葛城事件の作品情報・感想・評価

葛城事件2016年製作の映画)

上映日:2016年06月18日

製作国:

上映時間:120分

3.6

あらすじ

親が始めた金物屋を引き継いだ葛城清(三浦友和)は、美しい妻との間に2人の息子も生まれ、念願のマイホームを建てた。思い描いた理想の家庭を作れたはずだった。しかし、清の思いの強さは、気づかぬうちに家族を抑圧的に支配するようになる。長男・保(新井浩文)は、幼い頃から従順でよくできた子供だったが、対人関係に悩み、会社からのリストラを誰にも言い出せずにいた。堪え性がなく、アルバイトも長続きしない次男・稔(…

親が始めた金物屋を引き継いだ葛城清(三浦友和)は、美しい妻との間に2人の息子も生まれ、念願のマイホームを建てた。思い描いた理想の家庭を作れたはずだった。しかし、清の思いの強さは、気づかぬうちに家族を抑圧的に支配するようになる。長男・保(新井浩文)は、幼い頃から従順でよくできた子供だったが、対人関係に悩み、会社からのリストラを誰にも言い出せずにいた。堪え性がなく、アルバイトも長続きしない次男・稔(若葉竜也)は、ことあるごとに清にそれを責められ、理不尽な思いを募らせている。清に言動を抑圧され、思考停止のまま過ごしていた妻・伸子(南果歩)は、ある日、清への不満が爆発してしまい、稔を連れて家出する。そして、迎えた家族の修羅場・・・。葛城家は一気に崩壊へと向かっていく―

「葛城事件」に投稿された感想・評価

観てて心にチクチクと刺される様な、しんどい映画
素晴らしかったけど、もう一回観たいとは思わない

このレビューはネタバレを含みます

ぞっとした。
あまりにもどこにでもありそうな人物ばかりだったので。

しかし誰もが無差別殺人を犯すわけではなく、どこかで自分を立て直して生きている。
そう、誰が悪い。どこが悪かった。どうしたら良かった…
そんなことは誰にも分からない。

「真相を知りたい」なんてよく耳にするけれど、当事者も犯人も真相なんて分からないのではないかと思う。

全く別の視点でぞっとした点をもう一つ。
無差別殺人現場では、意外に人は動けないし、叫ぶこともできない。映画やドラマではキャーキャー騒ぎながら、鬼のような形相で逃げ惑うシーンがあるが、実際はあのような状態になるのだと思う。静かで、動きもできず、助けも呼べず、その場で遠巻きに見てしまう感じ。このシーン怖かった。

あまりにも自分の中に何かが重く落ちてしまったので、冷静にもう一回鑑賞すること間違いない。
面白かった。カリカチュア化されたキャラクター性等々の社会派感が強過ぎて興を削ぐ気がせんでもないが、三浦友和のクズっぷり観てるだけで十分楽しい。
三浦友和が、いやらしく、粗暴で偏見に満ち、高圧的かつ典型的な家父長で、屁理屈ばかりいうカスを見事に演じます。その異常性だけでなく、所々でどこにでもある一般家庭の歪みが見えたのがよかったです。いちばん異常なのは死刑囚と結婚する田中れなのようにも見えますね。
maho

mahoの感想・評価

4.3
息子二人が選んだ選択と、自ら選んで決めることすらしない父母…。お父さんってこういう感じだよね。父への反抗としての父そっくりの態度をとる稔が怖かったし少しスッキリもしたかもしれない。

多分めちゃくちゃ良い人で、常識人で、父にどうしても逆らえない保に感情移入してしまう。新井浩文さんがとても好き。今まで、ふてぶてしくて嫌な(言ってしまえば稔のような)役を見ることが多かったけど、今回みたいな周りに何も言えない、悪い人間にはなれないような男も、嫌なリアリティがあってハマってると思った。
保にとっての家族というものがよくわかってつらい…。保が一度捨てた吸い殻を拾いに戻るシーンと、直後の父親が吸い殻を投げ捨てるシーンが良かった。
かヅき

かヅきの感想・評価

4.2
切ないと言っていいのか
朋子

朋子の感想・評価

4.0
演技派俳優ばかりで
リアルで 面白かった!

どんなに元々ニコやかな家族でも
なにがあるか分からんなー。
怖い
taketin

taketinの感想・評価

3.8
登場人物全員闇があるけど、みんな一歩間違えればこんなもんじゃないかとも思う。
実際の事件を元に、そういう誰にでもどこか思い当たるところがありそうな危うさを上手く描いてると感じた。
>|