ガタカの作品情報・感想・評価・動画配信

ガタカ1997年製作の映画)

Gattaca

上映日:1998年05月02日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ガタカ」に投稿された感想・評価

A

Aの感想・評価

4.7
他にもっと着目すべきことがある
名作だって分かってる
でも、私の語彙力だと表しきれないから
とりあえず言いたいのは
若き日の
イーサン・ホークとジュード・ロウの
破壊力が凄い、、、!!
Ados

Adosの感想・評価

4.0
この作品における“適性者”を生み出す思想は優生学の考え方であり、人間を個人の尊厳を尊重するのではなく、社会的価値の中で優劣をつけることにつながる、極めて危険な思想だと感じた。
しかし、子を持つ親の立場に立ってみると、生まれてくる我が子には何不自由なく暮らせるようにできるだけ良い遺伝を与えてあげたい、と考えるのも納得できる。
科学の発展と倫理の問題は、今後も絶えず問い直されていくことだろう。そのきっかけをつくったという意味でも、本作は重要な意味を持つ。
JW

JWの感想・評価

4.5
5年に1回は見直す、傑作!
おんじ

おんじの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

爽やかSFでよい。
遺伝子のせいにして腐ったりせず、どんな手を使ってでものし上がっていく主人公の姿がアツい。

最後にドナーの人が自殺した理由の個人的な見解をメモっとくと、彼は死のうとして死にきれなかったわけだから、その後も望んで生きていたわけでは決してなかったと思う。それは、酒に溺れるシーンからも感じ取れる。
しかしながら、主人公が自分の血液を使って成功していく姿を見ているときは自分の存在意義を感じていたと思う。
サンプルを提供していただけとはいえ、遺伝子主義な世の中では、主人公とドナーは二人で一つだった。
主人公が余命幾ばくもなかった事を知っていたドナーは、主人公と同じように死ぬことを選んだ。
それは、主人公から太く短く生きる精神の影響を受けたこともあるだろうし、自分の身分を使って生きている主人公が死んだら自分は何者として生きるのかという話もあるしで理由はいくらでもあるかなと感じる。

ただ、少なくとも前向きな死であったんじゃないかと考えている。
ヒラノ

ヒラノの感想・評価

4.0
色々と口数少ない感じ
くろ

くろの感想・評価

4.3
引き込まれた
世界観がSFなだけであって内容はヒューマンドラマ
産まれた瞬間に決まる運命
それに抗うものと苦しむものお互いが補い合って生きていく

簡単に言うと努力次第で運命は変えられるよってことだと思うけど、こんな簡単には片付けられない内容
現代の問題提起する作品だと思う

イーサン・ホークももちろん良かったが
ジュード・ロウの方が自分は魅力的だった

面白かった!
M

Mの感想・評価

3.8
ジュードロウの神がかりな容姿
毛を削り 自分を捨てて 友と行く

(毛→毛→毛→DNAの螺旋階段を必死に登り→今回のワクチンはRNAに作用する→これは世界規模の人体実験→ノアの方舟はそう遠い未来ではないのかも→冬)
ROSA

ROSAの感想・評価

-
ただ イーサン・ホークが観たくて…

出てるの知らずに見始めたら
ジュード・ロウも素敵でした✨

2回目の "風にさらわれた" が好き
アイリーンがヴィンセントの髪の毛を放して言う台詞


27歳のイーサン・ホークは
めちゃくちゃカッコよかった💕
でも ちょいダメなおじ様役の多い
今のイーサン・ホークも好きです♡
そこには争いも差別もない無限の愛に満ち満ちた母の胎内への帰着乃至母性との溶解を欲して宇宙を夢見る。

我々は何気無くもそこら中に蔓延る優生思想的なものの上で、さも平穏かのように暮らしている。
>|