葛城事件の作品情報・感想・評価

葛城事件2016年製作の映画)

上映日:2016年06月18日

製作国:

上映時間:120分

3.6

あらすじ

親が始めた金物屋を引き継いだ葛城清(三浦友和)は、美しい妻との間に2人の息子も生まれ、念願のマイホームを建てた。思い描いた理想の家庭を作れたはずだった。しかし、清の思いの強さは、気づかぬうちに家族を抑圧的に支配するようになる。長男・保(新井浩文)は、幼い頃から従順でよくできた子供だったが、対人関係に悩み、会社からのリストラを誰にも言い出せずにいた。堪え性がなく、アルバイトも長続きしない次男・稔(…

親が始めた金物屋を引き継いだ葛城清(三浦友和)は、美しい妻との間に2人の息子も生まれ、念願のマイホームを建てた。思い描いた理想の家庭を作れたはずだった。しかし、清の思いの強さは、気づかぬうちに家族を抑圧的に支配するようになる。長男・保(新井浩文)は、幼い頃から従順でよくできた子供だったが、対人関係に悩み、会社からのリストラを誰にも言い出せずにいた。堪え性がなく、アルバイトも長続きしない次男・稔(若葉竜也)は、ことあるごとに清にそれを責められ、理不尽な思いを募らせている。清に言動を抑圧され、思考停止のまま過ごしていた妻・伸子(南果歩)は、ある日、清への不満が爆発してしまい、稔を連れて家出する。そして、迎えた家族の修羅場・・・。葛城家は一気に崩壊へと向かっていく―

「葛城事件」に投稿された感想・評価

観てて心にチクチクと刺される様な、しんどい映画
素晴らしかったけど、もう一回観たいとは思わない
三浦友和等主演、実際にあった事件を参考にしたフィクション。
自覚のないモラハラ親父によって崩壊してゆく家族を描いた作品です。
この映画の怖さは、家族に一番ストレスを掛けている本人にその自覚が無かったという点であり、(家族に限らず)現実にもそういう人間が結構存在しているという事。
周りや家族から見ると独裁的で自己中心的な人物でも、本人に悪気は無くあくまでも家族のために「してやっている」という無意識の抑圧が怖い。
そして抑圧された人間が渇望する逃避先には必ず悲劇的な結果しか残らないという現実。
もちろん個々を尊重して楽しく暮らしている家もあるとは思うけれど、一見幸せに見える家族でも、何か一つズレてしまうとこうなってしまう…という潜在的な恐怖を感じずにはいられない物語でした。
社会に無駄なストレスをかけている「人権保護団体」にのめりこむ人間の頭の悪さも割と上手く表現できていたと思います(笑)
いい意味でキツい辛い映画
しかし深いしいい映画なのも事実
心が元気な時に見よう
mmm

mmmの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

素晴らしいくらい暗い映画。救いが一つもない。なんとも言えない。三浦友和の演技が素晴らしすぎた。可哀想な人。最後も死ねず。周りを不幸にして自分も不幸に。誰が悪いのか分からないけれど。。
どの人物も駄目な人間に見えるが、身近に感じる部分も多々。
自分と自分の家族にもこういう所あるなと居心地の悪さを覚える。
小さな出来事が時間と共に積み重なりどうなるか。人生の反面教師としたい。

最低の父親だが、現状と理想を求めて希望を持っていた頃を対比した場面が辛い。

山王会会長の家庭、凄いですね。

35本目
レンタルして鑑賞

こういうタイプの映画は僕自身結構好きなのですが、今回はあまり良くなかったです。

色んな意味含めて“不快”でした。

ですが、役者さんの演技は凄く良かったと思いました。
とんでもない映画(褒めてます!)

しかしながら全ての

キャラクターが愛すべき人物像で

なぜか笑ってしますいます。

三浦友和は最近捨て身の悪役が多くて、

素晴らしい。。
yui

yuiの感想・評価

-
途中まで観た。

まだ内容掴めてないけど、この三浦友和さんの役父親に似てる。

こういう人とは関わらない方がいいよ。徐々に、でも着々と周りが壊れてくから。そして他の人も書いてたけど当の本人は何故か全く気付かないんだよね。気付いても治せないのか知らないけど。周りは気付いて離れてく。家庭のみならずその場の空気を支配する様な人だったから、まじで別れて正解だったな、とそんなことを思った。

冒頭から酷いなと思ったけど続きがきになる。
20180213鑑賞
>|