キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

Kong: Skull Island

上映日:2017年03月25日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:118分
    監督
    ジョーダン・ヴォクト=ロバーツ
    脚本
    マックス・ボレンスタイン
    キャスト
    トム・ヒドルストン
    ブリー・ラーソン
    サミュエル・L・ジャクソン
    ジョン・C・ライリー
    トマ・ラングマン
    ジョン・グッドマン
    トビー・ケベル
    ジェイソン・ミッチェル
    シェー・ウィガム
    ジョン・オーティス
    コーリー・ホーキンス
    雅-miyavi-
    トーマス・マン
    あらすじ
    神話の中にだけ存在するとされた謎の島に調査遠征隊が派遣される。彼らの任務は、未知なる生物を発見すること。 だが、その島は、人類が決して足を踏み入れてはならない《髑髏島(ドクロトウ》だった…。

    「キングコング:髑髏島の巨神」に投稿された感想・レビュー

    抹茶マラカス
    抹茶マラカスの感想・レビュー
    2017/04/10
    4.4
    時代設定をベトナム戦争終結に持って来たのがすべてのキモだったと思う。あれだけの特撮技術見せられたら日本ってどうすればいいでしょうか。これから更に成長したコングがゴジラ達日本の怪獣と激突するのが楽しみです。
    時代設定が全ての決め手「キングコング:髑髏島の巨神」
    http://tea-rwb.hatenablog.com/entry/2017/05/04/123000
    KEN
    KENの感想・レビュー
    1時間
    4.5
    久々に怪獣映画を見ましたがとても良い作品でした。ドキドキするシーンもあり、何よりキングコングの迫力が凄いです!!!次作でゴジラと対決するのがとても楽しみです。またエンドクレジットまで見てください。
    ハルヒコ
    ハルヒコの感想・レビュー
    6時間
    3.5
    劇場で観ていたんですが記録し忘れてました。期待していたほど楽しめなかったです。

    日本のカルチャーネタがちょくちょく出てきていた気がする(メタルギアのグレイフォックス等)。

    エンドロール後の映像については「またこれもユニバース化かよ」とか思ったんですが、あの怪獣も出るのか!とサプライズもあったのでまあ良かったです。
    さとし
    さとしの感想・レビュー
    1日
    4.0
    オープニングからクライマックス目指して怒涛の一直線。マッドマックス怒りのデスロード並みのテンションで突き進む。それでいてディテールには色んな要素を取り込みつつ魅力的な世界観を創り上げてる。楽しめた。
    nada
    nadaの感想・レビュー
    1日
    3.9

    このレビューはネタバレを含みます

    まぁ、なんと楽しい!

    正直そこまで期待せずに行ったのですが、IMAXのカウントダウンがキングコング仕様になってる辺りからもう、強引にテンションを上げられました。

    そのまま、地獄の黙示録→コングがドーン!他のモンスターもドーン!で気づけば映画も終盤になってた始末

    コングとサミュエルの顔芸対決、最高でした。

    あとは何よりエンディング後のアベンジャーズ的な引き。
    なるほど!だから原題は「Kong」なのか!まだ若い今回のコングは一体、いつ「King」になるのかな!(ワクワク
    スパイダーマ
    スパイダーマの感想・レビュー
    1日
    4.5
    WWⅡ中の、米兵と日本兵の交流。
    最初「これは必要なのか…?」と少し疑問に思えたが、観終わったあとに「必要だった!!」ときっと思えるはず。

    エンドロールで帰るだと…許せんっ!
    鷺宮テラス
    鷺宮テラスの感想・レビュー
    1日
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    違う作品に対してもネタバレ?です。


    ゴリラのなめらかな動きに対し人間パートのチープさが絶妙な制作費の配分を感じ楽しかったのですがそれよりも....サミュエルよりも..
    劇中で触れられている『地球空洞説』に胸が踊りました。

    最強のハッカー、生ける『笑い男』ことスノーデンも肯定したという、、、

    この説はあの冒険活劇海賊漫画の物語(舞台は地球ではないのだけど)の核となる内容でこの説を検索して図を見てもらうとわかるのですが"レッドライン"にそっくりなんです。レッドラインの大陸の裏はきっと空洞説の図のように地表にある山よりもさらに大きな山脈があって「世界をひっくり返す」というのはそのままレッドラインが物理的にひっくり返ることかもしれない。

    魚○島編に登場した大きな方舟はエニ○スロビーの巨大な穴から内部の世界へ突入するためのアイテム?

    空洞説の内部にある都市の名前がマーベル作品のWi-Fiパスワードで使われていた言葉と同じなのでマーベルもここ(若しくは引用元)から取ったのだと思うのです。

    温暖化の影響を受けず南極の氷はなぜ減らないのか?
    南極の氷を大量に採取しても再び元に戻るのはどうしてなんだ?
    私たちの地球は謎だらけ。

    もしかするともっと様々な作品で空洞説に触れているものがあるかも。と色んな想像を掻き立てられる作品でございました。センターオブジアースもそうでしたね。

    上映終了間際に駆け込んだのでIMAXで観れなかったのが残念です。
    Ai
    Aiの感想・レビュー
    1日
    3.5
    記録。
    しの
    しのの感想・レビュー
    1日
    3.8
    「この島では、人類は虫けらに過ぎない」がビジュアルとしてもテーマとしてもどストレートに描かれる。それを強調するために島と怪物の巨大さ、色んな意味での人間の矮小さを上手く対比的に見せており、自らも髑髏島を訪れた気分に。まさに過激派サファリパークだ。

    IMAXで鑑賞したのだが、まぁとにかく楽しいに尽きる。明るい画も暗い画もケレン味たっぷり、迫力MAXでバッチリ決めてくれるので、非常に印象に残るシーンが多かった。「今後も」このシリーズには期待したいところだ。
    HiromiKagi
    HiromiKagiの感想・レビュー
    1日
    -
    3/25 11:10〜
    新宿ピカデリー
    >|