blacknessfall

キングスマン:ゴールデン・サークルのblacknessfallのレビュー・感想・評価

4.0
良いとこも悪いとこもしっかり前作を踏襲してたので満足だった。

良かったとこ。しっかりロジャー・ムーア期の007の明るくノーテンキなスパイ映画になってた。悪役の壮大だけどマヌケな野望とか適度なお色気等々。
それと前作ほどではないけど、大企業や権力者の利己主義や冷酷さに対するファック・ユーな姿勢、批判があった。
ニュースでジュリアン・ムーアの分析するシーンで「こーゆー人間はサイコパスか大企業の経営者に多い」的なことさりげなく言わせてるとこが粋だった笑
スパイ・グッツもアメリカンなものもあり多彩で楽しめた。

悪かったとこ。相変わらず死や暴力の扱いがやけに軽い、、ポップにしたりサクッとグロく死ぬことでブラック・ユーモアにしてんだろうけどやりすぎ感が勝ってイマイチ笑えなかった。

トータルに見てこのシリーズ好きだな。次も観るよ。ロジャー・ムーア期のボンドが感じられるから笑
次はムーン・レイカー越えの壮大なノーテンキ系スパイ映画の傑作になることを期待する😀

あとカントリー・ロードの使い方よかったな。耳をすませばよりうまかったよ笑