キングスマン:ゴールデン・サークルの作品情報・感想・評価

キングスマン:ゴールデン・サークル2017年製作の映画)

Kingsman: The Golden Circle

上映日:2018年01月05日

製作国:

上映時間:140分

ジャンル:

4.0

あらすじ

スパイ機関“キングスマン”の拠点が、謎の敵、ゴールデン・サークルの攻撃により壊滅。残されたのは、前作で一流のエージェントに成長した主人公エグジー(タロン・エガートン)と、教官兼メカ担当のマーリン(マーク・ストロング)のみとなってしまう。敵を追い、同盟を結ぶスパイ機関“ステイツマン”の協力を得るためアメリカに向かう二人。しかし、表ではバーボン・ウイスキーの蒸留所と最高級のバーボンを提供する店を経営…

スパイ機関“キングスマン”の拠点が、謎の敵、ゴールデン・サークルの攻撃により壊滅。残されたのは、前作で一流のエージェントに成長した主人公エグジー(タロン・エガートン)と、教官兼メカ担当のマーリン(マーク・ストロング)のみとなってしまう。敵を追い、同盟を結ぶスパイ機関“ステイツマン”の協力を得るためアメリカに向かう二人。しかし、表ではバーボン・ウイスキーの蒸留所と最高級のバーボンを提供する店を経営しているステイツマンは、英国文化に強い影響を受けたキングスマンと対照的に、コテコテにアメリカンなチームだった!彼らは文化の違いを乗り越えて、ゴールデン・サークルが企む陰謀を阻止することができるのか!?

「キングスマン:ゴールデン・サークル」に投稿された感想・評価

前作からスケールアップしたが、トーンダウンもした。面白かったけれど、そんな印象を受けた。

マシュー・ヴォーンは、勇敢な作り手だと思う。どの辺りにそれを感じるかというと、まず容赦がない。これは描写がグロいとかでなくて(グロいけど)、物語を進める上で「逃げ」を作らないということだ。

例えば、主要人物をあっさり殺す。前作のハリーがいい例だろう。物語を展開させるためなら、大ナタを振るう人だ。

次に、キャラの描き方。決してヒロイックな人間にせず、どこか冷徹な視点を持って描いている。本作でエグジーがある決断をするシーンもそう。普通の映画なら、あれは描かない。お客さんが引いたとしても、それをちゃんとやる人だ。

作り手というのは、特にビッグバジェットの映画というのは、常に続編を意識して作るものだと思う。そのために、少し逃げを用意しておくものだ。でも、ヴォーン監督は前作でそれをやらなかった。ハリーは死ぬし、キングスマンは壊滅状態、そこまでやらなくても……という感じで多数のキャラクターが退場した。勿論、この容赦のなさが反響を呼んだ理由の1つだとも言える。

だからある意味、1つの作品でやりきってしまう分、続編が苦手な人なのかもしれないと思う。そういうわけで、「キングスマン」がシリーズ化するというのには不安を覚えていた。

本作は、そんな不安をはねのけてくれる部分も沢山あった。「おおっこう繋げてくるか」「彼は持ち味を失っていない」、そう思わせてくれるところも多かった。

良いところをいうと、まず、前作のカラーはしっかりと受け継がれている。
キレキレアクション、ポップでキッチュな世界観、グロとエロを混ぜたハイテンションな筋運び、ガジェットに衣装……さらにキャラクターもより踏み込んで描いていて、特にマーリンの出番が増えたことに歓喜したファンも多かったのではないだろうか。ファンへの目配せというか、やったら喜ぶであろうことをしっかり盛り込んでいた。

気になったのは、新キャラ等々について。そして、ストーリーについてだ。
まず、ゴールデン・サークル、ステイツマン、そしてハリーの復活のくだりがどうにも歯切れが悪い。続編があるから頑張って用意しました感が抜けきれていないというか、乗っていない感じがあるのだ。

ステイツマンのメンバーについても描ききれておらず、第3弾まで待ってね、という感じが透けて見えてきてしまう。ポピーも、もっと極悪な人間として描けたのではないだろうか。前作のヴァレンタイン&ガゼルのような強烈な印象が、本作ではあまり感じられなかった。
充分な舞台が用意されていても、捨て身で動けなくなったというか。攻めると守るを両方やった結果、機動力を削がれた印象だ。

やりすぎることがヴォーン監督の良さなのに、続編、さらに第3弾を見越したことで弾けきれなかった。作り手の迷いや苦悩が感じられた作品だった。続けるのって難しい。
cola

colaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

本当観てるとにやっとさせてくる
そこが好きなとこの1つすぎる
・親との会話
・さりげなフライパンclean hitのハリー
とか。
Manner makes manはきめてほしい笑

最初の入りで一気にのせてくる
あの可愛いくるまででカーチェイスするの!
物のセンス良い。
カメラのセンスも良い。

ちょっと途中嫌な回だったなぁ、。
こんな悲しいカントリーロードは初めて。
歌ったことあるとか思い入れがあるわけではないのにノスタルジック感じさせるこの曲はすごいと思う。
こ

この感想・評価

-
とにかくエルトンジョンの無駄遣いww 相変わらず話は単純だが音楽とアクションのテンポが好きだし今回はアメリカの良さが出ててよかったね
次回、英国チャニングに期待
s

sの感想・評価

-
やっぱりこのシリーズは面白い
アクションシ-ンの音楽が最高
エルトンジョンがいい味出してた
T

Tの感想・評価

3.0
劇場
きー

きーの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

1作目と同様にアガる!でもなんでマーリンやランスロットを死なせてしまったん……

人間をミンチにしてハンバーグにするとか、投げ縄で敵を真っ二つにするとか、ゴンドラがめちゃくちゃ回転するとか、とにかく突っ込まずにいられない箇所が多い!最終的にエルトン・ジョンが全部持ってちゃった気がするけど!

ドラックに対するアレルギーがある日本人にはイマイチピンとこないテーマだったかもしれないけど、考察とかみると納得出来た。
一作目がワクワクさせてくれた分、反動かもしれないけどあまり響かなかった。でも、キャラクターが魅力的。
個人的には1のほうが良かったけど、充分楽しめました!
王女様の彼女があまり上品な人に見えなくてそこだけ残念でしたが笑
りょう

りょうの感想・評価

4.3
前作よりも良かったと思う

前作よりもおふざけ要素が減ったからか
いい雰囲気が作れていた気がする

アクション中の音楽・カメラワークが前作に続き最高!!

おふざけとアクションが上手く混ざってる
映画だね
一風変わった映画が好きなら見るべき
>|