ジャック・リーチャー NEVER GO BACKの作品情報・感想・評価

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK2016年製作の映画)

Jack Reacher: Never Go Back

上映日:2016年11月11日

製作国:

上映時間:118分

3.4

あらすじ

ケンカが発生したと通報がはいり、保安官が現場まで駆けつける。そこには何人もの男たちが倒れていた… これは男がたった1人でやったことらしい。その男の名は"ジャック・リーチャー"。手錠をかけられ、連行されそうになるリーチャーは、突然「90秒以内に2つのことが起きる」と予言をし始める。「まず 電話が鳴る」「次にこの手錠はあんたの手に」。鼻で笑う保安官だったが、結局リーチャーの予言通りとなる…。リーチャ…

ケンカが発生したと通報がはいり、保安官が現場まで駆けつける。そこには何人もの男たちが倒れていた… これは男がたった1人でやったことらしい。その男の名は"ジャック・リーチャー"。手錠をかけられ、連行されそうになるリーチャーは、突然「90秒以内に2つのことが起きる」と予言をし始める。「まず 電話が鳴る」「次にこの手錠はあんたの手に」。鼻で笑う保安官だったが、結局リーチャーの予言通りとなる…。リーチャーは古巣である軍に立ち寄る為、現在の指揮官であるターナー少佐を尋ねて訪れるも、当の本人はスパイ容疑で逮捕されたと聞かされる。ターナー少佐ははめられたのだと感じたリーチャーは、彼女を助ける為動き始めるが、そこにはリーチャーを追う謎の影が…。しかし、軍で培った能力で次々に敵を倒していき、ターナー少佐を牢獄から脱出させることに成功。何かの陰謀が絡んでいる可能性があると踏んだ二人は、真相解明に乗り出す…!

「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」に投稿された感想・評価

むせる

むせるの感想・評価

3.7
前作、アウトローとは違いリーチャーの内面を見せてくれる内容だった。
絶対的なリーチャーの力を表現するシーンは少なめだったが、よりドラマ性が高まっていたように感じた。

ド派手なアクションはないけれど1つ1つの動作が洗練されていて、淡々と動作をこなすトムがクール。
ジョン・ウィックといい、こういう主人公大好き!
wearereds

weareredsの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

意外と作り込まれててアクションもあって面白かったけど、最終的に本当に子供だったのか気になる。「尾行されるの好きじゃない」はもう親子だと思ったんだけど、母親とジャックは面識なし?軍に個人名だしてお金請求したのに?

キャラでは、ジャックリーチャーは、今までのトムクルーズよりは、人付き合いが不器用なキャラだったけど良い感じに演じてたし、サマンサも感情表現が多彩で最後ガッツリハート奪われました。スーザンもかなりの身体能力が高くてカッコ良かった。

個人的にはロバート・ネッパー将軍にスーザンがヅラ指摘したとこが最高。
Yu

Yuの感想・評価

-
ジャックリーチャーには目的がある。だから相手をいたぶらない。確実に人体を破壊していく。でも娘を人質に取られたとき、顔が完全にイーサン・ハントになる。「俺の目を見ろ。」奥さんが人質に取られたときも言ってたよなぁ!
あとズラ将軍ティーバッグじゃん子猫ちゃーん あの面で悪いことしてないわけねぇよなぁ!
本当の娘じゃなかったことがストーリーに必要だったか疑問
予告編で冒頭の格好良いシーンを先に見てしまったのが残念、しかしこの手の映画をトム・クルーズがやると、ミッション:インポッシブルに見えなくもない

終盤でのアクションシーンがかなり楽しめたのと、女の子が可愛かった
2作目も見たことあったw
ツタヤでまだ見てないと思って借りてあれっみたぞ〜ってなって

二回目見るハメになりました
ところどころ展開の停滞はあってもよいラスト。しかし、シリーズ二作目で娘という設定はやはり早すぎ説
うめ

うめの感想・評価

3.0
微妙やった…内容もアクションも。
あご

あごの感想・評価

4.4
アウトローの続編?ですね
無口なトムクルーズもイケメンです……
>|