まつき

ひつじ村の兄弟のまつきのレビュー・感想・評価

ひつじ村の兄弟(2015年製作の映画)
4.3
絶景広がるアイスランドの、とある村にて。もふもふかわいいたくさんの羊たちと、その飼い主である羊毛みたいな髪の毛をした老兄弟。兄弟は40年間も口をきいていないほど仲が悪いのだけど、ある日生計の要である羊に伝染病の魔の手が…。

映画のタイトルにも入っている「ひつじ」は、作中でもたくさんもふもふかわいい姿を見せてくれるけれど、主役はタイトルに入っているもう片方のワード「兄弟」の方。

仲の悪い二人が、ひつじにかける想いだけをシンクロさせ、兄弟の絆を取り戻すところが、本作の主題と感じた。誰も期待していないであろう二人のセクシーショットも多分に見られるし。笑

40年間口きいていないと言っても、何か大きな喧嘩をした風の軋轢には感じなかった。きっと、兄と弟の性格の違いで、親からの接し方が違ったりなんだりで、自然とギクシャクしていったのだと思う。

だから、隣同士の家にそれぞれ住んでいながら、心のどこかでつながりを感じていて、そこで安心を感じていたのではなかろうか。いわゆる「なんだか素直になれねー系」。

笑えるポイントも多めな本作の中で、際立っていたのは、兄弟たちの「なんだか素直になれねーけど面倒見てやんよ」的なつながり方。やっぱり2人が可愛らしい。そりゃぁセクシーショットでうっかりほくそ笑んでしまうわけですよ!笑

そこからのラスト、感極まります。

原題はRAMS…うーん。ジンギスカン食いたくなってきた。笑