古池

フランス組曲の古池のレビュー・感想・評価

フランス組曲(2015年製作の映画)
4.2
メロドラマなんだけど、深い余韻。
秘めた官能。戦時下の不条理。完全な悪役が、ほぼいない。
ヒロイン、最初は野暮ったい印象で、髪もぴっちりまとめて、貞淑~~。むしろ、子どもっぽい?という雰囲気から、恋するにつれて、髪を、ほどいたシーンが増えて、意思の強い綺麗な女性に印象が変わっていく。
相手役の俳優さんが、また素敵でしたね。
大奥様の演技も良かったです。
フランス語だと、さらに良かったけれど、これだけ美しい映画を作ってくれただけでも感謝。
ピアノの悲哀のある調べが耳に残ります。
ヒロインの行く末に、想いをはせる。