ジャック・リーチャー NEVER GO BACKの作品情報・感想・評価

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK2016年製作の映画)

Jack Reacher: Never Go Back

上映日:2016年11月11日

製作国:

上映時間:118分

3.4

あらすじ

ケンカが発生したと通報がはいり、保安官が現場まで駆けつける。そこには何人もの男たちが倒れていた… これは男がたった1人でやったことらしい。その男の名は"ジャック・リーチャー"。手錠をかけられ、連行されそうになるリーチャーは、突然「90秒以内に2つのことが起きる」と予言をし始める。「まず 電話が鳴る」「次にこの手錠はあんたの手に」。鼻で笑う保安官だったが、結局リーチャーの予言通りとなる…。リーチャ…

ケンカが発生したと通報がはいり、保安官が現場まで駆けつける。そこには何人もの男たちが倒れていた… これは男がたった1人でやったことらしい。その男の名は"ジャック・リーチャー"。手錠をかけられ、連行されそうになるリーチャーは、突然「90秒以内に2つのことが起きる」と予言をし始める。「まず 電話が鳴る」「次にこの手錠はあんたの手に」。鼻で笑う保安官だったが、結局リーチャーの予言通りとなる…。リーチャーは古巣である軍に立ち寄る為、現在の指揮官であるターナー少佐を尋ねて訪れるも、当の本人はスパイ容疑で逮捕されたと聞かされる。ターナー少佐ははめられたのだと感じたリーチャーは、彼女を助ける為動き始めるが、そこにはリーチャーを追う謎の影が…。しかし、軍で培った能力で次々に敵を倒していき、ターナー少佐を牢獄から脱出させることに成功。何かの陰謀が絡んでいる可能性があると踏んだ二人は、真相解明に乗り出す…!

「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」に投稿された感想・評価

前作を見直してから
見るという
行儀の良さ

それだけ
気に入ってる
ということか

男女+1のバディ物
ロードムービーになってる

のっけの予言から
鷲掴みにされる

3/4ぐらいで
愛情表現で
ボヨヨーンとするが
結末への箸休めか

最後
憎ったらしすぎの娘っこが
可愛くて仕方なく見えたのは
流石

やはり
トムの
真っ白な歯を
一度も見られなかった気がする
つまり
そんな作品なのかな
candy

candyの感想・評価

3.8
記録


トム・クルーズ だね

チキンピタサンド みたいな感じ
yffilms

yffilmsの感想・評価

3.2
リーチャーがキャラ変してて少しがっかり。
前より良くないアクション。
あんた軍人の気の強い女が好きなのね
駁

駁の感想・評価

3.2
イイ!∑d(・ω・`)父親
2作連続鑑賞。
前作のがよかったな。アウトロー感あんまり出せてないw笑
トムクルーズの身体はってる感はいいね(^^)
てとと

てととの感想・評価

3.4
ジャックと可愛くない娘との最後の別れのシーンが最高。
3年前に前作の「アウトロー」を観ているのだが、まぁまぁ良かったかな、という印象の割には話が全然思い出せない。主演がトム・クルーズという事もあり、「ミッション:インポッシブル」シリーズを彷彿とさせるが、それに負けないくらいのアクション・シーンでなかなか見応えがあったと思う。トム・クルーズの顔がやや腫れぼったくて、あえて爽やかさを消しているところも良い。

全編を通して硬派な一匹狼の役とあって、コビー・スマルダーズ演じる少佐とは恋愛関係になる気配がほとんど無いところも徹底してて良いと思う(笑)。淡々とボコボコに相手を倒していくが、自分の娘かもしれない女の子を守るような人間味ある一面も見せる。とにかく展開がスピーディでアッという間に観終わった感じ。続編に期待したい(あるかわからないけど....)
>|