れこーど

葛城事件のれこーどのネタバレレビュー・内容・結末

葛城事件(2016年製作の映画)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

「俺が一体何をしたんだ?」

「俺は何も悪くない」

その年までそういう風には生きられないはずなのに、生きてこれてしまった人、葛城 清(三浦友和)の人生の顛末の話ですね。
かなり重い映画です。


中盤で母子の居所を長男の保(新井浩之)が父親に密告するのだが、ここが最悪の中の最悪の選択ですよね。(怖)

ホラーより怖いわ。あまり好きでないので評価は低いけど、本質を突いていると思います。

終盤の接見時の田中麗奈さんが素晴らしく美しく、これが「見て良かった」にかろうじて引き戻してくれました。
善悪や真偽の枠を越えた美なるものと出会った感じです。偶然じゃないと思う。監督の意図に彼女が見事に応えたんだと思う。これがこの映画のキモだと考えてます。理屈じゃない。

この家族はそんなに稀でなく、引きこもりが全員人殺しになるわけじゃないだろ?という疑問が湧きます。昭和の自己中価値観の父親は普通にいると思います。でも、この父親はその中でも特異です。それが一番はっきり分かるのがラストです。彼こそが腐ったリンゴであり、汚濁の元凶だったんです。こういう人は一般人に紛れ、善人ヅラをしていたんです。それが事件が起きたことで半分剥がされ、ラストで降臨します。