ジャック・リーチャー NEVER GO BACKの作品情報・感想・評価

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK2016年製作の映画)

Jack Reacher: Never Go Back

上映日:2016年11月11日

製作国:

上映時間:118分

3.4

あらすじ

ケンカが発生したと通報がはいり、保安官が現場まで駆けつける。そこには何人もの男たちが倒れていた… これは男がたった1人でやったことらしい。その男の名は"ジャック・リーチャー"。手錠をかけられ、連行されそうになるリーチャーは、突然「90秒以内に2つのことが起きる」と予言をし始める。「まず 電話が鳴る」「次にこの手錠はあんたの手に」。鼻で笑う保安官だったが、結局リーチャーの予言通りとなる…。リーチャ…

ケンカが発生したと通報がはいり、保安官が現場まで駆けつける。そこには何人もの男たちが倒れていた… これは男がたった1人でやったことらしい。その男の名は"ジャック・リーチャー"。手錠をかけられ、連行されそうになるリーチャーは、突然「90秒以内に2つのことが起きる」と予言をし始める。「まず 電話が鳴る」「次にこの手錠はあんたの手に」。鼻で笑う保安官だったが、結局リーチャーの予言通りとなる…。リーチャーは古巣である軍に立ち寄る為、現在の指揮官であるターナー少佐を尋ねて訪れるも、当の本人はスパイ容疑で逮捕されたと聞かされる。ターナー少佐ははめられたのだと感じたリーチャーは、彼女を助ける為動き始めるが、そこにはリーチャーを追う謎の影が…。しかし、軍で培った能力で次々に敵を倒していき、ターナー少佐を牢獄から脱出させることに成功。何かの陰謀が絡んでいる可能性があると踏んだ二人は、真相解明に乗り出す…!

「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」に投稿された感想・評価

前作を見直してから
見るという
行儀の良さ

それだけ
気に入ってる
ということか

男女+1のバディ物
ロードムービーになってる

のっけの予言から
鷲掴みにされる

3/4ぐらいで
愛情表現で
ボヨヨーンとするが
結末への箸休めか

最後
憎ったらしすぎの娘っこが
可愛くて仕方なく見えたのは
流石

やはり
トムの
真っ白な歯を
一度も見られなかった気がする
つまり
そんな作品なのかな
カナ

カナの感想・評価

3.6
王道 アクション映画です
かっこいいトムクルーズが見れます!

アウトローの続編という事ですが、アウトローに引き続き、非常にストイックな映画です

リーチャーはもちろんですが女性のターナーもカッコいい!

ストーリーはほんとに王道、アクション映画マスターはすこし退屈かもしれませんが私はなかなか楽しめました。

多分もう1回2回くらいは暇な時に見ると思います笑
ika621

ika621の感想・評価

3.0
前作と比べて一匹狼スタイルではなくなっているけど、それがまた人間味を醸し出している気がします。
アクションは観ていて気持ちがいい。ストーリーもよく練られているけど、正直オチはイマイチと感じました。
続編はあるのかな?
良作
オチはあれっとなったが話自体はそこそこかな
他人さえ"干渉"してこなければ、『人は自分が思い描いた通りに生きられる』訳です。


しかし『他人が存在する』以上、『周囲に振り回されながら生きる』ことは避けられません。


前作のリーチャーは、自分の生き方に対して深く干渉してくる者はおらず、『ゆきずりの相棒(R・デュヴァル)と使命を遂行』していました。


それが『突如として浮上した娘の存在』により、本作のリーチャーは『不器用に他者との繋がり』を持たざるを得なくなります。


『一匹狼のリーチャー』も格好良いですが、『子連れ狼のリーチャー』も悪くないです。

このレビューはネタバレを含みます

まさかの終わり方!娘でもなければキスさえなしで終わる(笑)
ちょっと楽しかった
kou

kouの感想・評価

-
娘との合図がかっちょいい
rolice

roliceの感想・評価

3.6
しっかり脚本が練られていて
アクションももちろん
非常に良くできた作品でした。
ジャックリーチャーの推理や、
物語の内容を推測していくのが面白かった!
アクションシーンも迫力があってよかった!
>|