ジャック・リーチャー NEVER GO BACKの作品情報・感想・評価

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK2016年製作の映画)

Jack Reacher: Never Go Back

上映日:2016年11月11日

製作国:

上映時間:118分

3.4

あらすじ

ケンカが発生したと通報がはいり、保安官が現場まで駆けつける。そこには何人もの男たちが倒れていた… これは男がたった1人でやったことらしい。その男の名は"ジャック・リーチャー"。手錠をかけられ、連行されそうになるリーチャーは、突然「90秒以内に2つのことが起きる」と予言をし始める。「まず 電話が鳴る」「次にこの手錠はあんたの手に」。鼻で笑う保安官だったが、結局リーチャーの予言通りとなる…。リーチャ…

ケンカが発生したと通報がはいり、保安官が現場まで駆けつける。そこには何人もの男たちが倒れていた… これは男がたった1人でやったことらしい。その男の名は"ジャック・リーチャー"。手錠をかけられ、連行されそうになるリーチャーは、突然「90秒以内に2つのことが起きる」と予言をし始める。「まず 電話が鳴る」「次にこの手錠はあんたの手に」。鼻で笑う保安官だったが、結局リーチャーの予言通りとなる…。リーチャーは古巣である軍に立ち寄る為、現在の指揮官であるターナー少佐を尋ねて訪れるも、当の本人はスパイ容疑で逮捕されたと聞かされる。ターナー少佐ははめられたのだと感じたリーチャーは、彼女を助ける為動き始めるが、そこにはリーチャーを追う謎の影が…。しかし、軍で培った能力で次々に敵を倒していき、ターナー少佐を牢獄から脱出させることに成功。何かの陰謀が絡んでいる可能性があると踏んだ二人は、真相解明に乗り出す…!

「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」に投稿された感想・評価

むせる

むせるの感想・評価

3.7
前作、アウトローとは違いリーチャーの内面を見せてくれる内容だった。
絶対的なリーチャーの力を表現するシーンは少なめだったが、よりドラマ性が高まっていたように感じた。

ド派手なアクションはないけれど1つ1つの動作が洗練されていて、淡々と動作をこなすトムがクール。
ジョン・ウィックといい、こういう主人公大好き!
hase3001

hase3001の感想・評価

1.5
トム・クルーズにしては、
内容が薄い作品になってしまった
印象ですね。

登場シーンのイメージと、
本篇のイメージが、あまりに
違う感じでした。

終始、娘への愛情が、弱点と
なって、最後は、アッサリ問題を
解決してしまう。

んー、やはりMIシリーズの
方がいいかな。

役的にかぶってる感じもするし。

期待はずれだったな。
もかお

もかおの感想・評価

3.5
前作よりよかった。
ロマンスについてかなり消化不良。
アクションかっこいいー
Mimi

Mimiの感想・評価

4.0
フラッと見始めたけどひさびさにおもしろくて、結構手に汗握るアクション映画だった。笑いあり、ちょっぴりホロっと来てトムの映画は目まぐるしく展開が変わるのが特徴だろうけど、いろいろトリビュートしてる感じもあって良かった!
普通だなー。派手さはない。
孤高のと言いつつ、今回は相棒がずっといるし。
ミッション インポッシブルの反動なんだろうか…
Tak

Takの感想・評価

3.5
ターナー(コビー・スマルダーズ)男前‼︎

上半身脱いだ時。
携帯を見る際の腕の伸ばし具合。
トム・クルーズの老いを感じてしまった。

前作が好きかな。
地味目と噂のシリーズだが、それはきっと現実味のあるアクションよりのサスペンスだからでしょう。

#黙秘権理解のイエスだ
#あの手ならとっくに殺されてた
>|