ガタカの作品情報・感想・評価

ガタカ1997年製作の映画)

GATTACA

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.0

「ガタカ」に投稿された感想・評価

《遺伝子が全てを決める世界》

(あらすじ)
遺伝子操作により管理された近未来。
宇宙飛行士を夢見る青年ビンセントは、劣性の遺伝子のため希望の無い生活を送っていた。
そんなある日、ビンセントは闇業者の手配により、事故により身障者となった優秀な遺伝子をもつ元エリート、ジェロームに成りすます偽装の契約を結ぶ。
そうして、ジェロームの遺伝子を借りてエリートとなったビンセントは、宇宙飛行施設“ガタカ”に潜り込む。
が、そんな中、彼の正体に疑いを持っていた上司の殺人事件が起こり事は次第に大きくなっていく、、

この作品は、優秀な遺伝子を持つものが優遇され、劣等な遺伝子を持つものが卑下される世界。
そんな中、夢を叶えるために自分を偽ってまで努力し続ける主人公に心を動かされます。

終始静かで単調に物語が進むが、それもまたレトロな味が出ていて風変わりなSF映画に思えます。

20年前の映画であるにも関わらず、美しく今見ると近未来的なSFを感じながらも少し現実味を帯びた気味悪さも伝わってきます。
また、優秀だったジェロームとビンセントの対比がわかりやすく描かれていて自分だったらどうするのか2人の気持ちになって2度は楽しめると思います。

"Gattaca" のGとAとTとCは、DNAの基本塩基であるguanine(グアニン)、adenine(アデニン)、thymine(チミン)、cytosine(シトシン)の頭文字であるということを見終わった後に気づきました。

高校化学でやったやつだ、奥が深いよ、GATTACA。
ストーリーと世界観 すてき。
『破戒』だった。
ただ 遺伝子とかいう超科学的かつユニーク過ぎるものを主材料として取り扱っているせいで、良いとこどりにみえてしまった。
専門知識もないし こんなことでは夢も希望もないので目を瞑ると
だいぶすきな雰囲気と舞台 ストーリーだった。

このあいだ サ店でさくらが観たいといっていた映画。
若い頃のジュード・ロウこんなにかっこよかったんや…ラストの彼の決断は泣けます。
Azul

Azulの感想・評価

4.4
記録用
maco

macoの感想・評価

-
大好きな映画のひとつ。SFが好きなのだけれど、その中で描かれているのは人間の命で、彼らの関係性だ。地球でつらい目にあって、努力してそこから抜けだした主人公の話なのに、ラストには観客も地球を去るのが惜しくなる。登場人物ひとりひとりが悲しく、魅力的で、忘れられない。
イーサン・ホークの哀愁が光ります。人間の優劣が遺伝子操作で決められるという斬新な設定も今はリアル。青基調でミニマル感満載なタイトルシークエンスも素敵です。自分が望む生き方について考えさせられました。
イリエ

イリエの感想・評価

5.0
素晴らしい! 静かに押し殺した演技に神がかった掛け合い。スタイリッシュで、意外な展開も。SF映画だが、青春映画の要素もあり、運命に抗っていく。ジュード・ロウの「お前を見ても周りの目に映るのは、この俺なんだよ」というセリフから、誰かと似たオシャレをする若い女性を思い出す。妙なリアリティーは、生々しい現実からくるのでしょうか。出生前診断や体外受精、旧優生保護法のニュースも記憶にあたらしい。ただ、髪の毛なんて、どうやっても落ちるんじゃないって気もします。
Hnk

Hnkの感想・評価

-
遺伝子操作によって優位な人間とそうでない人間が混在する社会で、”不適正”とされる主人公が宇宙に行くことを目論む映画。テーマがそもそも面白すぎて好きだし、二人の主人公のそれぞれの生い立ちや苦悩がとても味がある。なける
yasu83

yasu83の感想・評価

3.8
おススメされたやつ。やっと見た!予想よりも、アナログ的でリアルですぐに世界に入れる内容。兄弟で泳ぐシーンがいい。登場人物みんな好きになる。
copori

coporiの感想・評価

4.5
何度も見ているけど、何度みても好き。
キャストも最高だと思う。
>|