アズミ・ハルコは行方不明の作品情報・感想・評価

アズミ・ハルコは行方不明2016年製作の映画)

上映日:2016年12月03日

製作国:

上映時間:100分

3.1

あらすじ

物語の舞台は寂れた国道沿い。大型モール・洋服店・レンタルCDショップ・中古車店・ファミレスが並ぶ典型的な郊外の街で、ある日突然姿を消したOL安曇春子(28)。彼女が消えた街に、捜索願いのポスターをパロった落書きが不気味に拡散していく…。ハルコはどこへ消えたのか?彼女が消えるまでと、消えた後の二つの時間を交錯させながら、現代女子の生きざまを描きだす。

「アズミ・ハルコは行方不明」に投稿された感想・評価

ナッツ系とサイケデリックな色のフレーバーのアイスクリームを好き放題盛り付けた感じ。


顔を歪ませる蒼井優、一生このシーンだけ見てられる………と思いました。

ハッピーっていうのは単純で明快な方がいい。感情とか五感とかそういうので、私は幸せなの!って言えればそれはもう幸せってことでしょ。

自分が無敵だったのっていつかなと思った。そんな時はなかった気がする。でも無敵な女の子のイメージは自分の中にある。ずっと。

何言ってるのかわかんないけど、そんな感じ。

鬱屈とした毎日なんか蹴っ飛ばして、煙みたいに軽やかにどこかへ。
m

mの感想・評価

2.0
だらしない美人たまりませんね。蒼井優に誘惑されたらどんな男でも無理じゃない?結局無垢なようで自制心の効かないタイプの女が好まれる傾向ある。あとね、太賀がひたすらよかったー…。すきだー…。でもそれだけで、惹かれるストーリーではなかった。がっくり。きっともう見ない。
お洒落さMAX内容はよくわからん
Risa

Risaの感想・評価

3.0
地元の閉塞感、職場のセクハラ発言、「何かビッグなことやりてえ」、家に帰ると義母に苛立っている母親、孤独感、疎外感.....それぞれの描写はすごくリアルだと思った。その分、観ていて苦しかった。

ひとつひとつの場面はよかったんだけど最後話が急にわからなくなった...原作があるらしいのでいつか読も。
たつし

たつしの感想・評価

3.3
やっぱ脚本女だよねーそうだよねー
死ぬほど曽我になりたい人生でした
蒼井優に帰るねって言われてみたい
蒼井優部屋に来るシーンと夜に死ぬほど引き止められるシーンうらやま死刑

メタファー尽くしの時系列ごちゃごちゃで難しいけどこれからは女の時代だっていう気持ちは伝わった

行方不明になる意味は最後までわからんです
yume

yumeの感想・評価

3.3
出てくる女の子達皆メンヘラ気味だったり、ストリートアートからのサクセスストーリー(不発)とかTwitterのバズり現象など今時っぽい要素が盛り沢山
ただ女子高生ギャングとか男達からの解放とかはよく分からなかった、むしろ寒かった
妄想なのか並行世界なのか曖昧な世界の表現はわりと好き
naoko

naokoの感想・評価

4.0
この映画を見ようと思った人は、きっと地元で愛菜やユキオの様な人たちとは関わることなく、都会に出てきた人がほとんどだと思う。
わたしもその一人で、むしろ避けていたし東京に出てきてからは思い出すこともほとんどなかった。
女も男と同じくらい稼ぐことができて、結婚しなくても幸せにいきている人がたくさんいる東京でも、やっぱり女だからと窮屈な思いをする事はたくさんある。
地方都市で、ひとりで生きていくことはきっと東京の何倍もしんどいんだろうなぁ。仲良くなった先輩も、せっかくできた彼氏も、久しぶりに会った友達も、狭い世界で生きていくだけの立派な理由になるんだろう
耳が痛くなるくらいの女性に対するステレオタイプなセリフは、ちょーかっこ悪いなと思った。でも、普段からそんな事を言っている人はきっとこの映画を見ないんだろうな。

良い映画だった
kohimiki

kohimikiの感想・評価

3.5
好きな感じなんだけどむずいw
A氏

A氏の感想・評価

2.4
よくわからなかった…(´・_・`)
akip

akipの感想・評価

-
難しかった
>|