ハッピーエンドの作品情報・感想・評価

「ハッピーエンド」に投稿された感想・評価

yuu

yuuの感想・評価

3.7
「ハッピーエンド」という題名はあまりにも皮肉的。ハッピーなエンドではなく、ハッピーのエンドという意味なのかな。

ブルジョア層の闇を淡々と描いた映画。
こんなにも、家族それぞれが自分のことしか考えていないことなんてあるんだろうか。誰もが自分勝手で共感できない。
主人公の女の子がSNSを利用する描写がたびたびあるけど、SNSの持つ匿名性・個人性が現代において失われた他者の存在の希薄さ、興味の薄さを暗示しているのかもしれない。

死にたい老人と死にたい子供、この関係性はすごく現代的なもののように感じた。
oka

okaの感想・評価

3.8
「もしテレビで見てれば普通の事に思える。自然の摂理だと。だが、現実に目にすると手が震える」テレビやネットを通して見る世界は現実とは似て非なるもの。何より手触りが違う。生きることは触れること。痛みすらも生きる実感を得る為には欠かせないものだ。衝撃的なシーンにより、現代社会を痛烈に批判したハネケ流風刺作。
コムサ

コムサの感想・評価

3.9
冒頭からベニーズビデオのような
現代版から始まる
SNSを介すると人間味は薄くなるのかな
何がハッピーエンドなのかはわからない
相手のことをよく知ることなのか
それともあまり知らなくていいのか
ひでP

ひでPの感想・評価

4.2
久々に“好きなハネケ”を見た。現代の精神は表に放出することを早くにやめ、内部に鬱積させる段階を経て裏に放出する術を知った。今や鬱積させる段階を飛び越し 感じ得るもの全てを直接裏側に放出する。日常において自らを表に現す者は忌み嫌われ病んでゆく。この世は美しさを“演じ始めた”のだ。今だからこその作品。最高。
K

Kの感想・評価

-
最後のシーンだけめちゃくちゃ良い
mare

mareの感想・評価

3.5
問題作ベニーズビデオから25年、時代は進歩しビデオカメラからスマートフォンで手軽に動画をシェアできる時代に。ビデオカメラのように個々の思い出感があるものより日常的なスマホ。インスタなんて現代のトレンドで使わないことの方がないくらいだけど彼の映画の一部となってしまえばそれはもうおぞましい凶器へと変貌する。本作はハネケ特有の常に取り巻く不穏な空気感があまり感じられず、唐突なギャグシーンも交えつつ昼間の家庭を基調とした色彩で進んでいくのが今までと異なると感じた。が、しかしやはりボディブローは飛んできます。狂気と人物のギャップでいったら今までで一番かも
むむむむむむむ、むずかしい
でも空気は吸えた
途中までは、難解度が高いように思え、わけがわからないけど何故か飽きずに食い入る様に観てしまうという摩訶不思議な映画のように感じた。まあ終盤はだんだん意図がわかってくるのではあるが・・・・・さりげなくグロい雰囲気あり。
ただし構図やカメラ廻しはらしさが出ていて飽きないで鑑賞できますね。
日本の事件が元ネタなんだとか。少女が「I★JAPAN」というシャツを着ていたのは何だろうと思っていたがそこに引っかけていた意味合いがあったのね。オチは正直何となくああなりそうな感じはあったし、あそこまできてスッキリ終焉にはなるわけがないよね。
13歳の少女役の目力と魅力がなにげに凄いです。
さつき

さつきの感想・評価

2.8

パパがパスワード変えてたのは笑う。
>|