溺れるナイフの作品情報・感想・評価

「溺れるナイフ」に投稿された感想・評価

はい、見ちゃいました、時間考えないバカです。
トラウマ映画だね、、、

ストーリ展開急すぎ…疲れてるのでゆっくりにして欲しかった…
違う映画を見ればよかった…
でも、こまつちゃん可愛かった。ゆるす
pikkun

pikkunの感想・評価

3.9
目の保養!!
koppe2216

koppe2216の感想・評価

3.0
"出会ってしまったな"
saa

saaの感想・評価

1.5
映像と音楽が幻想的で美しい。
こうちゃんと夏目の脆い感と惹かれ会う感を表してるなと思う。

ただ、意味不明。
ストーリーの厚みは全くない。

キャストとその演技力と映像。
終了。
ヒカリ

ヒカリの感想・評価

4.0
the 全能感

コウちゃんと大友の不意のキスで死んだ
飯でも食いながら片手間で編集しただろ、絶対
NEJI

NEJIの感想・評価

3.8
菅田将暉の演技は何というか艶がある。火祭りで松明を手に舞うシーンは鬼気迫るものがあって釘付けになった。重岡大毅は自然な演技でめっちゃ良かった。好きになった。俳優陣の演技を見るだけでも充分楽しめる。魅力的な場所が多かった。この映画のロケ地巡りしたい。
YOUME

YOUMEの感想・評価

4.3
あああ…………好きです、個人的にとても好きです

とにかく菅田将暉と小松菜奈の造形美、でもそれを凌駕するレベルで重岡大毅の自然すぎる演技すばらしかった、

「俺らは互いに幻想を見てたんじゃのお」
片思いが楽しいのは、片思いの時は自分の好きなように相手を美化できるから。自分にとって都合の良い〇〇君/ちゃん像を作り上げられるから。だからいつまでも思い焦がれていられるんだよね。
その幻想が壊れた上でも愛すること、等身大のその人を見つめてありのままを愛するということが、本当の恋愛なのだろうとやっと最近気づきました(遅い)

そんな意味でコウとナツメはずっと片思いをし合っていたのかもしれないなぁ、なんて。でも高校生の恋愛ってそうだよね、お互いに期待しあって、そして相手からの期待に応えようと背伸びしあって、そんなことに必死だったよね。あの頃は。

そんな儚さと瑞々しさと痛いくらいの甘酸っぱさが、最上級のキャストでたのしめます、くぁあぁぁあ……ってなる

や〜〜余韻
Maki

Makiの感想・評価

2.0
菅田将暉と小松菜奈のW主演。
漫画が原作らしいが、いわゆる胸キュン系ではない。これを青春とは言わない気がする。悪い大人のせいで少年少女が苦しんでるではないか!と思わせる作品。
h

hの感想・評価

2.9
菅田将暉くんのためだけにみた。
>|