キングコング:髑髏島の巨神の作品情報・感想・評価

キングコング:髑髏島の巨神2017年製作の映画)

Kong: Skull Island

上映日:2017年03月25日

製作国:

上映時間:118分

3.7

あらすじ

神話の中にだけ存在するとされた謎の島に調査遠征隊が派遣される。彼らの任務は、未知なる生物を発見すること。 だが、その島は、人類が決して足を踏み入れてはならない《髑髏島(ドクロトウ》だった…。

「キングコング:髑髏島の巨神」に投稿された感想・評価

時代設定をベトナム戦争終結に持って来たのがすべてのキモだったと思う。あれだけの特撮技術見せられたら日本ってどうすればいいでしょうか。これから更に成長したコングがゴジラ達日本の怪獣と激突するのが楽しみです。
時代設定が全ての決め手「キングコング:髑髏島の巨神」
http://tea-rwb.hatenablog.com/entry/2017/05/04/123000
ぽち

ぽちの感想・評価

3.3
んー…
ゆうこ

ゆうこの感想・評価

3.6
鑑賞記録
飛行機の中で鑑賞。戦争ネタを盛り込みたいからあえてベトナム戦争終結直後に舞台設定、ってことなのかもしれないけど(あと人工衛星が無い時代じゃないとあんな島すぐ見つかっちゃうってのもあるけど)、まあ別にその線のストーリーはどうでもいいかなあという印象。

キングコングやらデカいトカゲみたいなやつやらがわらわら出てきて喧嘩して米軍ヘリがばったばったと墜落する様を頭空っぽで楽しむバカのための映画。大画面でみたらもっと楽しかったろうね。
エカー

エカーの感想・評価

4.2
映像の迫力があって良かった。大佐が頑固でそこは嫌だった。吹き替え版で見て主役の人の声かっこいいと思ったらガクトだった。
kiki

kikiの感想・評価

2.9
吹き替えで観たので、とにかく声優がひどかった…
うわぁ、巨大生物の宝石箱や〜!(彦摩呂)
ていうぐらい出るわ出るわ、規格外のモンスター達!

邦題がダサいという事と予告編で何となく内容が読めてしまったので後回しにしていた映画。

南太平洋に浮かぶ未開の島、髑髏島(←ダサい)。特務研究機関モナークの一員であるランダ(ジョン・グッドマン)はパッカード大佐(サミュエル・L・ジャクソン)率いる護衛の部隊と元特殊空挺部隊隊員のコンラッド(トム・ヒドルストン)らを引き連れ、島の地質調査に向かう。しかし、ラムダの本当の目的は巨大生物の存在を確認する事だった。

序盤から惜しげも無く姿を現し、大暴れのコング!それもその筈。この島、何かがオカシイ!コングだけが目玉じゃない!それ以外にも続々と姿を現わす巨大生物!怖い〜!面白い〜!

ノリはB級、映像とキャストはA級!
ジョン・C・ライリーの登場は嬉しい限りだし、戦場カメラマン役ブリー・ラーソンは「ルーム」で見せたお疲れ気味拉致被害者の雰囲気を払拭して美しい!MIYAVIも出てるし!

もうね、あれ。

あのトカゲ?何すか?二本脚とか!きもーい!

気になったのは、ストーリー展開がまんまジュラシック・ワールドな件。あのシーンもこのシーンも観た事ある…。未開のジャングルを歩く時は、前も後ろも上も気をつけなくちゃね。

もう一つ言うと、キャラが多過ぎる。正直ストーリーに必要ない人達もいるし、もう少し人数を削りながら展開した方が良かった。

名優サミュエル・L・ジャクソンは今回に限ってはイライラ要員(要因)。人の家に土足で上がり込んで荒らし放題なんだから、そら怒りますよ主(コング)が。周りの制止も聞かずに命を落とした部下の復讐に燃える姿にはイライラ。冷静な判断を欠いた馬鹿な上官だけは持ちたくない。

時代設定を1973年にした上での音楽やラストシーン等、センスの良さは感じられる。

さぁ、これは終わりの始まり。
コングだけでは終わらない!
次はアレとかアレとか出て来て怪獣大戦争!

トム・ヒドルストンもロキ様以来の当たり役となるか!?
予想を超えて面白かった
役者の無駄遣い
>|