いのさん

ガタカのいのさんのレビュー・感想・評価

ガタカ(1997年製作の映画)
4.1
《遺伝子が全てを決める世界》

(あらすじ)
遺伝子操作により管理された近未来。
宇宙飛行士を夢見る青年ビンセントは、劣性の遺伝子のため希望の無い生活を送っていた。
そんなある日、ビンセントは闇業者の手配により、事故により身障者となった優秀な遺伝子をもつ元エリート、ジェロームに成りすます偽装の契約を結ぶ。
そうして、ジェロームの遺伝子を借りてエリートとなったビンセントは、宇宙飛行施設“ガタカ”に潜り込む。
が、そんな中、彼の正体に疑いを持っていた上司の殺人事件が起こり事は次第に大きくなっていく、、

この作品は、優秀な遺伝子を持つものが優遇され、劣等な遺伝子を持つものが卑下される世界。
そんな中、夢を叶えるために自分を偽ってまで努力し続ける主人公に心を動かされます。

終始静かで単調に物語が進むが、それもまたレトロな味が出ていて風変わりなSF映画に思えます。

20年前の映画であるにも関わらず、美しく今見ると近未来的なSFを感じながらも少し現実味を帯びた気味悪さも伝わってきます。
また、優秀だったジェロームとビンセントの対比がわかりやすく描かれていて自分だったらどうするのか2人の気持ちになって2度は楽しめると思います。

"Gattaca" のGとAとTとCは、DNAの基本塩基であるguanine(グアニン)、adenine(アデニン)、thymine(チミン)、cytosine(シトシン)の頭文字であるということを見終わった後に気づきました。

高校化学でやったやつだ、奥が深いよ、GATTACA。