キングスマン:ゴールデン・サークルの作品情報・感想・評価

キングスマン:ゴールデン・サークル2017年製作の映画)

Kingsman: The Golden Circle

上映日:2018年01月05日

製作国:

上映時間:140分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「キングスマン:ゴールデン・サークル」に投稿された感想・評価

sanbon

sanbonの感想・評価

4.0
初回は公開日に映画館で観たし、BDも購入して何度も観直してる作品!

作品としては文句なしに大好きなんです!!

ただ、観直す度に脚本の粗がどんどんと目立ってくる。笑

以下ネタバレを含みます。

今作の戦犯って間違いなく主人公であるエグジーなんです!(断言)

1作目から成長した姿を見せなくてはいけない筈なのに、詰めの甘さが災いして話が進むにつれてエグジーのせいでどんどん被害が拡大していくという謎の展開。笑

序盤=キングスマン全滅→敵に内部情報をハッキングさせてしまう。

中盤=ティルデ王女の危機→良心の呵責という自己満により精神的不安を与えてしまった為。

終盤=マーリンの最期→地雷探知機持ってるクセに事もあろうに地雷を踏んでしまう。

今作における3大悲劇の発端が全部主人公って、観てる側にどう思わせたかったのか理解不能状態。笑

マーリンのくだりなんか、ああするならわざわざバット型の地雷探知機なんて持たせる必要なかったのに!
その後のベースボール型手榴弾も、よく見るとハリーの持ってる傘で打ってるんですよ!

あの場面は、アメリカンなガジェットを登場させたかっただけとしか思えずガッカリですね。
これじゃマーリンが犬死にだよ。泣

ダブルスパイうんたらかんたらもあれじゃなんの信憑性もなくただただ蝶々野郎の妄言だし…なんぞこれ…めっちゃ脚本ガバガバやん…

…でも、そんなの関係ねえんだこれが!

と、思わせてしまう圧倒的絵力とテンションの高さがなんだかんだでこの作品の一番にして最大の魅力なんですよねー!!!!

序盤の特大ドリフトと終盤の投げ縄くぐりは何度見てもシビれるし、アクションと音楽の親和性も類を見ない次元で完成されてる!
キャラクターも全員クセがあって堪らない!

1作目の教会のシーンや、今作のvsテキーラのシーンなんて他の作品では決して味わえない臨場感満載のカメラワークだし、もし同じような場面を観たとしても、キングスマンの二番煎じだなとしか今後思えない、代名詞と呼べるものを発明してしまった功績は素直に凄いと思います!
(直近で言うと銀魂2なんかまさに二番煎じのそれでしたね。笑)

とにかく、内容的には間違いなくB級スパイ映画だったものを、まさに映画の力によって極上級の大作に仕上げた手腕にはもはや脱帽。

ツッコミどころもそれすら愛おしいと思わせてしまえば、作り手側の大勝利です!笑

最近公開延期が報告されてしまいましたが、早く新作観てーーー!!!
前が良すぎた。
Halu

Haluの感想・評価

4.0
カッコいい
WT

WTの感想・評価

3.9
きろく
りさ

りさの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

いやコリンファース生きてますやん?びっくり
1の方が良かったな〜あと敵の女が悪趣味で、この映画は悪趣味な人が多いな〜という感じ
タロンくんはかっこいい!面白い映画ではあった!
み

みの感想・評価

4.2
前回と同様面白かった!
グロさ激しめだけどポップでなんとか耐えられる。

来年楽しみだ〜~
サルス

サルスの感想・評価

3.8
予算が増えたのかチープさが減って少しアメリカ映画ぽくなった。相棒感。面白かった。
Aya

Ayaの感想・評価

3.7
主人公がとてもチャーミング。戦闘シーンでもスローがあったりで爽快アクションコメディで面白い。
aoi

aoiの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

シリーズ1作目と続けて一気に鑑賞。
イギリス人からみたステレオタイプのアメリカ人像が全開で、
「キングスマン」に対して「ステイツマン」など、イギリスとアメリカの比較描写もおもしろい。
前日に観た「ロケットマン」に続いて、タロン・エガートンとエルトン・ジョンの共演だったが、エルトンにFワードを連発させるし、名曲の替え歌もあるし、エルトンの使い方が雑なのも爆笑であった。
>|