Javier

葛城事件のJavierのレビュー・感想・評価

葛城事件(2016年製作の映画)
3.8
いや〜な映画。
くら〜い映画。
父とは母とは、家族とはなんだろう。
結局は父が悪い。
父が酷い。まあ頭が悪い。

役者陣は素晴らしく、歯車が狂いはじめて、ぶっ壊れていく描写が素晴らしい。

この映画は色んな見方があるが、闇の中の家族を描いた、子供が闇に埋もれる要因を集めた性善説の原点を扱った内容と感じた。

家族の存在が如何に重要なのかを問いた作品かな。