ninjiro

ガタカのninjiroのレビュー・感想・評価

ガタカ(1997年製作の映画)
3.8
舞台をSFにはしているものの、通常のSFものの常である世界観をこそ主役とする作品とは一線を画する作品であると思う。
全編の印象として派手さは無いが、観客が主人公に感情移入してからのサスペンスの要素は派手なアトラクション並み。そして何より、主人公に感情移入させるまでの導入が非常に巧みであると思う。
両親の純粋な愛と希望の元に産まれてきた主人公が、本人には抗う術の無い圧倒的な劣等感に苛まれ、これに打ち克つ為に、己の人生、他人の人生までを賭けて抗う様は、クールな映像でコーティングしたSFの世界にありながら、余りに赤裸々な人間ドラマ。