tagomago

溺れるナイフのtagomagoのレビュー・感想・評価

溺れるナイフ(2016年製作の映画)
3.5
2時間のミュージックビデオという評は否定できない。酷評があるのも理解できる。監督がいかに強い画を引き出すかに執着してるのは明らかでストーリーの構成もちぐはぐだ。しかし、映画の前半に見られるとにかく切れ味のいいカット割り、美しいロケーション、主演2人の魅力、畳み掛けるようなラスト、好きです。

その辺のキラキラ青春映画とは違う異色の作品であることは間違いない。
まず学校という閉じられた世界があまり出てこないし登場人物の数も絞っている。いかに小松菜奈と菅田将暉が美しく撮れているか、結果として撮れている。その点は疑いようがないところだと思う。

大友はよくある恋愛映画での引き立て役ではあるものの演じた重岡さんがこのアクの強い作品のテンポを良い意味で落ち着かせていている。カラオケの場面はフラれた男の行動として見習いたいものがあり彼の幸せを願わずにはいられない。

アテレコがすごく気になったとかやっぱり音楽鳴りっぱなしは気になるとかお話だけ取り出してみれば面白くないかもと思ったりしたけど、キラキラした青春の始まりと終わりを切り取った稀有な1本だと思います。