葛城事件の作品情報・感想・評価

葛城事件2016年製作の映画)

上映日:2016年06月18日

製作国:

上映時間:120分

3.6

あらすじ

親が始めた金物屋を引き継いだ葛城清(三浦友和)は、美しい妻との間に2人の息子も生まれ、念願のマイホームを建てた。思い描いた理想の家庭を作れたはずだった。しかし、清の思いの強さは、気づかぬうちに家族を抑圧的に支配するようになる。長男・保(新井浩文)は、幼い頃から従順でよくできた子供だったが、対人関係に悩み、会社からのリストラを誰にも言い出せずにいた。堪え性がなく、アルバイトも長続きしない次男・稔(…

親が始めた金物屋を引き継いだ葛城清(三浦友和)は、美しい妻との間に2人の息子も生まれ、念願のマイホームを建てた。思い描いた理想の家庭を作れたはずだった。しかし、清の思いの強さは、気づかぬうちに家族を抑圧的に支配するようになる。長男・保(新井浩文)は、幼い頃から従順でよくできた子供だったが、対人関係に悩み、会社からのリストラを誰にも言い出せずにいた。堪え性がなく、アルバイトも長続きしない次男・稔(若葉竜也)は、ことあるごとに清にそれを責められ、理不尽な思いを募らせている。清に言動を抑圧され、思考停止のまま過ごしていた妻・伸子(南果歩)は、ある日、清への不満が爆発してしまい、稔を連れて家出する。そして、迎えた家族の修羅場・・・。葛城家は一気に崩壊へと向かっていく―

「葛城事件」に投稿された感想・評価

他人事のように思えない。
とにかく恐ろしい映画だった。
自分の中にこの映画の登場人物のような狂気がもしかしたらどこかに仕舞われてるのではないか、とさえ思ってしまう。
とんでもない凶悪犯。狂悪犯といってもいい。でも、その狂悪犯が成立した過程を描くこの作品を観て、他人事だと思える人の方が少ないのではないか、と思う。
それがこの作品の説得力にして、おぞましい所だ。

近年、「家族」を問うドラマや映画は増えた。星野源は「Family Song」をリリースした時に、「これから家族のカタチはどんどん変わる。今までのようなカタチ以外のものも出てくる」と話した。
そして、この物語は紛れもなく「葛城家」のお話。必死で「良き家族」であろうと、体裁を保とうとする父親。全員の間をうまく取り持とうとみんなに気を遣い、壊れないようにする長男(新井浩文)、否定と攻撃により居場所も自信も全てを失った次男若葉竜也)、その次男を理解しようとすることで自分の優しさを見せようとする母親(南果歩)。全員がそれぞれの意図を持ってて、またその意図によって結局は苦しんでしまう。母親は父親を大嫌いと言ってしまえば関係は破綻するし、父親は子供達に勉強しろと言ったり、色んなことを言ってきた。それは優しい言葉で言えばアドバイスだが、一般論でしかなく、それが正解に結びつかない子供もいる。なんか、最終的に死刑囚になる次男の肩を持ちたくなってしまう自分に驚くんだけどさ。あと、長男が、次男と比べて自分がしっかりしないといけないってところをプレッシャーに感じて、悩みを言えず弱さを見せれなくて悲劇的な末路へと足を踏み入れてしまうあのさまも、もう苦しくて仕方なかった。
家族という共同体は厄介で、生まれた時から関係が始まってしまうから、長年で構築されてしまう部分もきっとあって、その「歴史」を変えることってすごくエネルギーがいるし、反発にもなりかねない。実際、父親は「歴史」という言葉を用いて、20年常連の中華料理屋の麻婆豆腐が辛くなっていたことに激怒する。歴史を動かすことってとてもめんどくさい。だからこそ、母親があの家から飛び出して一人暮らしをして、そこに次男が通うのは当然。だが、それも父親と母親・次男の対立、もしくは父親の孤立をかわいそうに思う兄がその優しさ故にその機会を奪ってしまった。全てが裏目に出てしまう。それはもう、コミュニケーション不足が原因としてしまえばそれまでなんだけども。やっぱり、家族でも苦しい時ってあるんだよ。それを言うのアリにしようよ、とか思った。うん。
この映画に出てくる「家族」の中でやはり異質なのは、次男・稔(若葉竜也)と、死刑制度の廃止を訴えるために実ると獄中婚をした星野(田中麗奈)。この2人を家族としておいた事がとても重い。死刑制度廃止のために稔をある意味利用しようとする星野の方が、ひょっとしたら、稔を救うことが出来たのかもしれない、と思う。それは出会いが遅すぎた(そりゃ、星野は死刑囚になった人間と結婚することを目的としてるから)。その逆説がまた悲劇的だ。
その星野に対して、最後に家族で暮らした家でもう孤独になってしまった父親が放った言葉こそ皮肉で本質を貫いた。
「3人殺すから家族になってくれ」
その発言の直前に力ずくで星野とセックスしようとしたことと、映画前半で星野のやっていることはオナニーだと唾棄したことがリンクしてる。そして、星野に対して次男・稔が「女性ってオナニーするの?」と聞くこともまた、結局は家族を感じずにはいられないから不思議。

