ガタカの作品情報・感想・評価

ガタカ1997年製作の映画)

Gattaca

上映日:1998年05月02日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ガタカ」に投稿された感想・評価

皆さんの評価通りで感動しました。
見て良かった!
切なくなる音楽が素敵です。
Punch

Punchの感想・評価

4.4
めちゃくちゃ良かった。「私」は決して遺伝子によって決定されないし、遺伝子のなかに「私」はいない。でも、それなら、自分の代わりに宇宙飛行士になったヴィンセントを優しく宇宙に送り出したユージーンの自死をどう受け止めればいいのか。ユージーンは何を送り出したのか。
りぃ

りぃの感想・評価

-
コミコンでジュード・ロウに会えるかも知れない…!ということで、彼の出演している映画をいくつか見直そうと思いまして…。
SH2つは私的マストなので、もう一本くらい観られるかなと思い引っ張り出してきたのがコレです。美しすぎる。
何回観てもじんわり泣いてしまいます。
ジュード・ロウを見るならと勧められて観た作品。久々にとっても良い映画に出会えた。SFというよりはヒューマンストーリー。遺伝子操作という科学技術の躍進も人間の努力や熱意には勝らないということを実感させられた。そして登場人物がもれなく目の保養でした。
Yuri

Yuriの感想・評価

3.5
GATTACA🧬💉🦠🔬👨🏻‍🚀
.
そう遠くない未来では、遺伝子操作が当たり前になり、遺伝子によって全てが区別されていた。宇宙飛行士なるという夢を叶えるために他人に成り済ます嘘をつく。人間の行末を見てるようでゾッとした😰
#ジュードロウ祭 #judelaw #gattaca #movie #洋画好きな人と繋がりたい 
いしだ

いしだの感想・評価

4.0
すごく引き込まれるSF映画だった。ほんとに遺伝子操作が一般的な世界になったら、不適正者は被差別の対象になるだろうなあ。ジュード・ロウ美しいなあ。
AyumiTamai

AyumiTamaiの感想・評価

4.0
建築物がカッコイイ 公開から22年経った2019年の今初めて見て、古いSFには見えないし かと言って近未来っぽすぎることもなく、今っぽいな〜と思った
意外とあっさり、でもちょっと泣いた

ちょっと科学的な優生思想とも言えるので、このフィクションの世界における"優れた"人の中にも、遺伝子差別を支持しない人がいるんだろうな あの人想いのおじさんとか.....
RICK

RICKの感想・評価

3.9
DNA操作によって適正者と不適正者に分けられ差別される近未来、主人公が不適正者ながらDNA操作された者たちと交わり宇宙へ旅経とうとする映画。ひたすらに努力をすることで夢を掴み取るストーリーでラストがとても感動する。

しかし気になるのは、努力すれば夢を勝ち取れるストーリーなのに白人至上主義な配役...
遺伝子による差別が平然と行われる世界で、変わり身を演じ宇宙飛行士を目指す。無意識に欠点ばかりを探してしまうことは誰しもあるだろうし、そのような向き合い方について考えさせられる。故郷に帰るように宇宙の塵へと向かうヴィンセントと、銀メダルが金に輝くジェロームの運命の対比が切ない。グラスに吹かす煙、12本の指のピアノ曲、名前の付け方にもセンスが感じられる
kutata

kutataの感想・評価

4.0
ジュード・ロウ演じるジェロームはデザインナーベイヒーであるという説得力のある美しさがある。

近未来モノだけど、あえて凝ったデザインをしないでその空気を出してるのも素敵。

フォントとGATCの配色デザインだけのエンドロールまでも印象に残る。
>|