溺れるナイフの作品情報・感想・評価

溺れるナイフ2016年製作の映画)

上映日:2016年11月05日

製作国:

上映時間:111分

3.3

あらすじ

東京で雑誌モデルをしていた美少女・望月夏芽は、ある日突然父の故郷である浮雲町(うきぐもちょう)に引っ越すことになる。東京から遠く離れた田舎町には刺激がなく、自分が欲する「何か」から遠ざかってしまったと落ち込む夏芽だったが、土地一帯を取り仕切る神主一族の末裔で跡取りである長谷川航一朗(コウ)に出会い、強烈に惹かれていくのだった―。

「溺れるナイフ」に投稿された感想・評価

椿は吸ったことないや、うまいのかしら
もも

ももの感想・評価

3.6
自分の神は誰にも踏みにじられない
yukiko

yukikoの感想・評価

3.5
重岡くんのこと本当に好きになった。
EmiYamada

EmiYamadaの感想・評価

3.4
ストーリーはさておきすだまさきとこまつななが美しすぎる
Risa

Risaの感想・評価

4.5
眩しい
jam

jamの感想・評価

5.0
だいすき
想い、愛、好き、純粋
そして、
恐怖、トラウマ、嫉妬、独占欲
そんな感情の激しい映画。

シーンが印象的に残るものが多く、
自然や文化、純粋な感情を画として表現しているように感じた。
なによりよかったのは、
シゲの演技と表現力とリアル感。
ほんとにそこにいるかのような
想いの振る舞いや、手の伸ばし方や泣き方が
本当によかった。
ul

ulの感想・評価

3.0
記録
もやし

もやしの感想・評価

4.8
評判を聞いてずっと見たかったけど、ゲオでの取り扱いが遅れたので今更鑑賞。



圧倒的映画。
エモーションの塊みたいな映画。


人が輝いている瞬間というものを切り取った青春映画。
それを小松菜奈と菅田将暉が演じる。

初めて会ったときから二人は自然と惹かれ合う。
二人の会話はおよそ普通の恋人同士のものとは思えない。でも二人にはそれが自然。
世界は二人だけのものだった。




そして中盤に訪れる崩壊。
世界は二人だけのものではなかったのか。
自分達は輝いていたのではなかったのか。

打って変わって静かな生活。
かき乱される感情。
二人はどうすればいいのかただただ逡巡する。

そこから徐々に見えていく道。
人が輝くときというものはどういうことによるものなのか。
それに思いを巡らせられる。


最後に映る二人の関係性は、とても感動する。




圧倒的センスに溢れた映画で、ともすればとても恥ずかしいものになってしまいそうなこのテーマを、完全に飛び越えて見たこともない映画にしてる。
映画好きにはとりあえずオススメできる見応えたっぷりの作品だと思います。
>|