ガタカの作品情報・感想・評価

ガタカ1997年製作の映画)

GATTACA

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.0

「ガタカ」に投稿された感想・評価

人は自分より何かで劣っている人を探すのが大好きだ

競争の世界に身をおいていなくとも
すべからく私たちは他人との優劣を意識して生きている

何の為に?

たぶんそれは、ひとえに自分の自尊心の為…


この映画の主人公が、想いを寄せる女性に投げ掛けた言葉

『君はいつも僕の足りないところを探している』


もし自尊心を、生まれた時からズタズタに切り裂かれ、劣勢という烙印を押されていたら…

私たちはどう生きるだろう?

そこに甘んじるだろうか?

夢みることを諦めるだろうか?


いや、違う。

生命は、地球に生を受けて以来
劣悪な環境に適応し果てしない時間をかけて運までも見方につけて、生き残る術を身につけたのだ

自らの力で身につけたのだ



この映画は

先天的な優秀と称される才能よりも
後天的な抗う力、その可能性を信じる映画

夢みる人に夢を重ね
自らの人生をそこに投じる
男の生きざまを感じる映画


素晴らしい二人の俳優、イーサン・ホークと、ジュード・ロウの怪演に酔いしれよう


初見が一番楽しいはず…

なので

あまり情報を入れずに観てほしい


あー、初めてみる人が羨ましいー!
mimimi

mimimiの感想・評価

3.5
2018.02.20
いつ

いつの感想・評価

4.3
「僕に何ができるか決めつけるな」「可能なんだ」劣等な遺伝子を持ち、寿命も30歳しかない主人公が、他人の遺伝子を借り、宇宙飛行士を目指す。遺伝子の出来で全てが決まる世界。本来は決して宇宙飛行士になることはできないはずの主人公。どんな手を使っても、どんな犠牲を払っても、主人公は夢を追い続ける。できるんだ、やれるんだという主人公の悲痛なまでのセリフが胸に刺さる。
あおい

あおいの感想・評価

3.8
こんな世界でも私は生き続ける。私が私である限り…

イーサン・ホーク主演のSFサスペンス。変な名前やなぁって思ってたけど、予想以上に深い作品やった。

◎ストーリー
DNA操作で生まれる子供のありとあらゆる要素まで決めてしまえ、生まれた瞬間から推定寿命が分かる世界。自然妊娠で産まれたビンセントは不適合者のレッテルを貼られ、新下層の生活を送らざるを得なかった。しかし彼には夢があった。ガタカ社に入り、宇宙へ行くという夢が…

こんな世界イヤや!でもあり得なくもない感じがすごくリアルで、SFやのに恐怖が身近に感じてしまう。人の倫理観に訴えかける中々の名作。

主人公ビンセントが、そんな世界では弱い立場の人間で、それでも抗う様とそれに漬け込む人間の存在、そして社会の風潮に執拗に縛られる人々、その全てが同時進行的に描かれている。

一見難しいように感じるが、とてつもなく見やすいのがこの作品のすごいところ。微妙なラインの近未来感のおかげか、ビンセントの語りや演技のおかげか。考えさせられること間違いなし。

ひたむきに生き続けるビンセントをイーサン・ホークが演じる。もうこれがすごくいい。それとジュード・ロウがそれにも増していい。今までのジュード・ロウで1番好きな役かもしれん。それくらいい。さらにユマ・サーマンやアラン・アーキンが脇を固める。

SFが好きならば、マストでみてほしい。そんな映画。

Amazon Video#300
Yuka

Yukaの感想・評価

3.8
ふゅーちゃりすてぃっく
最っ高や…

形容しがたい強さがある。
chica

chicaの感想・評価

-
人の可能性は科学の領域を越える。

確率と可能性

倫理とかだけじゃなくて、

見えない可能性はだれにでもあるってこと。

自分がその域にいこうとさえすれば。


ユマ・サーマンきれいすぎ💕✨
>|