葛城事件の作品情報・感想・評価

葛城事件2016年製作の映画)

上映日:2016年06月18日

製作国:

上映時間:120分

3.6

あらすじ

親が始めた金物屋を引き継いだ葛城清(三浦友和)は、美しい妻との間に2人の息子も生まれ、念願のマイホームを建てた。思い描いた理想の家庭を作れたはずだった。しかし、清の思いの強さは、気づかぬうちに家族を抑圧的に支配するようになる。長男・保(新井浩文)は、幼い頃から従順でよくできた子供だったが、対人関係に悩み、会社からのリストラを誰にも言い出せずにいた。堪え性がなく、アルバイトも長続きしない次男・稔(…

親が始めた金物屋を引き継いだ葛城清(三浦友和)は、美しい妻との間に2人の息子も生まれ、念願のマイホームを建てた。思い描いた理想の家庭を作れたはずだった。しかし、清の思いの強さは、気づかぬうちに家族を抑圧的に支配するようになる。長男・保(新井浩文)は、幼い頃から従順でよくできた子供だったが、対人関係に悩み、会社からのリストラを誰にも言い出せずにいた。堪え性がなく、アルバイトも長続きしない次男・稔(若葉竜也)は、ことあるごとに清にそれを責められ、理不尽な思いを募らせている。清に言動を抑圧され、思考停止のまま過ごしていた妻・伸子(南果歩)は、ある日、清への不満が爆発してしまい、稔を連れて家出する。そして、迎えた家族の修羅場・・・。葛城家は一気に崩壊へと向かっていく―

「葛城事件」に投稿された感想・評価

Mai

Maiの感想・評価

-
No.14 /4000

「なんでここまできちゃったんだろう」

誰も他人事にできない映画。
どの家庭もこうなる可能性を秘めていると思った。
さーか

さーかの感想・評価

3.3
いやな父親だったなー
nekoya

nekoyaの感想・評価

-
人間に絶望したくない、という頑なな思いは絶望することに対する潔癖とも言うべき拒絶がある。自室や生活圏内のみ綺麗に片付けてご満悦、か。
将志

将志の感想・評価

5.0
家族ってなんなんだろう。
子供ができて、それを一人前に育てることって実はすごく難しいことなのでは?
そんなことを考えてしまう。

葛城家4人全員ダメなやつだけど、全員に共感できるところがある。ずーっと嫌な空気が流れ続けるんだけど、それでも目を離すことができない魔力のようなものが存在する。

最後の三浦友和の一連の演技には、もはやどんな反応をしていいのかわからない凄みがあり、単純に言葉で言い表せない感動を覚える。なんか笑っちゃう。

田中麗奈の実はやばいやつなんじゃないのお前?って感じもすごい。全然共感できない。
教育は難しいくてヤバイって話。
AoiAo

AoiAoの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

死刑反対活動家の女(田中麗奈)は死ぬ前の稔(若葉竜也)から本音を聞き出せたわけだから、獄中結婚の意味はあったと思う。思いたい。

死刑制度がある為に、人を殺す人間が少なからず存在する。
わたしは死刑制度には反対したい。
Masataka

Masatakaの感想・評価

3.4
うーん、不快、気が滅入る。ところどころはブラックユーモア的に笑えるという見方もできなくはない。が、不快感が勝る。
それでも最後まで見せるのは、三浦友和の怪演だろう。傲岸不遜で抑圧的、絵に描いたようなクソおやじ。中華料理屋のシーンとかこういう人いそうだし、実際いるし、めちゃくちゃ嫌。ただクソおやじながらも如何せん顔が男前なのでそこら辺アンビバレント感はある。
田中麗奈演じる女は完全に常軌を逸しているし、正直、死刑囚の息子は育て方を間違えたとかそんな次元じゃない。映画的にはクソおやじが元凶みたいな描き方ではあるけど。
あとは、ラストにかけてのある種人間くさいシーンの連続は良かった。そして印象的なラストカット。しかしながら結論としては、結局この映画から何を受け取ればいいのかわからんくて、不快感が残ってしまった。
登場人物全員嫌い
Kaho

Kahoの感想・評価

3.9
思っていた以上の刺激はない。
ただ、誰だって頭の中では暴走するイノシシになったことがあるはず。ちょっとした事で人間の心は壊れてしまう。侵食されて最後は独りになっても私たちは生きていくしかない。
>|