ゆゆこ

ガタカのゆゆこのレビュー・感想・評価

ガタカ(1997年製作の映画)
5.0
遺伝子操作で完璧な人間を作り出せ、重宝される近未来。

<適正者>か、<不適正者>か。
<可能>か、<不可能>か。
この二択を持って人間が産まれる時代だ。

だが、人間の「努力」というものに勝るものは無い。可能か不可能かなんて、誰に決めつけられるものではないのだ。

優秀な遺伝子を持った人が「努力」を忘れて到達できえなかったものも、劣勢の遺伝子を持つ人が「努力」を成せば叶えうる。

「自分はどうせ…」
それを打ち破ったとき、人間の可能性は遺伝子を超えて広がってゆくにちがいない。

<完璧>な人間ユージーンと<不完全>な人間ビンセントの交流は、たとえそれがSF近未来の異世界が舞台であっても、
遺伝子操作という曇りガラスを拭い去り、人間味のあるレベルで心に訴えてくるものがあった。

「…息子があなたのファンなんでね」
この言葉とラストシーンは涙が滲んだ。