ジャック・リーチャー NEVER GO BACKの作品情報・感想・評価

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK2016年製作の映画)

Jack Reacher: Never Go Back

上映日:2016年11月11日

製作国:

上映時間:118分

3.4

あらすじ

ケンカが発生したと通報がはいり、保安官が現場まで駆けつける。そこには何人もの男たちが倒れていた… これは男がたった1人でやったことらしい。その男の名は"ジャック・リーチャー"。手錠をかけられ、連行されそうになるリーチャーは、突然「90秒以内に2つのことが起きる」と予言をし始める。「まず 電話が鳴る」「次にこの手錠はあんたの手に」。鼻で笑う保安官だったが、結局リーチャーの予言通りとなる…。リーチャ…

ケンカが発生したと通報がはいり、保安官が現場まで駆けつける。そこには何人もの男たちが倒れていた… これは男がたった1人でやったことらしい。その男の名は"ジャック・リーチャー"。手錠をかけられ、連行されそうになるリーチャーは、突然「90秒以内に2つのことが起きる」と予言をし始める。「まず 電話が鳴る」「次にこの手錠はあんたの手に」。鼻で笑う保安官だったが、結局リーチャーの予言通りとなる…。リーチャーは古巣である軍に立ち寄る為、現在の指揮官であるターナー少佐を尋ねて訪れるも、当の本人はスパイ容疑で逮捕されたと聞かされる。ターナー少佐ははめられたのだと感じたリーチャーは、彼女を助ける為動き始めるが、そこにはリーチャーを追う謎の影が…。しかし、軍で培った能力で次々に敵を倒していき、ターナー少佐を牢獄から脱出させることに成功。何かの陰謀が絡んでいる可能性があると踏んだ二人は、真相解明に乗り出す…!

「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」に投稿された感想・評価

前作を見直してから
見るという
行儀の良さ

それだけ
気に入ってる
ということか

男女+1のバディ物
ロードムービーになってる

のっけの予言から
鷲掴みにされる

3/4ぐらいで
愛情表現で
ボヨヨーンとするが
結末への箸休めか

最後
憎ったらしすぎの娘っこが
可愛くて仕方なく見えたのは
流石

やはり
トムの
真っ白な歯を
一度も見られなかった気がする
つまり
そんな作品なのかな
ayano

ayanoの感想・評価

3.9
私は前作より好きだが、家族愛に寄りすぎている感じは否めない。前作よりアクションは増えている感じがしたが、前半はやや説明気味、中盤から後半にかけてもそこまで盛り上がりはない...そこそこ面白いけど何回もは見ないかなという印象。
面白かったけど前作の方が面白かったかな
なぐ

なぐの感想・評価

3.5
MIシリーズのが好き。
ストーリーはありがちだけど、よくまとめてあり、見入ってしまった!
最後のシーンは凄く良かった。
前作で「アウトロー」なんて邦題を付けてしまったから、ややこしいけれどその続編。トム クルーズが出演しているだけである程度満足してしまう自分。それでも第1作目は自分に合わなかった。でも世間では大ヒットしたらしい。その続編は...前作よりも合わなかったかも...。トム クルーズが出ていなかったらB級サスペンスアクション程度の出来上がりだったのでは?笑いも謎解きもアクションも「そこそこ」の出来なんですよ、これが。
ボブ

ボブの感想・評価

3.5
2017/4/16鑑賞。元同僚のターナー少佐を食事に誘い、会いに行くジャック。しかしターナーはスパイ容疑で逮捕されており、何かの陰謀を感じ取る。弁護士のモアクロフト大佐を訪ねると、ターナーは面会を拒絶しており、更に自分に娘がいて母親から親権訴訟を起こされていると知り…という話。前作の「マイルールのみに従う寡黙な変人コマンドー」というジャック・リーチャー像が全然継承出来ていなくてガッカリです。謎解き要素も薄れ、これじゃその辺の普通のアクション映画。実は娘が…とか4作目5作目あたりのネタじゃないですかね… 70点。
khiroyuki

khiroyukiの感想・評価

3.8
トム・クルーズは強い。
>|