ジャック・リーチャー NEVER GO BACKの作品情報・感想・評価

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK2016年製作の映画)

Jack Reacher: Never Go Back

上映日:2016年11月11日

製作国:

上映時間:118分

3.4

あらすじ

ケンカが発生したと通報がはいり、保安官が現場まで駆けつける。そこには何人もの男たちが倒れていた… これは男がたった1人でやったことらしい。その男の名は"ジャック・リーチャー"。手錠をかけられ、連行されそうになるリーチャーは、突然「90秒以内に2つのことが起きる」と予言をし始める。「まず 電話が鳴る」「次にこの手錠はあんたの手に」。鼻で笑う保安官だったが、結局リーチャーの予言通りとなる…。リーチャ…

ケンカが発生したと通報がはいり、保安官が現場まで駆けつける。そこには何人もの男たちが倒れていた… これは男がたった1人でやったことらしい。その男の名は"ジャック・リーチャー"。手錠をかけられ、連行されそうになるリーチャーは、突然「90秒以内に2つのことが起きる」と予言をし始める。「まず 電話が鳴る」「次にこの手錠はあんたの手に」。鼻で笑う保安官だったが、結局リーチャーの予言通りとなる…。リーチャーは古巣である軍に立ち寄る為、現在の指揮官であるターナー少佐を尋ねて訪れるも、当の本人はスパイ容疑で逮捕されたと聞かされる。ターナー少佐ははめられたのだと感じたリーチャーは、彼女を助ける為動き始めるが、そこにはリーチャーを追う謎の影が…。しかし、軍で培った能力で次々に敵を倒していき、ターナー少佐を牢獄から脱出させることに成功。何かの陰謀が絡んでいる可能性があると踏んだ二人は、真相解明に乗り出す…!

「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」に投稿された感想・評価

前作を見直してから
見るという
行儀の良さ

それだけ
気に入ってる
ということか

男女+1のバディ物
ロードムービーになってる

のっけの予言から
鷲掴みにされる

3/4ぐらいで
愛情表現で
ボヨヨーンとするが
結末への箸休めか

最後
憎ったらしすぎの娘っこが
可愛くて仕方なく見えたのは
流石

やはり
トムの
真っ白な歯を
一度も見られなかった気がする
つまり
そんな作品なのかな
takazo91

takazo91の感想・評価

3.8
最後まで目が離せない
KENTAROH

KENTAROHの感想・評価

3.0
可もなく不可もなし。
前作もそれほど記憶に残ったわけでもないので普通のアクションとして純粋に楽しめた。
masayama

masayamaの感想・評価

3.2
序盤から飛ばし過ぎて
途中まであまり意味分からなく。

雑に言うと、不正を暴くために立ちはだかる強いヤツをボコボコにしたり、
ボコボコにされたり、
そういう話。
トムクルーズ強いって話。

クライム感は嫌いじゃなかったけど、
グッとはこなんだわ。
なきん

なきんの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

トムさんが娘かわからない子を助ける映画

敵のボスはティーバッグ
少佐が逮捕されるが逃げる
アウトローを見ていないのでリーチャー自体の比較はできないけど、ターナー少佐のかっこよさが際立ったアクションあり、人情ありのなんだか良いトムさんを見たって感じ。サムが父と母を確認しラストに至る流れが良かった
安定のトムクルーズ!ためなんだよなあ
TheListof

TheListofの感想・評価

3.2
戻ってきた『アウトロー』。女少佐と娘を守るよってお話。

どしてあんなに少佐に肩入れしてたんだろ?あそこまで一生懸命になる理由がいまいちわからん。結局娘も何だったんだ。最後はおっさんと何の血の繋がりもないただの女の子の抱擁?ストーリーがちょっと…って感じでした。護身術の伏線回収は案の定って感じ。

とにかくトムが年取っていたのが悲しかった。若作りした体も整形か何かわからんけど浮腫んだ顔も見てて痛々しかった。年取ってこそ輝く部分もあるのに変に抗わないで欲しい…なんて謎の上から目線(笑)

とにかくみんな一生懸命走る!そんな映画。
Shunta

Shuntaの感想・評価

3.0
なんか見覚えあるなあ…前にこの映画見たっけな…
と思いながら見てたら、「アウトロー」の続編だったんだ…気づかなかった笑

免罪&娘説問題と戦う映画。

トムクルーズ無双系の映画かな、と思いきや、そこまで無双って感じじゃなかった。むしろ悪役の方が渋くてカッコ良い
>|