狂王キシリトールヴィヒ2世

溺れるナイフの狂王キシリトールヴィヒ2世のレビュー・感想・評価

溺れるナイフ(2016年製作の映画)
4.4
俺の中で勝手に行方不明になってた市川姉に再会できて嬉しかった。一番天才なのはひきの画づくり。単純に好みがあってるってのが大きいかもしれないけどめちゃくちゃ構図が良い。確信的にひき固定長回しを多用するけど全部ばちっときてる。惚れる。あと独特の間の驚き、ショット、音楽の挿入が全然普通じゃない。たまに笑う。思い込みかもしれないけどすごく感覚的な感じがするのに古典のオマージュの挿入による暗示もにくい。物語展開に巧みさがないのはそれによる推進力を感じることは特になかったし軽視してるのかなって気すらしたから個人的にはもうちょっとうまく落とし込んで欲しかった気もしなくもない。小松菜奈って少女でいられなくなったらどうなってしまうんだろうって思ってたけどほんとどうなっていくんだろう。火まつりの衣装菅田将暉のものになりすぎてて他の人は着ないんだろうなって思った次の瞬間エキストラ全員着ててひびったけど、そもそも制服の時点で菅田将暉オーラやばい。荒々しいなまりかっこよすぎ。このゴリゴリの人物を正面から描いてるのまじやばい。お前の方じゃげき萌えだし。特別が特別じゃなくなる瞬間とか特別になれないとか特別を追いかけ続けるとかそういうのうわーって感じ。映画の輝き