葛城事件の作品情報・感想・評価

葛城事件2016年製作の映画)

上映日:2016年06月18日

製作国:

上映時間:120分

3.6

あらすじ

親が始めた金物屋を引き継いだ葛城清(三浦友和)は、美しい妻との間に2人の息子も生まれ、念願のマイホームを建てた。思い描いた理想の家庭を作れたはずだった。しかし、清の思いの強さは、気づかぬうちに家族を抑圧的に支配するようになる。長男・保(新井浩文)は、幼い頃から従順でよくできた子供だったが、対人関係に悩み、会社からのリストラを誰にも言い出せずにいた。堪え性がなく、アルバイトも長続きしない次男・稔(…

親が始めた金物屋を引き継いだ葛城清(三浦友和)は、美しい妻との間に2人の息子も生まれ、念願のマイホームを建てた。思い描いた理想の家庭を作れたはずだった。しかし、清の思いの強さは、気づかぬうちに家族を抑圧的に支配するようになる。長男・保(新井浩文)は、幼い頃から従順でよくできた子供だったが、対人関係に悩み、会社からのリストラを誰にも言い出せずにいた。堪え性がなく、アルバイトも長続きしない次男・稔(若葉竜也)は、ことあるごとに清にそれを責められ、理不尽な思いを募らせている。清に言動を抑圧され、思考停止のまま過ごしていた妻・伸子(南果歩)は、ある日、清への不満が爆発してしまい、稔を連れて家出する。そして、迎えた家族の修羅場・・・。葛城家は一気に崩壊へと向かっていく―

「葛城事件」に投稿された感想・評価

どこにでもありそうな家庭だけに怖い。
お父さんがプライド高くて傲慢で見てられない。
SOR

SORの感想・評価

3.0
記録
はる

はるの感想・評価

4.0
救いはないと思いながらも、それでも救いを求めて最後まで見てしまいました。
それにしても兄弟の顔がそっくり。
KKMX

KKMXの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

すごく悲しい映画でした。

清には明らかに家族愛があるんだよね。しかし、それは空回ってばかり。理想を掲げて支配し抑圧するしかやり方を知らない。不器用というより愛するスキルが欠如している。そんな夫を嫌っているくせにノーと主張できず、「ここまで来てしまった」と嘆く伸子。父親の理想に殉じる良い子の保と、否定されて腐るしかない稔。

葛城家に共通するのは主体性がないこと。家族の中に、自分の力と誇りで人生を切り開き、自分を勝ち取るという価値観がない。清も金物屋の二代目を主体的に選んだとは思えない。家族全員自信がなく、臆病なのだ。清のクレーマー気質とかは、弱い犬ほどなんとやらのよい見本だ。理想の家族像とかにすがるのは主体性がない、すなわち自分がなく臆病だからだ。
そして、主体を持っていないから、互いに個人を尊重できない。人間を尊敬することができないのだ。支配-服従とか、不自然な関係にならざるを得ない。家族とか言ってるけど互いに信頼できないからみな孤独だ。
おそらく、これまで清も伸子も主体性や愛するスキルを学べなかった。家族とはそういうものだと思っていたらあんな事になってしまったのだ。本当に悲しい。

葛城家以外の重要人物・順子も相当アレな人で、空念仏の愛を唱えるメサイアコンプレックスのクソバカ偽善者(狂信者?)だが、終盤の自分のセックスを語るシーンや、清にキレるシーンで、生々しく情けない人間の顔が現れ、なぜかニンマリしてしまった。守りが破け、新しい展開を示唆している。

ほっこりシーンはアパートの最後の晩餐シーン。唯一の家族団らんですね。ここで、清の呪縛から逃れて伸子と稔は自主性を獲得しかける。精神発達のチャンス獲得場面だ。少し光が見える、なんともあたたかい雰囲気でした。
あそこで元の木阿弥になっちゃうのがまた悲しいんだよなぁ。
どうでもいいけどDV被害者のシェルターの重要性を連想してしまいました。
親分

親分の感想・評価

3.2
けっこう高評価が多いから観てみたけど、スペシャルに気分が悪くなる映画だった。

なにが? ・・
三浦友和演じる クソ親父、
オレと ソックリだげ。
ほんと まんまだぜ。
てことは うちの子供ヤベーのか?
つか、うちの高3の次男が これまた 稔とソックリで驚いた!!!!
『これ オレん家がモデルになっとんじゃね?』 って 本気で思ったよ。
そんなの観てて 気分がいいわけがない。

最近も 9人殺したなんていう事件があったけど、日本人てさ そーゆーのがあるたびに その原因となったものは何なのか? って 答えを探そうとするやん。
で、だいたい多いのが この映画みたいに 家庭事情とか育て方とか言うやん。
それ どーよ?
もっとクソな環境で育っとるヤツなんて いくらでもおるよ。
自分の理解の範疇に おさまらないことだってあるんだから 安易に 家庭とか育て方とか そんな答えを求めなくてもいいんじゃねーの?

つか、三浦友和のクソっぷり すげーな。
自殺を失敗したあと またソーメン食うのかよ?
どこにでもありそうな家庭の話だから怖い。三浦友和のクズっぷりがいたたまれない。
誰一人わけがわからない。
とくに田中麗奈がよくわからない
mick

mickの感想・評価

3.3
後で感想書こうと思ってて、しばらく放置していたら、すっかり内容を忘れてしまった。
私には、記録に残っても、そこまで記憶には残らない作品でした。

ただ、ラストシーンだけは鮮明に覚えている。
人間って馬鹿だなぁ…って。
>|