キングスマン:ゴールデン・サークルの作品情報・感想・評価

キングスマン:ゴールデン・サークル2017年製作の映画)

Kingsman: The Golden Circle

上映日:2018年01月05日

製作国:

上映時間:140分

ジャンル:

4.0

あらすじ

スパイ機関“キングスマン”の拠点が、謎の敵、ゴールデン・サークルの攻撃により壊滅。残されたのは、前作で一流のエージェントに成長した主人公エグジー(タロン・エガートン)と、教官兼メカ担当のマーリン(マーク・ストロング)のみとなってしまう。敵を追い、同盟を結ぶスパイ機関“ステイツマン”の協力を得るためアメリカに向かう二人。しかし、表ではバーボン・ウイスキーの蒸留所と最高級のバーボンを提供する店を経営…

スパイ機関“キングスマン”の拠点が、謎の敵、ゴールデン・サークルの攻撃により壊滅。残されたのは、前作で一流のエージェントに成長した主人公エグジー(タロン・エガートン)と、教官兼メカ担当のマーリン(マーク・ストロング)のみとなってしまう。敵を追い、同盟を結ぶスパイ機関“ステイツマン”の協力を得るためアメリカに向かう二人。しかし、表ではバーボン・ウイスキーの蒸留所と最高級のバーボンを提供する店を経営しているステイツマンは、英国文化に強い影響を受けたキングスマンと対照的に、コテコテにアメリカンなチームだった!彼らは文化の違いを乗り越えて、ゴールデン・サークルが企む陰謀を阻止することができるのか!?

「キングスマン:ゴールデン・サークル」に投稿された感想・評価

maverick

maverickの感想・評価

4.3
前作から観ている人には驚きの連続。前作でもそうだったように観る人を容赦なく裏切る仕掛けに溢れている。容赦ないといえばグロさにおいてもだ。ユーモラスさと18禁上等なグロさは海外だからこそ。日本人なら引くレベルでいっそ清々しい。紳士の映画だからお上品でしょと思う方は要注意だ。今回はアメリカのステイツマンが登場するが、ふんだんに活躍場所が盛り込まれていて、ステイツマンだけで映画が作れそうなほど。目茶苦茶カッコイイ。でもメインはキングスマン。それはしっかりしている。コリン・ファースが続投してくれたのは大きかった。それだけ本シリーズには意味のあるキャラクターとして存在感が圧倒的だ。007を意識した作りで今回も笑わせて楽しませてくれた。いっそ本作もシリーズとしてずっと続けていったら面白い。
たけ

たけの感想・評価

3.5
1作目のが好きだね
Rinaaaana

Rinaaaanaの感想・評価

3.7
まあまあ!
コリン・ファースの良さがあまり出なかった、、、
律子

律子の感想・評価

3.7
秘密組織系やっぱり面白いな。
アクションシーンが気持ちいいし、キングスマンたちかっこいい。

ミンチはやめてしかもジュリアンムーア。
じゅん

じゅんの感想・評価

3.5
マーリンはジョンデンバーとジンジャーが好き
翁

翁の感想・評価

5.0
ユーモア盛り沢山のスタイリッシュアクションラブストーリージェントルマンズ
キよ4

キよ4の感想・評価

-
水曜の夜は じゃなかった土曜の夜は僕の生きがい
冒頭のプリンスのレッツゴークレイジーがかかって期待して見ていたけど確かに懐かしい荒唐無稽時代の007を彷彿させるスケールの大きさはエンターテイメントの面白さを感じさせるものがありよかったけど前作にあった馬鹿馬鹿しさや滅茶苦茶さが後退して見た目健康的なアクション映画に収まっていたのが残念
キャラ的には面白い人達もいたのにね 麻薬密売組織のポピーねーさんとか麻薬吸引者絶滅の大統領とか
エグジーもハリーから独立して一本立ちしないとエルトン・ジョンに全てを持っていかれてエルトン・ジョンの飛び蹴りとかの強烈さに対抗できないよ
エルトン・ジョンの怪演とクララのあそこに追跡装置を挿入するシーンしか印象に残らないもんな 雪山の回転するロープウェイには笑った
あといかにもアメリカと言った感じの嘲笑揶揄としてのカウボーイおじさんも良かった メインのふたりは何をやってたんだろう
マーリンの歌うカントリーロードにやっぱり涙

ジョン・デンバーって最近の映画の流行りなの?色々の映画でよくかかるような…どうでもいいか笑

このレビューはネタバレを含みます

面白かった。
テンポの上で仕方なかったのかもしれないが、ランスロットたちの殺され方に不満。
ハリーとエグジーとの物語に焦点を絞りたかったのだろうけど、そうするとややステイツマンとの話が出過ぎているように感じ、アンバランスな気がした。
ただ、変わらずのエロ・グロ・バイオレンスのアイデアに溢れていて、刺激的であり、そのアンバランスさも、前作を観た人が楽しめるようにする為であるのは、理解できる。
結局、爽快さが楽しめれば、何も言うことはない。
>|