ガタカの作品情報・感想・評価

ガタカ1997年製作の映画)

GATTACA

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.0

「ガタカ」に投稿された感想・評価

人は自分より何かで劣っている人を探すのが大好きだ

競争の世界に身をおいていなくとも
すべからく私たちは他人との優劣を意識して生きている

何の為に?

たぶんそれは、ひとえに自分の自尊心の為…


この映画の主人公が、想いを寄せる女性に投げ掛けた言葉

『君はいつも僕の足りないところを探している』


もし自尊心を、生まれた時からズタズタに切り裂かれ、劣勢という烙印を押されていたら…

私たちはどう生きるだろう?

そこに甘んじるだろうか?

夢みることを諦めるだろうか?


いや、違う。

生命は、地球に生を受けて以来
劣悪な環境に適応し果てしない時間をかけて運までも見方につけて、生き残る術を身につけたのだ

自らの力で身につけたのだ



この映画は

先天的な優秀と称される才能よりも
後天的な抗う力、その可能性を信じる映画

夢みる人に夢を重ね
自らの人生をそこに投じる
男の生きざまを感じる映画


素晴らしい二人の俳優、イーサン・ホークと、ジュード・ロウの怪演に酔いしれよう


初見が一番楽しいはず…

なので

あまり情報を入れずに観てほしい


あー、初めてみる人が羨ましいー!
かなり昔に観た事あるはずだけど覚えていなく(・・;) ちゃんと観たら面白かった~! 遺伝子でカーストが決まる世界。 運命に抗う主人公とその協力者であるジュード・ロウとの、ビジネスパートナーを超えた友情の物語でもあるかと。 ジュードのラストが悲しかった…
小津

小津の感想・評価

3.8
面白い!

ドキドキするのでつかれます。
個人的にはラストがちょっと残念

このレビューはネタバレを含みます

遺伝子なんて関係ないぜっていう底力がよかった
きり

きりの感想・評価

3.8
記録。
「向き不向きは自分で決める。」

〜あらすじ〜
遺伝子の優劣で社会の「適正者」と「不適正者」が決まる近未来。
「不適正者」であるヴィンセントは宇宙飛行士になる夢を叶えれるのか。


「遺伝子で全てが決まるわけじゃない。
みんな欠点ばかり見つけようとするから、
本当のところが見えなくなってしまうんだ」

自分の中に強くこの言葉が残りました。

気づかせてもらいました。



単純にドキドキ感が味わえたり非常に考えさせられる良い映画でした。
定期的に観たくなる。

世界観重視のものや、感動だけに寄った作品ではなく、科学進歩や利便性を優先的に追求しがちな人間社会の行く末に警鐘を鳴らす作品。

ドアップで切った爪が落ちていく冒頭のカットが、すごく印象に残っている。今ではたくさんの作品が、ガタカに影響を受けているが、海での兄弟の競争や冒頭のような個性的な映像は、今だにこの作品でしか観られない個性だと思う。そういったところは、割と新鮮で好みだった。
ちょっと前に見たけど、テーマはなかなか良かった。
Kooo

Koooの感想・評価

3.8
遺伝子の優劣がすべてを左右する近未来社会。
不適切者とされた少年が宇宙飛行士の夢を叶えるために、、、
1997年に作られたとは思えない作品でした。

切ない人間ドラマのなかにも勇気付けられるような要素があった。
遺伝子操作って怖い

2011年NASAにより「現実的なSF映画」1位に選ばれたらしいです。
もしも

もしもの感想・評価

4.0
これは残る
>|