葛城事件の作品情報・感想・評価

葛城事件2016年製作の映画)

上映日:2016年06月18日

製作国:

上映時間:120分

3.6

あらすじ

親が始めた金物屋を引き継いだ葛城清(三浦友和)は、美しい妻との間に2人の息子も生まれ、念願のマイホームを建てた。思い描いた理想の家庭を作れたはずだった。しかし、清の思いの強さは、気づかぬうちに家族を抑圧的に支配するようになる。長男・保(新井浩文)は、幼い頃から従順でよくできた子供だったが、対人関係に悩み、会社からのリストラを誰にも言い出せずにいた。堪え性がなく、アルバイトも長続きしない次男・稔(…

親が始めた金物屋を引き継いだ葛城清(三浦友和)は、美しい妻との間に2人の息子も生まれ、念願のマイホームを建てた。思い描いた理想の家庭を作れたはずだった。しかし、清の思いの強さは、気づかぬうちに家族を抑圧的に支配するようになる。長男・保(新井浩文)は、幼い頃から従順でよくできた子供だったが、対人関係に悩み、会社からのリストラを誰にも言い出せずにいた。堪え性がなく、アルバイトも長続きしない次男・稔(若葉竜也)は、ことあるごとに清にそれを責められ、理不尽な思いを募らせている。清に言動を抑圧され、思考停止のまま過ごしていた妻・伸子(南果歩)は、ある日、清への不満が爆発してしまい、稔を連れて家出する。そして、迎えた家族の修羅場・・・。葛城家は一気に崩壊へと向かっていく―

「葛城事件」に投稿された感想・評価

観てて心にチクチクと刺される様な、しんどい映画
素晴らしかったけど、もう一回観たいとは思わない
終始胸糞悪い。けど出来がいいからか集中して見れた
獄中結婚希望してた女性が気持ち悪かったけどリアルでもおるんやろうな
前半しんどすぎる。
獄中結婚の女性は、最後までよくわからなかった。全員腹がたってくる。
何とも嫌な映画だ。すごい映画であることは確かだし評価は高いが、もう一度見たいとは思わない。

横暴でガサツな父。依存性が高くただ子供に甘い母。優しすぎる兄。劣等感に苛まれる弟。

ひとりひとりを見れば、取り立てて特別な人間はいない。高度成長期にはよくある家族の風景だった気がする。

ただ家族でも、職場でも、その組み合わせによって、とんでもなく「マイナス」な空気を生み出す場合がある。

誰かだけのせいじゃない。そのひとりひとりが持っている、組み合わせによっては「プラス」にもなり得る性格が家族として「マイナス」を生む。

だからこそ、救いがない。この作品のテーマは何だろう? 「家族って何なのか?」なのか? 壮年の男性として三浦友和に感情移入して見ると最悪の救いの無さだ。

それぞれ「歪」であっても生活としてのリアルさがある葛城家の家族と比して、獄中の次男と結婚する星野順子役の田中麗奈だけが、劇中の言葉を借りれば「新興宗教のような胡散臭さ」を振りまく。

死刑囚と結婚し、「家族になりたい」と善意の押し売りをし、「死刑制度反対」を唱える「歪さ」。考えようによっては、この女が一番「歪」だ。この女の背景がわからないことが唯一の欠点だろう。

三浦友和の演技は評判通りの迫真の演技だった。昨年の映画賞で注目されたのもよくわかる。だが、2時間見て、わざわざ暗くて重〜い気持ちになることもないし、よほどの映画好き以外にはオススメしません。
RsK

RsKの感想・評価

3.0
俳優陣の演技に感嘆する。
ストーリーは果てしなく救いようのない鬱。後味も鬱。

深くて重い。
私にはまだ早かったかも笑
マコ

マコの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

自分とはかけ離れた非現実の話のように見えて、本当は誰の身にも起こりそうで怖い。普通に生きていても最悪の結末が待ってるかもしれない、けどどうしようもできない、怖い〜〜
通り魔のシーンがリアルすぎて外に出たくなくなった。
クラシックのBGMが奇妙感をより演出しててすごかった。
心底見なきゃ良かったと思うけど心底見てよかったと思った!!
massa888

massa888の感想・評価

2.8
三浦友和が狂ってて煩くて終始ストレスだった記憶。
淵に立つ同様、報われない系映画。
細野

細野の感想・評価

3.4
いや〜な映画笑
GHOSTJPN

GHOSTJPNの感想・評価

3.0
こんな結果になったのは
威圧的な性格の父親のせい?
アヤミ

アヤミの感想・評価

2.5
なんかもう重くてきちんと見てない…すいません…。
邦画独特の重さ、やっぱり何度見ても慣れないし好きになれない。
>|