葛城事件の作品情報・感想・評価

葛城事件2016年製作の映画)

上映日:2016年06月18日

製作国:

上映時間:120分

3.6

あらすじ

親が始めた金物屋を引き継いだ葛城清(三浦友和)は、美しい妻との間に2人の息子も生まれ、念願のマイホームを建てた。思い描いた理想の家庭を作れたはずだった。しかし、清の思いの強さは、気づかぬうちに家族を抑圧的に支配するようになる。長男・保(新井浩文)は、幼い頃から従順でよくできた子供だったが、対人関係に悩み、会社からのリストラを誰にも言い出せずにいた。堪え性がなく、アルバイトも長続きしない次男・稔(…

親が始めた金物屋を引き継いだ葛城清(三浦友和)は、美しい妻との間に2人の息子も生まれ、念願のマイホームを建てた。思い描いた理想の家庭を作れたはずだった。しかし、清の思いの強さは、気づかぬうちに家族を抑圧的に支配するようになる。長男・保(新井浩文)は、幼い頃から従順でよくできた子供だったが、対人関係に悩み、会社からのリストラを誰にも言い出せずにいた。堪え性がなく、アルバイトも長続きしない次男・稔(若葉竜也)は、ことあるごとに清にそれを責められ、理不尽な思いを募らせている。清に言動を抑圧され、思考停止のまま過ごしていた妻・伸子(南果歩)は、ある日、清への不満が爆発してしまい、稔を連れて家出する。そして、迎えた家族の修羅場・・・。葛城家は一気に崩壊へと向かっていく―

「葛城事件」に投稿された感想・評価

and

andの感想・評価

4.2
役者がすごい
不快感と悲壮感。
新井浩文ごめーん君が殺人犯やと思って見始めた顔で判断してごめん

もう二度と見たくない系映画。
三浦友和、ただの渋いおじさまじゃなかった。初めて見たのがこの映画だったら間違いなく嫌いな俳優になるくらい、嫌なおじさんの演技がすごい。

こういう実話ベースぽい犯罪ヒューマンみたいな映画好きなんですけど、
この映画は犯罪自体にフォーカスをあててるんじゃなくて、そのバックグラウンドと派生に重きを置いているところがすごくよかったです。

すげえ映画を見てしまった感が強くて、怒り以来のずしんとくる映画でした。
見てて全く気分は良くないのでおすすめはしませんが、正直ちょっと泣きました。
きっつい。
他人事じゃない感
誰にも共感出来ないし反面教師として見てました。三浦友和の演技がさすが。
Genta

Gentaの感想・評価

2.5
全編を通してケラケラと笑ってしまう。不謹慎だが絶望的な滑稽さ(=笑えるまでの徹底した演出)は赤堀監督素晴らしい。しかし下世話な小生はほんとの家に帰ったら山口百恵じゃん。おまけに渡辺謙、宮沢りえとの影すらちらつき、嘘つけこんな庶民の気持ちがわかるのかよ、とまたヘラヘラしてしまう。これも含めて勿論映画芸術。田中麗奈キャスティングだけどうかなぁと首をひねったけど、対岸の火事ではないこと、なんの前触れもなく通り魔に関わりうることがあるリアルは十二分に伝わってくる。その上で唯一のしこりは実在の事件をハッキリとモデルにしすぎている。事件の当事者の方々とはどのような対話をしたのだろうか、気になってしまって、本当は全然笑えない。
観ててしんどかった。
ASUKA

ASUKAの感想・評価

3.6
いい気分のしない映画だなー。重くて。
ただただ稔(次男)にはイライラした🤯
全く理解できなくて。
田中麗奈の役も理解でなかったし、結局何もできてなかったし。

このレビューはネタバレを含みます

ダメだこいつら(笑)

特にダメなのが親父・葛城清(三浦友和)実を言えば自分の父親にそっくりで思い出して悪夢を見る気分でした。
中華料理店で「麻婆豆腐が辛い()」と店員にネチネチ言いがかりをつけるシーンは自分が子供の頃そっくりな体験をしました。

うちの場合は駅前にあった洋食レストランで子供の頃、誕生日や何かあるとそこでハンバーグステーキを食べるのがささやかな贅沢というか、そこである時何が気に入らなかったのか清同様店員さんにネチネチ言いがかりをつけてたのを覚えてます。
清はこの店に20年通っていて「歴史」がどうの言ってましたが、うちのバカ親の口癖は「人間」、「人間ていうものは」「それが人間ちゅーもの」「にんげーん!」等とどうでもいい事をあーでもないこーでもないとよく、くだを巻いていました。

思えば葛城家全員クズの集まりであり関わったらいけない人達ですね。
唯一、長男・保(新井浩文)の嫁(内田慈)だけが長男の自殺を切っ掛けにこの家族から離れた事で最悪の事態は免れたのでしょう。
実家に戻りイキイキとした表情で仕事に出掛けるその後の姿が、この映画唯一の救いでしょうか。

この一家に勝るとも劣らないのが死刑反対運動女・星野(田中麗奈)
ラスト近く、家族を全て失った清が運動女星野に「お前が家族になってくれ(なんでやねん)」と押し倒したシーンはえぇ...と思ったのと同時に「wwwザマァ( ´゚∀゚`)」と思ってしまったのも事実。

全てが終わった後、家族の幸せだった時代の象徴である「みかんの木」で清が首をつろうとするも失敗。
しかしあんな近所からも丸見えな所で首吊ってたらどれだけ迷惑か考えないのでしょうか、考えないのでしょうね(笑)

そして何より無差別殺傷事件を起こす次男・稔(若葉竜也)ですが、この映画のモデルとなったと思われる複数の無差別殺傷事件「秋葉原通り魔殺傷事件」「土浦連続殺傷事件」「池袋通り魔殺人事件」等の犯人たち、それと映画評等で指摘されている方も多いのですが「『黒子のバスケ』強迫事件」の犯人のひとりよがりな被害者気取りの身勝手な屁理屈をこねくり回した自己主張の数々。
これらのとんでもない事件を起こした人間はどれもこれも大した理由もないしょうもない人間ばかりであり、何の努力もしない癖にプライドばかりが高く肥大した自我を持て余し己の置かれた状況は全部「世間が悪い」と逆恨みし、言わば自殺の道連れに弱者を狙った無差別殺人を起こす。
迷惑極まりないどうしようもないクズ。
この映画公開後更にこれらの事件を上回る悲惨な「相模原事件」が起きてしまった。

見終わってから正直映画で描かれた「家族の崩壊」みたいなテーマはどうでもよくなってしまった。
ひとつの家族が壊れようがそれはその家族の問題で他人には何の関係もない。
映画ではこの家族の崩壊の決定的な切っ掛けと言うか副次的な出来事として描かれている「無差別殺傷事件」の方がどう考えても重要な事。
確かに三浦友和・南果歩と言った役者さんたちの鬼気迫る演技はすごいですが無差別殺傷事件の場面の名も無きエキストラの役者さん達の無残に刺され殺されていく芝居の方がより自分には心に響いて、自分にはあの一場面の方が葛城家の話よりも何倍も悲しく憤りを感じます。
何の落ち度も理由もなくたまたま彼処を歩いていただけで運悪くあんなクズに遭遇する、理不尽さと不条理さと呆気なく人生が終わってしまう無常さ。

もうこいつ死ねばいいのにと言う以前に既に死刑囚。
何故こんなにも楽しくない気分になる映画を見てるんだろう(笑)
>|