ガタカの作品情報・感想・評価

ガタカ1997年製作の映画)

GATTACA

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.0

「ガタカ」に投稿された感想・評価

人は自分より何かで劣っている人を探すのが大好きだ

競争の世界に身をおいていなくとも
すべからく私たちは他人との優劣を意識して生きている

何の為に?

たぶんそれは、ひとえに自分の自尊心の為…


この映画の主人公が、想いを寄せる女性に投げ掛けた言葉

『君はいつも僕の足りないところを探している』


もし自尊心を、生まれた時からズタズタに切り裂かれ、劣勢という烙印を押されていたら…

私たちはどう生きるだろう?

そこに甘んじるだろうか?

夢みることを諦めるだろうか?


いや、違う。

生命は、地球に生を受けて以来
劣悪な環境に適応し果てしない時間をかけて運までも見方につけて、生き残る術を身につけたのだ

自らの力で身につけたのだ



この映画は

先天的な優秀と称される才能よりも
後天的な抗う力、その可能性を信じる映画

夢みる人に夢を重ね
自らの人生をそこに投じる
男の生きざまを感じる映画


素晴らしい二人の俳優、イーサン・ホークと、ジュード・ロウの怪演に酔いしれよう


初見が一番楽しいはず…

なので

あまり情報を入れずに観てほしい


あー、初めてみる人が羨ましいー!

このレビューはネタバレを含みます

こんな世界、身震いするくらい怖い。
近未来SFを観た後のなんとも言えない不安感って凄い。

最後の検査、報われ方も良いし、
ユージーンのさいご、儚くて綺麗。
ただ2人のデコボコな感じもずっと見ていたかった気もする。
焼却炉のシーンはしばらく記憶に残ります。
こいけ

こいけの感想・評価

4.4
フィルマークスで知り、ずっと気になっていた作品。

もともと静かなストーリーのあるSFがかなり好みです!
予想通りこちらもかなり大好き😆

記憶に残る映画でした^ ^


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
遺伝子操作により、生まれて来る時には寿命、疾患、など様々なことがわかるという世界。
そこでは、遺伝子の優劣でしか人を判断せず、遺伝子による差別があり、劣勢の遺伝子では希望もない。
劣勢遺伝子の主人公ビンセントは宇宙飛行士を夢見て、
優秀な遺伝子をもつがケガをして引退を余儀なくされたジェロームに成りすますという闇業者との契約を結ぶ。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


ジェロームはIQで人生どうにでもなったんじゃね?とか
こんなにすごい未来なのに偽装が原始的⁉️とか⁉️笑
気になるところはまぁ少しあるさ。
でもそんなことはどうでもいいのさ。笑


この映画の雰囲気、空気がすごく好きでした。
遺伝子の技術が進んだ世界。
生まれる前から、
自我が伴う前から始まる差別。

優秀な人間しかいない世界で劣勢遺伝子や一つの失敗は人生の終わり。

どんな人間か判断するのに感情なんてない、データで人を判断するのみの世界。


こんな世界は楽しくないだろうなぁ💧

そんな中、熱く生き抜く男たちの物語‼️



まだの人、気になった人は読まないでほしいです。何も知らずに観た方が絶対楽しめます‼️

↓ネタバレあり↓







最後のシーンは感動でした!

ビンセントは夢を叶え、宇宙へ。
そのロケットが発射するシーンと重なって流れるジェロームの炎の映像。

悲しくは終わっていない。
ジェロームは足が不自由なので、夢を叶えたビンセントに着いて無重力の宇宙へ行ったのだと思います!
宇宙は2人の夢になっていたのかも…

足りない部分を補って2人で一つだったのだなと思います。


感動です‼️
yuko

yukoの感想・評価

-
この頃のジュード・ロウとイーサンホークが最高。
pepe

pepeの感想・評価

4.1
示唆に富んだ作品
ずっと自分を偽らなければいけない主人公が切ない。
けれどジュローム、アイリーン、最後助けてくれた検査の人(?)は本当の主人公を見てくれたようで救いだった。

登場人物のスーツ姿とかっちりセットした髪型がいけててちょっとだけ社会人生活のモチベーションが上がった
ユアサーマンが芸術的な綺麗さ。
飛行機でみた。小さな無駄な成りすまししか経験したことがないが、道を切り開くには一回くらい大きいのやっとけばよかったかな。
みそ

みその感想・評価

4.5
今上映されている映画で未来を描いた作品より、過去の作品で未来を描いものの方が熟成されてか未来感ある気がして好き。

イーサンホークにジュードロウにユマサーマン。みんな美しすぎか。

劣った遺伝子の側に感情移入しすぎる。
話が分かりやすくて、万人に色々考えさせてくれる感じが好き。

突き詰めても結局は差別とかってきっと無くならないんだろうな〜と納得してしまって少し絶望した。

でも、ある見方では完璧な人もきっと脆い部分はあって、完璧なんて無いんだろうなとも思って安心もしたというか、、、
完璧でも完璧でなくても苦悩はある。だからただ前を向いてとりあえず進みたい場所へ一歩ずつでも進むことを諦めちゃダメと言われた気がした。

絶賛挫折中なのでもう少し早くに出会いたかったな〜。
>|