キングコング:髑髏島の巨神の作品情報・感想・評価

キングコング:髑髏島の巨神2017年製作の映画)

Kong: Skull Island

上映日:2017年03月25日

製作国:

上映時間:118分

3.7

あらすじ

神話の中にだけ存在するとされた謎の島に調査遠征隊が派遣される。彼らの任務は、未知なる生物を発見すること。 だが、その島は、人類が決して足を踏み入れてはならない《髑髏島(ドクロトウ》だった…。

「キングコング:髑髏島の巨神」に投稿された感想・評価

7se

7seの感想・評価

3.9
島の生物にもっと出てきてほしかった!
対ヘリコプター戦や行方不明になってた兵士、またゴジラネタ含めて面白かったなこれ
はけ

はけの感想・評価

3.9
次のハリウッドゴジラの前振り扱いになっててわろた。
このコングじゃあのゴジラとは戦力差ありすぎと思うんだけど、戦うことはないのかな。
映画自体の絵作りも色もすごく綺麗で面白かったです。
てかもうポスターとか広告見た時点で面白いことは知ってた。
エンドロール前のラストもすごくよかった。
フレアガンと日本刀だけやたら強くて、銃はBB弾でも撃ってるのかと思うくらい弱すぎなのが気になった。
shoko

shokoの感想・評価

3.8
これよかったな〜。
コングは守り神なんだけど、めちゃめちゃ主人公感あったし魅力的だった。
monty

montyの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

典型的な大衆向けエンタメ映画。

〈行きて帰りし物語〉
プロローグ
WW2下の日米兵がその島に不時着し、もみ合っている間にコングに遭遇。休戦して共に島から出ようと誓う。

背景:ベトナム戦争終戦
事件:巨大コングのいる未確認の島を発見。
障害①巨大生物(ゴリラ、シカ、蜘蛛)
→死傷者出しながらなんとか逃げ切る
障害②先住民部族
→例の二人と仲間になっていた。再会。
障害③ボロボロの船を直す
→成功
障害④脳筋で尊大な軍人
→コングに復習すると言い出しチーム分裂
障害⑤真のボスは巨大トカゲだった
→コングは脳筋によって弱っていたものの、共闘することでなんとか勝つ
解決:帰還

枷:3日後の船を逃したら永遠に助け来ない(時間)


親キングコングの髑髏から火が出たり、先住民の全身タトゥーとか演出よかった
がアメリカ人が刀使ったり日本語で「不名誉より死」とか赤ちゃんみたいな訛りでいうの日本人が意味不明な英語のTシャツ着てるのと同じぐらいダサい(笑)そして日本人として中国人が出る金の力の汚さ
正直期待してた何倍も面白かった
モンスターのデザインも進化の過程が分かるような合理的で尚且つ禍々しくて上がった
あと愛国心剥き出しの調子に乗った腐れアメ公がボコられてたのが爽快!!!
歴史的背景をがっつりモンスター系映画に練り込んでるのが新しいかなと思った
Kanok

Kanokの感想・評価

3.0
やっぱでかいゴリラはかっこいい!
ラストがびっくりだけどやっぱり!?ってなった!
ゆうと

ゆうとの感想・評価

3.5
4DXで視聴しました。
おず

おずの感想・評価

3.2
雅、卍解して千本桜使えばアランカル倒せたんと違うかな。違うか。
Yuna

Yunaの感想・評価

4.5
記録用
Tomonobu

Tomonobuの感想・評価

3.8
キングコング主体ではあるが、怪獣沢山のある意味初代のキングコングとは別物な感じ。怪獣同士の戦いもなかなか、
>|