キングスマン:ゴールデン・サークルの作品情報・感想・評価

キングスマン:ゴールデン・サークル2017年製作の映画)

Kingsman: The Golden Circle

上映日:2018年01月05日

製作国:

上映時間:140分

ジャンル:

4.0

あらすじ

スパイ機関“キングスマン”の拠点が、謎の敵、ゴールデン・サークルの攻撃により壊滅。残されたのは、前作で一流のエージェントに成長した主人公エグジー(タロン・エガートン)と、教官兼メカ担当のマーリン(マーク・ストロング)のみとなってしまう。敵を追い、同盟を結ぶスパイ機関“ステイツマン”の協力を得るためアメリカに向かう二人。しかし、表ではバーボン・ウイスキーの蒸留所と最高級のバーボンを提供する店を経営…

スパイ機関“キングスマン”の拠点が、謎の敵、ゴールデン・サークルの攻撃により壊滅。残されたのは、前作で一流のエージェントに成長した主人公エグジー(タロン・エガートン)と、教官兼メカ担当のマーリン(マーク・ストロング)のみとなってしまう。敵を追い、同盟を結ぶスパイ機関“ステイツマン”の協力を得るためアメリカに向かう二人。しかし、表ではバーボン・ウイスキーの蒸留所と最高級のバーボンを提供する店を経営しているステイツマンは、英国文化に強い影響を受けたキングスマンと対照的に、コテコテにアメリカンなチームだった!彼らは文化の違いを乗り越えて、ゴールデン・サークルが企む陰謀を阻止することができるのか!?

「キングスマン:ゴールデン・サークル」に投稿された感想・評価

yosumi

yosumiの感想・評価

3.0
アクションは前回よりパワーアップしてますが。何か冗長さが…家で2日に割って見たい感じ
決して嫌いではないんですけども…
千広

千広の感想・評価

4.0
勢いのあるアクションが最高!!

英国紳士の様なスーツを着たくなる映画。そして何より、観ててストレス発散になる爽快なスパイ映画!!!
一作目にハマって忘れないうちに観た!!

この王女さまはあんな事する王女さまやねんなぁ〜

と、一作目のラストをずーっと引きずってたおれには結構二人の絡みは楽しめました(笑)

あんなお下品なエルトンジョンに出会えて世代の人はお宝もの!!楽しいなぁー今回も!
と思ってたんです。が…

ステイツメンにハマれなかった!
コレは痛かった(>人<;)
死んでく仲間もいつかどこかで生きて登場すると
ずーっとドキドキしてた
カントリーロードもなんかの前振りやんな??
と笑いを期待して…
泣きそびれた(u_u)

スパイモノって前作を超えるシーンが多いんですが、キングスマンは同じようなレベルかな?
いや、面白いんやけどねww
一作目良かった分自分勝手にハードル上げてしもたかな

冒頭のカーチェイスにプリンスが流れた時には期待マックスやっただけによけいかな?

エルトンジョンもセリフだけで歌って欲しい歌は歌ってくれなかった(笑)

けれども!!!
また次回観ますよ!
今度は劇場で!!!
87

87の感想・評価

4.1
1に引き続き2も痛快で面白かった。
ハズレなし感。
평범한 액션물이 되어버렸다.
上質のアクションエンターテイメント映画。

エルトン・ジョンの扱い方が良い。
rintarock

rintarockの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ハリーの「いい人生を選択した男の顔だ」て言葉が良かった
Angie

Angieの感想・評価

-

弾けるポップと対比構造が繰り出すストーリー。

いきなりLet’s Go Crazyで幕開けというところからマシューヴォーンらしい。早回しのカーチェイスとアクション、プリンスの声に乗りながら、映像と音楽が奇妙なコラボレーションを果たす。
その後もポップ・ミュージックの色は絶えず、やはりマシューヴォーンはポップの伝道師だ。

アクションシーンも大変調子がいい。このカメラワーク。スローにするデパルマカットもお忘れなく。見ていて爽快、これがエンターテイメント。

ラストのSaturday Night’s Alright for Fightingのメロディに乗せながら、エグシーとハリーが攻撃していくシーン。ここも今までの作品に共通するような疾走感が感じられる。思わずにやけてしまうほど、「ああ好きだ」と体全身にマシューヴォーンを感じてしまう。

その中で今作品が変わっていたのが、”Take me Home , Country Home”の存在だ。オープニングでファンファーレのようになるその調べを耳に残しながら、のちに私たちはその曲が重大な役割をしていることに気づく。マーリンの大胆な死のシーンに、流すのではなく「キャラクターに歌わせる」という新しい手法を取り、この曲を印象的に流した。
この曲を映画視聴後に改めて聞いてみると、血なまぐさい印象を感じてしまう。これはタランティーノの”パルプフィクション”を見た後、”ミザリー”を聞いた時の感情に近い。または、「時計仕掛けのオレンジ」を見た後の第九の印象か。

ストーリー的な話をすると。
第1作ほどクレイジーではなかったと思うが、今作品も悪役がきわどい。ジュリアンムーアの冷酷な演技はため息が出るほど似合っている。
そして強調しすぎるほどのアメリカンオールディーズ。にんまり。

構造的に言及すると、
麻薬、非合法、ジャングルの奥地。
対照的な、酒、合法、ケンタッキーの広大な土地。
そして介入してしまった、イギリスの高級テイラー、キングスマン。
いろんな対比するような存在がお互いに交錯試合ながら、不思議な調和を生み出す。
ステイツマンの存在は、(名探偵コナンか?と思うのはいいのいいの。)ある意味キングスマン(イギリス)との対比を感じさせながらも、莫大な金と権力で動く、そして正義感が強いところなんかも、共通点も見いだせる。

今作品のテーマになっていたのは、「大切なものを守る」というありがちなものだったのかもしれない。ハリーのセリフがほろっとさせる。
何か守るべきものがあるから、世界を救う。
描き方に注力しすぎて、物語にはびこるテーマを忘れかけていた気がする。

何と言っても、ティルダ王女が不完全に可愛いところがいい。美しすぎず、いい感じに可愛くない。うん。これがいい。
あつみ

あつみの感想・評価

3.0
当分ひき肉食べられない
>|