葛城事件(2016年製作の映画)

上映日:2016年06月18日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:120分
    監督
    赤堀雅秋
    原作
    赤堀雅秋
    キャスト
    三浦友和
    南果歩
    新井浩文
    若葉竜也
    田中麗奈
    あらすじ
    親が始めた金物屋を引き継いだ葛城清(三浦友和)は、美しい妻との間に2人の息子も生まれ、念願のマイホームを建てた。思い描いた理想の家庭を作れたはずだった。しかし、清の思いの強さは、気づかぬうちに家族を抑圧的に支配するようになる。長男・保(新井浩文)は、幼い頃から従順でよくできた子供だったが、対人関係に悩み、会社からのリストラを誰にも言い出せずにいた。堪え性がなく、アルバイトも長続きしない次男・稔(若葉竜也)は、ことあるごとに清にそれを責められ、理不尽な思いを募らせている。清に言動を抑圧され、思考停止のまま過ごしていた妻・伸子(南果歩)は、ある日、清への不満が爆発してしまい、稔を連れて家出する。そして、迎えた家族の修羅場・・・。葛城家は一気に崩壊へと向かっていく―

    「葛城事件」に投稿された感想・レビュー

    青リンゴ
    青リンゴの感想・レビュー
    14時間
    3.0
    こんな家族嫌。
    お父さんも頭おかしい。
    獄中結婚結局意味なかった。
    遺伝的要因と環境的要因によってあの殺人犯がうまれたんかな。
    yum
    yumの感想・レビュー
    1日
    3.8
    崩壊に至る決定的な何か、があるわけじゃないところがすごく怖かった。
    家族にかけたりかけられたりした迷惑や心配は、家族だから仕方ないと思ってたけど少し何かの判断が違っていたら遠くの話じゃなかったかもと思って身震い。

    けど、どシリアスなわけじゃなくて会話のヘンな間だとか振る舞いで、結構笑えるところが魅力的。知り合いに似てるなーと考え始めちゃうくらいどこにでもいる人達なのに同時にキャラ立ちしまくりの全員難役な役者の演技や演出が素晴らしかった。

    世代の差や悪い意味での自由さから生まれるちょっとした綻びって現代日本ならではって思ったけど、家族愛が強固なイメージのある韓国やイタリアではどうなんだろう。
    mememama
    mememamaの感想・レビュー
    1日
    3.9
    加害者視点から見る映画。
    マイホームを建て、理想の家庭を築いた筈だった……
    どこからボタンを掛け違えてしまったのだろう……
    理想を求める父、その父に逆らえない母。
    本音を押し殺す兄と、兄を嫌悪する弟。
    決して稀有な家庭では無い、むしろ日本ではよくある家庭の状況だろう。

    だから尚更戦慄が走る!
    我が家はどうだろう…と…

    この家庭に欠けているかも知れないと感じたのは、手料理…親の作る暖かい料理。
    いつも市販の弁当を食べていた…
    母親と息子達の会話の中に出てきた最後の晩餐には何を食べるか?の話で、唯一手作り料理を挙げたのは、母親だった。
    「おばあちゃんが作ってくれたちらし寿司」
    もしかして、母親自身も母の手料理の記憶がないのかも知れない…
    だからと言って、このような家庭は至る所にあるだろう…
    兄の自殺や弟の無差別殺人に繋がってしまった紙一重の差は何なのだろう…

    答えなど見つからない、答えなど誰も分からない、だから途轍もなく怖かった……
    あかね
    あかねの感想・レビュー
    2日
    3.5
    おはようございますପ(⑅ˊᵕˋ⑅)ଓ

    やっとやっとツタヤがある東京に
    今晩帰れます!!しかし明日から仕事...
    でも東京に帰れる(´•ω•̥`)♡”

    ☆☆☆ストーリー☆☆☆
    実話をベースにした物語。
    父親から受け継いだ金物屋を引き継ぎ
    マイホーム、美しい妻、2人の息子に
    恵まれた葛城家。
    しかし、21歳になった次男がある日
    無差別殺人を起こし歯車が狂いだす。


    この映画わたしは誰にも共感できません
    でした。だからこそのこのスコア数。

    昔からではないと思うけど、どこからか
    この家族は歯車が狂ってしまったのかな。

    みんながみんな自分のことしか考え
    なくなってしまってお互いの甘えが生じ
    事件に繋がった気がします。

    母は、次男に甘かった。
    次男は、家族に甘えすぎた。
    長男は、上辺しかみれてなかった。
    父は、自分しかみえなくなってしまった。

    途中で、ゆういつ共感できたシーン。
    兄、弟、母で死ぬ前に何をたべたい?
    と話すシーン。
    あそこのみんなの笑顔は本物でした。
    小さい頃は家族やれてたんだなと...
    でもそこからの父親が次男を殺そうとして
    母は助けたのに全く動かない、助けない
    兄には絶句でした。
    やはり、家族はとっくに終わってるんだなと。

    でもちょっとしたはずみでこうなる
    こともあり得ると思います。
    家族といっても1人の人間。
    それでも、家族になったものを再生
    できなかったこの一家。
    なんともいえ難いお話でした...(´•ω•̥`)
    kyoco
    kyocoの感想・レビュー
    3日
    3.8
    トラウマ映画
    SachiyoYasufuku
    SachiyoYasufukuの感想・レビュー
    3日
    3.0
    妊婦の前で平然とタバコ吸うあの感じ…
    本人に悪気全くない、気づいてもいないあの感じ…
    あー…
    もっちりん
    もっちりんの感想・レビュー
    4日
    3.5
    無差別殺人事件を起こした男と、その家族を描いた作品。

    なかなかの作品でした。

    本作で秀逸なところは、とある家族を観ていると思いきや自分の今もこの作品の家族が辿った道と同じ場所に立っているのかも、と感じさせるところにあると思います。

    似たような感覚になる「日本の悲劇」という作品がありますが、連続殺人という題材を扱っているため本作のほうが強烈。

    個人的には田中麗奈の役どころは無くても良かったかなと感じましたが、それを差し引いても良作でした。

    子を持つ親の立場で観ると強く感じるものがある映画だと思います。ぜひ!


    ※2ヶ月前に観た作品なのでレビューの鮮度はあまり良くありません。
    BADEND
    BADENDの感想・レビュー
    4日
    4.0
    無差別殺人者の加害者家族は、こうでないと、私達って納得出来ないんだろうな。普通で幸せな場所からは産まれない。どこか狂ったところから
    産まれてもらわないと。
    死刑反対の立場から獄中結婚し、人間に絶望したくないと叫んでいる人間が、自分の家族に絶望を与え、最後は自分が一番絶望するという重さ。
    胸くそ悪い親父さんを演技、三浦さんの演技には、かなり引き込まれた。
    >|