ガタカの作品情報・感想・評価

ガタカ1997年製作の映画)

GATTACA

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.0

「ガタカ」に投稿された感想・評価

人は自分より何かで劣っている人を探すのが大好きだ

競争の世界に身をおいていなくとも
すべからく私たちは他人との優劣を意識して生きている

何の為に?

たぶんそれは、ひとえに自分の自尊心の為…


この映画の主人公が、想いを寄せる女性に投げ掛けた言葉

『君はいつも僕の足りないところを探している』


もし自尊心を、生まれた時からズタズタに切り裂かれ、劣勢という烙印を押されていたら…

私たちはどう生きるだろう?

そこに甘んじるだろうか?

夢みることを諦めるだろうか?


いや、違う。

生命は、地球に生を受けて以来
劣悪な環境に適応し果てしない時間をかけて運までも見方につけて、生き残る術を身につけたのだ

自らの力で身につけたのだ



この映画は

先天的な優秀と称される才能よりも
後天的な抗う力、その可能性を信じる映画

夢みる人に夢を重ね
自らの人生をそこに投じる
男の生きざまを感じる映画


素晴らしい二人の俳優、イーサン・ホークと、ジュード・ロウの怪演に酔いしれよう


初見が一番楽しいはず…

なので

あまり情報を入れずに観てほしい


あー、初めてみる人が羨ましいー!
さ

さの感想・評価

-
宇宙の話かと思ったら、地球での話だった
SFの中でも妙に現実味があって、恋愛要素も一滴あれば、ハラハラもできたし本当にいろんなバランスがいい映画
20年以上前の映画だけれど、あまりに現代社会を予見していて、SF的な要素が少ないくらいと感じる程に違和感がない。

ずっとポケットにしまって恥じていた銀メダルを、最後にはちゃんと見えるよう自分の首にかけていたのが印象的だった。遺伝子によって定められた情報ではなく、自分が歩いてきた道がその人の価値になるのだ。
しほ

しほの感想・評価

4.5
終始ハラハラドキドキで初めてみたジャンルな気がするなーと。
考えさせられることも多く、面白くて良い映画だと思いました!
い

いの感想・評価

3.8
遺伝子がモノを言う近未来なのに、随所に昔っぽさが見られる不思議な感じ
人の判断基準は遺伝子情報なのに、登場人物皆熱苦しいっていうギャップ
優秀な遺伝子を選んで、事前に先天性の病気や劣性を防いだ子供を産む。遺伝情報で寿命も病気も判るから、あらゆる社会生活が遺伝情報で管理されて判断される。産まれながらにして自分の人生の可能性がわかってしまう。遺伝情報の違法な交換で、優秀な遺伝子で無いけど宇宙飛行士になろうと血の滲むような努力を続けるヴィンセント、最高の遺伝子を持つにも関わらず一番になれずプレッシャーで自殺を図るジェローム。真逆だけど実は似たような悩みを抱える二人。ただ夢を叶えたい、其れだけなのに、違法な手を使わなければならない社会、、近いうちにそんな社会が来てもおかしく無い。最後、ドクターが、女性が、ジェロームが、違法だけどヴィンセントを応援する場面に感動して、そしてジェロームが、ヴィンセントに夢を見させてくれてありがとうと言って、一生分の遺伝情報を渡して、自殺してしまう場面に悲しくなって、静かに涙しました。すごく胸がキュッと苦しくなる映画でした、、でも観てすごく良かった。
「そら」への渇望というか、こなしていく様子は冷たさも感じるけれど垣間見える心のあらわれがとてもひきこまれた。ラストも好きだな…。
みぽち

みぽちの感想・評価

3.7
有名な名作なのに後回しにしててやっと観れた…
個人的にはレイマー医師が1番おいしい役どころな気がする🙆‍♀️♡ラストの彼のセリフはすごく響いた。
Joker

Jokerの感想・評価

3.5
遺伝子操作により、優れた知能と体力と外見を持った「適正者」が数多く存在する近未来。知力体力に非常に優れる「適正者」たちは当然、教育課程においても、社会においても優位だった。一方、自然妊娠で生まれた「不適正者」たちは「適正者」に劣る存在だった。両者の間には社会レベルでも個人レベルでも大きな隔たりがあった。
主人公ヴィンセント(イーサン・ホーク)は、両親の軽はずみな性交渉により「不適正者」として産まれた。弟アントン(ローレン・ディーン)は「適正者」だった。子供のころから「適正者」の能力を目の当たりにし、弟を含め「適正者」たちには決して勝つことができなかった。そんなヴィンセントが小さな胸に抱いた夢は宇宙飛行士になることだった。しかし、宇宙飛行士は「適正者」のみに許された仕事で、「不適正者」には夢のまた夢、なれる可能性など少しもなかった。
大人になったヴィンセントはそれでも、決して夢を忘れず、転機が訪れる。DNAブローカー(トニー・シャルーブ)の仲介で、「適正者」の生体IDを入手することができたのだ。その「適正者」は元水泳選手ジェローム・モロー(ジュード・ロウ)で、金メダル候補だったが事故により脚の自由を失い、選手生命を絶たれたのだった。ヴィンセントはジェロームの生体ID(血液や指紋など)を買い取った。違法な生体偽装をしてジェロームになりすまし、晴れて宇宙局「ガタカ」の局員となった。「適正者」の女性アイリーン・カッシーニ(ユマ・サーマン)との出会いもあった。ヴィンセントはたびたび行われる生体認証を切り抜け、数々の訓練でも「適正者」に劣らないよう必死の努力を重ね、その結果ついに念願のタイタン探査船の宇宙飛行士に選ばれた。
探査船の出発が間近となったある日、ヴィンセントの上司が何者かによって殺された。この思いもよらない事件がヴィンセントを窮地に追い込む。なぜなら、事件現場で発見されたまつ毛は「不適正者」ヴィンセントのものだったからだ。警察の捜査にヴィンセントは正体の発覚を恐れながらも、「適正者」の振りを続けた。探査船の出発が延期も中止もされないところまできて、宇宙局長ジョセフ(ゴア・ヴィダル)が犯人であると自供した。ヴィンセントの上司は身分詐称の罪を告発しようとしたが、宇宙局長は身分詐称を不問にし、ヴィンセントを飛行士にしようと、船の出発まで沈黙を守っていたのだった。
難局を乗り切ったヴィンセントは、船に乗り込む直前、抜き打ちテストで生体IDの提出を要求された。手元にジェロームの生体IDはなかった。最後の最後で夢を絶たれるかに思われたが、レイマー医師(ザンダー・バークレー)はヴィンセントが「不適正者」だと知っていた。レイマー医師から「自分の子供があなたを英雄だと思っている」と告げられた。ヴィンセントは探査船に乗り込み、宇宙へ旅立った。
 ジェロームはヴィンセントの出発前に大量のサンプルを残し「旅に出る」と告げて別れるが、ヴィンセントのロケット発射と同時に完全な証拠隠滅をはかる為に自ら焼却炉に入る
な

なの感想・評価

3.8
記録
>|