね。
怪獣出すのにここまで小難しい説明、いる?
よくよく聞いてみりゃパシフィック・リムとほとんど一緒じゃんか。
ジュラシック・パークといい本作といい、恐竜や怪獣には住みにくい時代になったもんだねぇ。

あ、そうそう、いま思い出した。
あの手榴弾のオッサンの最期、アレだけはやめてあげてよ。
笑えねぇよ。
>|