クドゥー

溺れるナイフのクドゥーのレビュー・感想・評価

溺れるナイフ(2016年製作の映画)
4.0
「いつだって少年は、大人の世界に傷つけられる」

東京から来たモデル少女と地元最強のアウトロー少年の恋と衝動を描く山戸結希監督作品は、類い稀なる作家性にオーラとパワーを兼ね備えた俳優たちが応えることによって、もしも自分が少女漫画原作の職人監督だったら職を奪われていただろう青春映画の傑作。

神様に禁じられた海にダイブした瞬間に物語体験としてのリアリティは約束され、三角関係と称するには無粋な一瞬で燃え上がる恋と心を温め続ける愛のコントラストが美しい、ヒロインを見守る漢気レベル100の大友君とかイイ奴過ぎて応援上映組んであげたいレベル。

互いが互いのカリスマであった関係性が存在すら忘れていたクズに脅かされる地獄絵図から、始末出来なかったことに苛まれ続けるストレスの追体験にこの題材を描くための覚悟を感じる、くすぶっていたナイフの切っ先は正義を貫いて誰も二人を止められない。

今週のテーマ
〜同年代の才能!平成生まれの女性監督特集〜