キングスマン:ゴールデン・サークルの作品情報・感想・評価

キングスマン:ゴールデン・サークル2017年製作の映画)

Kingsman: The Golden Circle

上映日:2018年01月05日

製作国:

上映時間:140分

ジャンル:

4.0

あらすじ

スパイ機関“キングスマン”の拠点が、謎の敵、ゴールデン・サークルの攻撃により壊滅。残されたのは、前作で一流のエージェントに成長した主人公エグジー(タロン・エガートン)と、教官兼メカ担当のマーリン(マーク・ストロング)のみとなってしまう。敵を追い、同盟を結ぶスパイ機関“ステイツマン”の協力を得るためアメリカに向かう二人。しかし、表ではバーボン・ウイスキーの蒸留所と最高級のバーボンを提供する店を経営…

スパイ機関“キングスマン”の拠点が、謎の敵、ゴールデン・サークルの攻撃により壊滅。残されたのは、前作で一流のエージェントに成長した主人公エグジー(タロン・エガートン)と、教官兼メカ担当のマーリン(マーク・ストロング)のみとなってしまう。敵を追い、同盟を結ぶスパイ機関“ステイツマン”の協力を得るためアメリカに向かう二人。しかし、表ではバーボン・ウイスキーの蒸留所と最高級のバーボンを提供する店を経営しているステイツマンは、英国文化に強い影響を受けたキングスマンと対照的に、コテコテにアメリカンなチームだった!彼らは文化の違いを乗り越えて、ゴールデン・サークルが企む陰謀を阻止することができるのか!?

「キングスマン:ゴールデン・サークル」に投稿された感想・評価

失いたくないものがあるのは良い人生の証だ。
前作のが好きだけど、途中にやけちゃうのは相変わらずだったw
「終盤の3分ぐらいの長回し戦闘は圧巻(一度は必ず見るべき、ここ数年でNO1!!!)
「マチュピチュの80年代アメリカ田舎町の雰囲気はOK]
「カウボーイかっこいいね」
「敵の女性器に発信機を埋め込む主人公ww」

さすが、ハリウッド。
前半は退屈ですが、徐々に面白くなり、常に新しい映像に挑戦してくれます。

特に、戦闘シーンがいいですね。
投げ縄と銃を使った、カウボーイの戦闘全般がかっこいいです。
特に、終盤の長回し(カットのとぎれのない3分間ぐらいの映像)は圧巻。投げ縄と銃を併用していることにより、知的な戦闘になっており、BGMも動きとよくあっている。縄を使うと、一連の動作を計算して戦闘をしないといけないので、唸りますね。
なんでしょう。格闘ゲームの上位者同士の戦いみたいになってるのかな。コンボっぽいものを決めるので。適当に殴ってるわけではないのです。

