溺れるナイフのネタバレレビュー・内容・結末

溺れるナイフ2016年製作の映画)

上映日:2016年11月05日

製作国:

上映時間:111分

3.3

あらすじ

「溺れるナイフ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ホットギミックと形は違えど女の子がひとりでキラキラする映画。大好き!
小松菜奈ちゃん×縷縷夢兎×靖子ちゃんのシーンでもうかなり満足した(開始一秒)。その後すぐに美しすぎる菅田将暉が登場して、二人の画力がやば…と思ってたら高校生になって(今まで中学生だったんだ)別人みたいに色を失った小松菜奈ちゃんに驚く。絶対に可愛い人の可愛くなく見える演技が好き。
優しい男友達(報われない)は少女漫画の鉄板だけど悲しい。夏芽と大友のシーンが本当に全部良すぎる…。本当に…。大友はバカみたいに振る舞ってるだけでかなり思慮深くて優しい。女の子に慣れてない感がすごいのに、ペディキュアで椿意識したこと気付けるなんて意味がわからないしカラオケも天才で末恐ろしい好き。
どっちの男の子を選ぶか、で終わらない山戸結希映画への信頼感。
雰囲気映画
キャストはすごくいい
重岡演技○
がっかり。
夏芽とコウが知り合って、いきなりコウちゃん呼びになってて、付き合って、別れて、、、って展開が早すぎる。
BGMがヘン。
そして、ボート上での吹き替えにドン引き。
大友が噛みすぎ。撮り直して欲しかったなー。

ただ、アドリブなのかはわからないけど、夏芽と大友のやりとりがとても自然で良い!!
菅田将暉の透明感。
泣ける「俺らこんな村いやだ」カラオケ。
終盤の受賞式の映画のしょうもなさが無ければ良かったのに。
評価低くてびっくりしちゃった
何がだめ?

ジャニーズの子だったことにまじでびっくりした。
こんな感じの子が歌って踊るん? すごいねぇ



小松菜奈がまだ覚醒しきってない感じがする。役柄的にしゃーないのかな。
菅田将暉は喋りがようにあっててキャストの中でも頭抜けててそれが役の設定にもあっててよかった。

お話ふつうに好きなんだけどなぁ。最後のなつめ主演映画が全然いけてないとこだけ最悪だったね。そっからの2人乗りのシーンはまじで良かったけど。劇中映画は評価2.7のやつじゃが。間違っても賞なんて受賞できる気配ないがね。




1
相手の理想でいることに対するプレッシャーってかなり苦しくて、でも、その理想っていうのは自分が勝手に推測したものである場合も多くて、結局は自縛的になってるんだろうなと思う。(そのもがき様が“溺れる”なのかもしれない)
最後は、トンネルまでは相思相愛、比翼の鳥、って感じだったのに、暗いところでは180度違う方向を向いていて、色あせた表情になってしまうのが切なすぎる。
久々に、情緒的な鬱系の物語を見れて良かった。
終始展開のために焦ってる感があった。セリフを噛んだりしてたのは気づかないくらいに気にならなかったけど、テンポが掴めなかった。ストーリーも結局どれが真実なのかわからなくて見終わった後ネットで調べてようやく理解した、かな、、、最初中学生設定だったのもさすがに無理がある〜

重岡くんはマジでリアコ枠というのが身にしみた映画だった。
コウとナツメが度々追っかけあってたのもよくわからんかった、、
十代特有の万能感の感覚はなんとなくわかる。盲目的な感じ。
溺れるナイフってコウのナイフみたいな鋭さのことかと思ってたけどあの犯人と一緒にナイフも海に捨てたならリアル溺れるナイフやんと思っちゃった。すまん

菅田将暉と小松菜奈が美しかった。
映画自体が荒削りだったのと挿入歌は全部マジでいらなかった。意味わからんかった。いちいち雰囲気壊れてた気がした
映像美を楽しむ映画だったな〜。でも評判よりは全然よかった、めちゃ好きだった。好きな人に勝ちたい、認めてもらいたいって気持ちクソわかる。小松菜奈ちゃんみたいに感情さらけ出して愛を伝えられる人になりたい。
小松菜奈ちゃんはあの事件があった後会いたいと思っても、コウは会いたくないよね、そりゃ。助けられなかったんだもん。会ったらごめんなさいとか不甲斐ないとかそういう気持ちが爆発しちゃうから、会えないよなぁ〜と。
重岡に感情移入するとクソ泣ける。カラオケのシーンとかも、重岡(オオトモくん)にとっては本当に大事な時間で、一生に一度の思い出の瞬間なんだよな〜って思うと胸が苦しくなった。
田舎独特のあの閉鎖的な空間とか、祭りの独特な怖さとか、それを映画で感じられたのはすごいなあと思った。
どうも、たるたるです。

大森靖子さんの「ハンドメイドホーム」をYouTubeで検索したら、この映画での挿入歌バージョンが出てきたので観てみました。

小松菜奈さんも菅田将暉さんもいい役者さんですね。

場面場面の思い通りにいかないもどかしいシーンや2人で単語を叫び合うシーンはどうしてか心揺さぶられました。

感情がむき出しになるシーンは何故あんなにストレートに届くのでしょうか。
大好きだった原作の漫画の映画化をやーーーーーーーっと見た。

こうちゃん!!!!がすげぇ!!!
こうちゃんがこうちゃんだった!!本物の!!!!

漫画の独特の雰囲気と似ててちょっと違うけど、どっちもよかった

全能感っていうのかな、若いからなのか、2人の世界だからなのか

ああゆうのあるよなーーーーー✨✨✨✨


「私の神さん」

って最後のセリフすごいよい


好きな人とか神格化しちゃいがちだからなー
そんなすごい恋、そして若い、いい!!!!!‪w



なつめもこうちゃんもおおとももともだちの女の子もよかったし

海に落ちるシーンや
火祭りのシーンや
おおともの椿のシーンや
カラオケのシーンに
自転車のニケツの叫ぶのや

やっぱり映画は映画でまた別物ですごく良かったーーーー

そんで、漫画また見たいーーーー

今日はクリスマスイブだなーー

なぜにクリスマスにこれかわかんないけど、見れてよかった♪

メリークリスマス!!!
>|