葛城事件の作品情報・感想・評価

葛城事件2016年製作の映画)

上映日:2016年06月18日

製作国:

上映時間:120分

3.6

あらすじ

親が始めた金物屋を引き継いだ葛城清(三浦友和)は、美しい妻との間に2人の息子も生まれ、念願のマイホームを建てた。思い描いた理想の家庭を作れたはずだった。しかし、清の思いの強さは、気づかぬうちに家族を抑圧的に支配するようになる。長男・保(新井浩文)は、幼い頃から従順でよくできた子供だったが、対人関係に悩み、会社からのリストラを誰にも言い出せずにいた。堪え性がなく、アルバイトも長続きしない次男・稔(…

親が始めた金物屋を引き継いだ葛城清(三浦友和)は、美しい妻との間に2人の息子も生まれ、念願のマイホームを建てた。思い描いた理想の家庭を作れたはずだった。しかし、清の思いの強さは、気づかぬうちに家族を抑圧的に支配するようになる。長男・保(新井浩文)は、幼い頃から従順でよくできた子供だったが、対人関係に悩み、会社からのリストラを誰にも言い出せずにいた。堪え性がなく、アルバイトも長続きしない次男・稔(若葉竜也)は、ことあるごとに清にそれを責められ、理不尽な思いを募らせている。清に言動を抑圧され、思考停止のまま過ごしていた妻・伸子(南果歩)は、ある日、清への不満が爆発してしまい、稔を連れて家出する。そして、迎えた家族の修羅場・・・。葛城家は一気に崩壊へと向かっていく―

「葛城事件」に投稿された感想・評価

観てて心にチクチクと刺される様な、しんどい映画
素晴らしかったけど、もう一回観たいとは思わない
Otun

Otunの感想・評価

4.2
劇団シャンプーハットは大好きな劇団です。
今作の舞台公開当時、新井浩文が初舞台?とかで全くチケットが取れなかった。
今作の映画公開当時も結果スルー。
んで、今さらの初見。
赤堀雅秋作『葛城事件』。


人の、実感の物語だと思った。
その人の感じる実感こそ、その人にとっての生きると言うこと。
社会的に正しそうなことや世間への体裁とかではなく、他者からの理解でなく。
そうでしか、いられない。いられなかった人々の物語。
違いの物語。

そうゆう意味で、上手く生きられない人へのスポットライトの様な。無論、讃歌ではなく。
掴もうと、掴もうと、きっと掴んだはずの、その筈の果てにあった景色。
そして後に残る、残ってしまう、滑稽笑。

作中。
不意に差し込まれた回想での新居へ引っ越しシーン。
象徴、ミカンの苗。
希望に包まれた家族の姿が突き刺さる。
もう2度と観ることはないな。

そう思うほど、気分悪くなる映画だ。

ということはハマってもーてたってこと?

獄中結婚した人がよくわかんない。
むらお

むらおの感想・評価

4.0
胸糞悪いけど、観といて良かった。
一生観たくない。
自分の家族に生じる、少しの不和だけでいっぱいいっぱいだっていう。

割とこの家族の各々の気持ちや行動に共感できる所があるけど(特に長男…)、
獄中結婚の女が意味わからなさすぎる。
一番気味悪くてワガママに思えた。

にしても、みなさん演技上手すぎて余計に気分が下がる。
褒めてます。
Aym

Aymの感想・評価

1.0
しょうもなすぎて寝てた、、
chagur

chagurの感想・評価

2.5
気になったのは食事。
この家族、手料理はないのか?
作らないのか??
ピザ、コンビニのお弁当、カップラーメン、パンって全然手料理が出てこなくてビビった。
食事は大事だろ??

色々これは病むなぁって感じた。

そもそも父親は全く罪の意識を持ってないのに驚き。
頑固とかいう次元じゃない。

母親も好きじゃないのになぜ結婚した?って責めてもしょうがないし、それなりの言い訳がましい理由はあるにせよ、もっと強くなってほしい。楽しいことはいくらでもあるのに人生もったいないだろ、、。
思い残す事なく楽しく生きる!これに限るとつくづく思った。
takashi

takashiの感想・評価

4.0
いやなやつ見ちゃったな。もう二度と見ないだろうけど、見て良かったな。
人間の行動、心理の描写がエゲツない。ラストの三浦友和の行動とか引くけど、実際あんな感じするし。途中スナックで、マイクのスイッチONし忘れてて、ONするとことか細かい。
mackiee

mackieeの感想・評価

3.5
家庭内の日常的な歪みが積み重なって、気がつけば「こんなところまで来てしまった」恐ろしさね。大好物です。

鑑賞中、どうしても田中麗奈扮する順子の獄中結婚が受け入れられなかったのだけど、鑑賞後に調べてみたら付属池田小事件の宅間守も、死刑廃止運動家と獄中結婚しているという…なんてこった。
bowzZ

bowzZの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

わびしい、こういう事件が頻発する社会の現状も、映画としての邦画の現状も。
これ観てただ侘しい、しか浮かばなかった。
現代日本人は1800円も出してこれを観る人もいるのか…大して起伏も無いし、2時間観たあと暗澹たる気分しか貰えない。問題提起でもなし解決策提案でもなし。
まあ死刑になりたくて事件を起こすような類には、確かに死刑判決は目論見通りだから、死刑廃止というよりも、自分の持論としては、戦場だった場所に今尚残る地雷撤去の刑でも作れば一石二鳥、世の役にも立つというのはかなり昔から考えているケド。
>|