「そうそう、戦闘って結構知的なものなんだよねー」と思える映画。

この戦闘は、歴代随一の戦闘シーンといえます。


南米の遺跡にアメリカダイナーを組み込んだ不思議な雰囲気は、なぜか妙にマッチしている。古いノスタルジーがあってるのかな。心地よい。

と。
2点も新しい映像が見れたので満足です。

あ、後。
全般的に映像がスタイリッシュで綺麗です。


~~~~~~~~~

2017ランキング

4.1
レヴェナント:蘇えりし者
3.9
LEGO(R) ムービー
3.8
アメリカン・ドリーマー 理想の代償
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
3.7
ジャージー・ボーイズ
3.6
ドクター・ストレンジ
3.5
トランスフォーマー/最後の騎士王
パトリオット・デイ
西遊記 はじまりのはじまり
人魚姫
グレートウォール
ピエロがお前を嘲笑う
ri

riの感想・評価

4.0
カーボーイも素敵なのは分かるのだけど
前作のthe 紳士!!!
みたいのが私は好みなので、
とりあえず前作のやつ見返します。
正直、前作程のドキドキ感はなかったけど、それなりに楽しめた。
コリン・ファースのスーツ姿カッコいい。
男性のスーツ姿萌える(^w^)
しおり

しおりの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

今回はBrains,skills,…skipping rope?が超好きだった。エルトンジョンずるい!しばらくハンバーガー食べられなさそう
chacole

chacoleの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

前作をしのぐスケールの大きさ、CGの壮大さ、エルトン・ジョンのはじけた演技はよかった! つっこみどころはコリン・ファースを生き返らせていた…(これがなければ続編が作れないことはわかっていますが)と、例のハンバーガー…。小栗旬主演の「ミュージアム」を観たあとなので、やってくれたな!感がありました。
E

Eの感想・評価

3.8
やっぱり英国紳士とスーツって最高ーーーーっ
もうスーツの似合う男性が
好きで好きで...🤦‍♂️

さて今作の何が良かったかって
あえて声を大にして言いたいのは
タロンエガートン の
"背伸びでハグ"
やはりこれですね
だれか頷いてくれる人いないかな、、
いないかっ🤷🏼‍♂️w
個人的に色んな思いが込み上げて
グッときたシーンでした🤦‍♂️
身長差がタロンの可愛さを引き立てる🤦‍♂️

とりあえず今作もしっかり楽しめた
戦い方と敵は前作の方が好みだったけど

エルトンジョン に笑い
カントリーロードに泣ける
これぞ紳士の所業
ほんと泣けた

そしてやっぱり
コリンファース に惚れちゃう🦋
前作に引けを取らない
格好良さ
オンとオフまで楽しめる
スウェットもイイネ

タロンも青虫から成長して
さらに逞しく 格好良くなってた
この2人のコンビネーションと
バランスは最高だ.
福介

福介の感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

2018.04.20 鑑賞。

前作の「脳みそバーン!」なノリが好きではないので期待せず観ました。基本、そのくらいで十分だと思います。2時間21分はちょっと長いです。

ただ、麻薬常用者に対するあの扱い、自分はどっちかというと大統領支持派ですが、あの「善悪どっちとも断言しにくい感覚」がストーリーや演出でも感じられるよう作られているのかも…と考えるとちょっと興味深いです。

毎週毎回見せ場を作らなくてはならないので脚本はガンガン書き換えるという海外ドラマ的な作劇法でしょうか、そんなそぶりのなかったキャラがいきなり裏切る・実は裏切ってたという展開は最近なんか多い気がしますが、今作もいろんな程度でキャラたちは裏切りあいます。チャーリーはかつての自分とキングスマンを裏切り、アンヘルは組織を紹介してくれた男を裏切り、エグジー「(欧州中央銀行のインド金融政策は…)欧州中央銀行の…」、ハリー「チョウチョ大好き」、テキーラ「あれ俺の顔青いわ」…。さらに、それぞれのキャラクターにはそれぞれの事情があってそれぞれの思惑で動くのですが、「どうしてそんなことを?」について、行動するその時には大して説明、演出されません。
「何が正しくて間違っているのかわからない」という認識を与えようとする意図なのかなあと感じました。ないかもしれませんけど。

しかしエグジーはあの王女の何がそんなに気に入ったんですかね。チャーリーの元カノもなんですかあれ、ドナテラ・ヴェルサーチですか?イギリス王室の男って昔からマザコンで有名ですけど、そのあたりを皮肉ってるんですかね。あとハリーの判断は結局カンだったってことなのか、マーリンのナイフはなんだったのか。おいウィスキーの彼女が一番かわいいじゃねえか。ウィスキーとの戦闘とポピーの死に様はすごく良かったですけどね。
ベリー・ブラザーズ&ラッドの店舗がちょっとだけ出たのも嬉しかった。
王室御用達だったらジェームス・ロックとかまだ出せそうなところはたくさんあるしエグジーだっていつでも復帰可能でしょうけど、ひとまずこれで一段落なんですかね。
余粒

余粒の感想・評価

3.5
ステイツマン最高だが色々と粗が目立つ。
>|