キングコング:髑髏島の巨神の作品情報・感想・評価

キングコング:髑髏島の巨神2017年製作の映画)

Kong: Skull Island

上映日:2017年03月25日

製作国:

上映時間:118分

3.7

あらすじ

神話の中にだけ存在するとされた謎の島に調査遠征隊が派遣される。彼らの任務は、未知なる生物を発見すること。 だが、その島は、人類が決して足を踏み入れてはならない《髑髏島(ドクロトウ》だった…。

「キングコング:髑髏島の巨神」に投稿された感想・評価

riona

rionaの感想・評価

4.0
抱かれたいゴリラNo.1
吹替がくそだったよ
りょう

りょうの感想・評価

3.8
トムヒドルストンが最高にかっこいい映画
キングコングは獰猛で野蛮かと思いきや
愛らしいゴリラちゃんでした
劇場で見れてたら迫力が凄そう
filmout

filmoutの感想・評価

4.3
冒頭、ありきたりではあるけど年月経過の映像コラージュが渋い。
更に全体をポップにまとめるロックナンバー、モンスターの造形と醍醐味が目一杯。

MCUではロキとして憎まれ役のトム・ヒドルストンもここでは頼りになる味方だし、逆にサミュエル・L・ジャクソンはベト戦敗戦でその後の道を上手く生きられそうにないヤバい軍人を演じており、地獄の黙示録のマーロン・ブランドじゃないんだからとツッコむなど色々楽しめる。
全体的にクオリティが高すぎ!
kanalope

kanalopeの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

映画が進むにつれ、コングがイケメンマチョメンに見えてきた。
ランペイジといい、キングコングといい、最近ゴリラが熱いね。胸熱。

途中の手榴弾もってトカゲに向かっていった人、一緒になって叫んで止めたよね。
絶対期待した結果にならないってわかってた!
しかしそういうところも好きっちゃすき
mn

mnの感想・評価

3.5
きろく

自分からは決して手に取らないタイプの映画だったけど、もうそれはすごい迫力で技術の進歩を感じた。

サミュエル・L・ジャクソンてああいう役似合うんだよな、顔がとかいっちゃうとおかしいけどキングスマンの時もそうだし、頑固っていうかちょっと排他的というか若干狂ってしまった役。

映像の迫力感じたい時におすすめです。
さみゅえるふぁっきんじゃくそん

サメ映画とかそういう感じの映画だった
パニックもんのいいとこ詰め詰め
都合良く全部説明してくれる変なおじさんしかり
なんか頭おかしくなる人しかり
かっこいい自己犠牲しかり
入れに入れてる

他の事しながら吹き替えで見るにもいいし
普通に見るにも映像かっこいいから面白い
好きな映画です
costello

costelloの感想・評価

3.5
眠かったのでトム・ヒドルストンがロキ以外の役で観る新鮮さだけ残ってる

大怪獣の戦いはいつ観てもワクワクします
ここまで奥が深いとは…アクションシーンがかっこいい上に日本を彷彿とさせる演出がいくつもあって嬉しかったです◎
>|