アズミ・ハルコは行方不明の作品情報・感想・評価

「アズミ・ハルコは行方不明」に投稿された感想・評価

ナッツ系とサイケデリックな色のフレーバーのアイスクリームを好き放題盛り付けた感じ。


顔を歪ませる蒼井優、一生このシーンだけ見てられる………と思いました。

ハッピーっていうのは単純で明快な方がいい。感情とか五感とかそういうので、私は幸せなの!って言えればそれはもう幸せってことでしょ。

自分が無敵だったのっていつかなと思った。そんな時はなかった気がする。でも無敵な女の子のイメージは自分の中にある。ずっと。

何言ってるのかわかんないけど、そんな感じ。

鬱屈とした毎日なんか蹴っ飛ばして、煙みたいに軽やかにどこかへ。
これは誰向けの作品なのか?おっさん向けではなさそう。私には訳がわからなかった。目的不明の崩されまくった時系列で繰り返し吐き出される蒼井優のタバコの煙に巻かれ、ユラユラと夢か現か女子高生ギャング団が意味不明。夢の無いファンタジー?高畑充希がアホっぽい芝居やらされてる感あって痛々しい。何がスゲくてヤバイか知らんが、落書き犯達の語彙力なさ過ぎてウンザリ。演出も編集もなんだか酷く古臭いモノを観せられた感じでアホらしかった。
ユ

ユの感想・評価

4.0
女の子は強いという事をひたすらに感じました。女の子恰好いい
こにい

こにいの感想・評価

3.6
さいごまで集中してみれたこと、わたしにはハッピーエンドにおもえたこと、なによりも蒼井優がたくさんみれて良かった

菊池亜希子も、アイス落としちゃう加瀬亮も、私得🍨
石崎ひゅーいの背中もよかった😴

思い描くものと現実の狭間とか、
期待していないと思っていてもほんとうはしちゃってて、それを裏切られたときとか、消えて生きるのもひとつの手なんだねぇ 逃げるのも吉!💨
ちな

ちなの感想・評価

3.5
田舎者感がうまく表現されてる

このレビューはネタバレを含みます

「優雅な生活は最高の復讐である。」
「だってそうでなきゃ、割に合わないでしょ。」

時系列めちゃくちゃにされていてよくわからなかった...
いや、全体的によくわからない。何を伝えたいのかもよく分からなかった。
1時間40分でも長く感じた。

”地元”の閉そく感とかどうしようもなさとか、結構リアルに描かれていた気がする。私は大学まで通わせてもらって恵まれているけど、これがリアルというか、最近切実に感じるし、考えること。
アズミハルコの職場、THE日本企業の最悪な風潮詰め込みましたというか、私の昔のバイト先もあんな感じだったなあ。最低。二度とあんな環境で働きたくない。
曽我とユキオ、どちらも女性をヤるヤらないの目線でしか見ていなくて、これが現実か~~~と思ってしまった。こういう扱い実際にされたら本当に死にたくなると思う。
ハルコの上司たちも父親もこの2人も、全員最低で気持ち悪い。
JKの描写はどうなんだろう~、JKあんなにバカじゃないと思う、地元の子たちは知らんけど。あとピンクを全員に入れるコンセプト?かわからないけど、実際の流行には全くそぐわないように感じた。

蒼井優、太賀、めちゃくちゃよかった~!葉山奨之くんも出てたのね。
蒼井優、百万円と苦虫女がかなり好きだけど、やっぱり独特の味があるなあ。地元の小さな企業で一般職として働く女の子。メンヘラ気味。
太賀、えろい…妙な色っぽさがある。映画に似合う生々しさというか、へんに主人公オーラの強すぎないところというか、いいなあ~。太賀、最近すごく好きだなあ。
アイナのうざさ笑 あれほどではない(と思っている)けど、何となく他人に縋りたくなる気持ち、わかってしまったから気を付けないといけないと思った。自分を守るのも戦うことができるのも、自分しかいない。
加瀬亮ちゃまかわいい。

曽我・ハルコ、アイナ・ユキオのセックスが対照的に描かれていたけど、中身というかやっていることは変わらないんだよな~
性行為のことではなくて、私は何でもうるさいとか派手とか嫌ってしまって、生活の感じも曽我・ハルコのほうを好くようなタイプだけど、本質的には変わらない。
みずみずしかった幼馴染の関係がセフレになり、最終的に不倫女に取られてしまうという、切なさ…

何度も出てくるハルコがタバコをふかすシーン、意味深に見せかけて何もないっていうことだったのね。笑
最後突然アニメ映画のシーンになったり、JKたちの指鉄砲で警官たちがやられたり、正しい時系列とか、アズミハルコとアイナとか、本当によく分からない。というかそもそもJKのリンチで何を見せたかったのか…
昼顔とか男子高校生の日常の監督かあ〜あんまり好きじゃないな。笑

子どもを抱えたラストのアズミハルコかわいかったな。
アズミハルコがどこに消えていたのかとか、そっちの方が知りたかったわ~と思ってしまう。

洋画→邦画→洋画の順番で最近は見るようにしているけれど、邦画もなじみの風景や日常が切り取られたように感じられて息抜きではないけどいいかもしれない。
Dスケ

Dスケの感想・評価

3.4
ついつい見てしまった。

蒼井優の演技力て
恐ろしいよね。笑

あの、不安定な演技力。
殺される?それとも殺す?
わからないヒヤヒヤを感じました。

あの、ゆるーいオーラとのギャップが
繊細で好きです!
九太

九太の感想・評価

-
特に良いところがない同級生のことをずっと好きって設定が全く共感できない。
蒼井優と高畑充希の演技で最後まで見れるけど、会社の嫌なおっさんやボケたばあちゃんとか女子高生ギャングの描写がいまいちで消化不良。
フェミニズムの映画なのに女性をバカにしすぎ。
mari

mariの感想・評価

3.5
優雅な生活が最高の復讐である。
女、負けてらんないと思った。ある意味すごく現実的な作品。
高畑充希の演技、初めて良いと思った。頭の弱いギャルがハマってた。
>|