Aika

ガタカのAikaのレビュー・感想・評価

ガタカ(1997年製作の映画)
3.7
生まれる前の遺伝子操作により、恵まれた美貌、優秀な頭脳、体力をもつことができるようになった未来。

遺伝子操作をせずに自然出産で産まれた「不適正者」ヴィンセントと、遺伝子操作を行って「適正者」として産まれたものの事故で足が不自由なジェローム。
2人の求めても得れなかったものが交差する。

適正者でなくてはなれない宇宙飛行士になりたいヴィンセント。
そして適正者なのに水泳選手としての栄光を得れなかったジェローム。

涙ぐましい頑張りを見せて適正者を超える能力を得るヴィンセントの努力に心をうたれる。遺伝子を負かせることができるなんてかっこいい。

そしてジェロームの辛さに心が痛む。きっと適正者として産まれるのも大変だったんだろうと思う。
できて当たり前、水泳だって2位じゃ意味がなかった1位でなければ。

お金に困っているようにも見えない彼が、なぜヴィンセントに協力するのか謎に思って観てたけど、きっと純粋に夢を見ることや努力することができるヴィンセントが羨ましかったのかなと思った。自殺未遂をするほど未来に夢を持てなかった彼には。

結果2人の夢にもなったヴィンセントの宇宙飛行士の夢は叶う。

SF映画かと思いきや、とても考えさせられる良作でした。