この稔の役をオーディションで勝ち取った若葉竜也はすごいし、舞台の時に稔をやり、今回兄の保をやった新井浩文の存在は大きい。南果歩の演技はもう繊細でおぞましい。でも、やはり、三浦友和の存在感と覚悟がなければこんなにも心に残る映画とはならなかったのではないか。。。

すごかった。
悠

悠の感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

去年みた。
通り魔のシーンが強く残ってる
家族が崩れていく様を客観的にみても怖かった

ラストで父親が庭の木で首を釣ろうとするけど死ねなかったのが良い
civic

civicの感想・評価

3.5
最高に最悪
あやき

あやきの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

2018/8/16鑑賞
巷のレビュー通り大変胸糞悪い作品で精神がやられる感じなのに、この家族4人と共通する点が自分にも少しでもあるのでは?と考えるとその可能性は否めないというか…特にイエスマンであるお兄ちゃんが立場的に近いかもしれない(中盤から薄っすら予感はしてたけどやはり自殺…)
リストラされた身でありながらも、日中の公園でくたびれたスーツ姿でタバコを吸う新井さんの仕草と手つきがとてもセクシーだった…
Ran

Ranの感想・評価

3.0
誰も救われないけどキチガイ役がマジでキチガイになりきっててすごかった
Yukako

Yukakoの感想・評価

1.0
評価高い作品だけど、私は苦手。誰も、何も救われない。死刑制度や家族のあり方について考えさせられるけど老害腹立つし、なんていうかポジティブに精力的にいこうよって言いたくなる。死刑囚の家族全員がこういう結末ではないはずだから。
想像よりは精神を持ってかれなかったけど、内容は面白い

田中麗奈のバックグラウンドが分からなくて常に頭からハテナが消えない状態で観てた

三浦友和がディカプリオに見えて仕方ないが演技が素晴らしい
無差別殺傷事件を起こして死刑になった男と獄中結婚した女は、犯人の父親を訪ね、彼についての話を聞こうとする。

すごいもん見た。どこを切り取っても厭な場面しかない。異様な家族ではあるけど、じゃあ周りにいないか?自分たちに要素は無いか?と問われると、否定しがたい。少なくとも、自分は葛城家の息子二人の要素を持っている気がする。
とことん救いが無くて気が滅入るが、加害者家族を含めたあらゆる家族や人生、死刑などの諸問題について考えさせられる映画だった。

附属池田小事件をベースに様々な無差別殺傷事件をモチーフとしている。
パン

パンの感想・評価

-
田中麗奈なんだったんだ??
家族みんないなくなっちゃったな〜〜
KyoheiMibu

KyoheiMibuの感想・評価

4.1
みてられないくらい残酷。それくらい感情移入してしまう
>|