キングスマン:ゴールデン・サークルの作品情報・感想・評価 - 1157ページ目

キングスマン:ゴールデン・サークル2017年製作の映画)

Kingsman: The Golden Circle

上映日:2018年01月05日

製作国:

上映時間:140分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「キングスマン:ゴールデン・サークル」に投稿された感想・評価

首を長くして待ってました。まずジュリアンムーアの起用に拍手。素晴らし過ぎる。前回のサミュLにまったく引けを取っていない。安定のキングスマンでした。小ネタもビンビンくるしカントリーロードにダム決壊。ついていきますキングスマン。
くぅー!音楽にのせてのキレッキレアクションは相変わらず最っ高です!!
アトラクションみたいなカメラワークも気持ちよし◎
エグジーも大好きだけど、やっぱりハリーがいるとぐっと締まるね。
マーリンのカントリーロードは泣けた。

おバカなとこもかっこいいとこも健在で大好き♡前作もまた見直そうっと!
えす

えすの感想・評価

3.3
前作キングスマンがとても好きな作品なので、その続編ということで正確なスコアは付けづらいが、冷静に一つの作品として考えると平凡かなと思います。

このレビューはネタバレを含みます

Take Me Home

Country Roads





とりあえずマシュー・ボーンを全力でビンタしてから抱きしめたい。
最高で最悪だよ!
既キャラをぽいぽい殺すんじゃない!
あぁあロキシー、JB、パーシヴァル…
なぜ殺したし…
笑いにくいギャグとグロは1作目から変わらないなほんと!
人間花火大会の次は人間ハンバーグかぁ!
ウィスキーの死に方マジでこうもうちょっと…いや武器が無かったから仕方ないけどさぁ…
マーリンもなぜ殺したし…
これからカントリーロードを聞くたびにマーリンを想ってしまうじゃないか…

ハッキリ言ってましゅぼん監督のブラックジョークは受けないけど
キャラの魅力は相変わらず大爆発だった。
エグジーの犬めいた誠実で勇敢な魅力、スウェーデン王女と誠実にお付き合いしてた事も驚いたしチャーリーの元カノと最後までせず立ち去った事が最高にエグジーしてた。
(恋人の親に会うのにド派手なスーツ着ちゃうヤンキー臭さが抜けないとこも)
ハリーの前作でチラッと見せた他人とのコミュニケーションが苦手なところ、エグジーには見せなかったダメな面が見えるところ、カンボジアでスタンドプレーを止めて終始エグジーのカバーについてたとこ。
マーリンの泥酔して泣いちゃうとこやずっと現場に行きたかったとこ、最期のカントリーロード大熱唱…うぅ…
テキーラのムッチリ具合…(3はテキーラ主役になるのかな)
ジンジャーの素敵さ、ハルベリー超スイート…
シャンパンのいい男ぶり…
ウィスキーの投げ縄技の華麗さ、ダンディな魅力…ほんとなんでハンバーグエンド…
ポピーの上辺だけで薄皮一枚下の化け物ぶりがよく分かるあの笑顔の素晴らしさ

まさかのエルトンジョン大活躍。

ストーリーの重要な点にあたる
「麻薬使用者は全員死ぬべき人間か?」
はしっかり受け取った。
イギリスって深刻な麻薬汚染があるし
エルトンジョンも麻薬中毒者の過去がある
あたしの大切な、人生を変えた俳優にあたるロバート・ダウニーJrは
親に麻薬を飴玉みたいに与えられて、若い頃麻薬依存に苦しんだ人だ。
ダウニーみたいに親に与えられた、本人の咎ではないものに苦しむ人がいる。
過剰労働に耐えるために打つ人がいる
医療用コカインやヘロインがある。
貧しさから麻薬に絡め取られた人がいる。
本当の悪は麻薬を売り捌く人間で
他人を自分と同じ地獄に引きずり込む人間だ。
麻薬を使った人間は全員いなくなればいい、と全て同じくくりに入れてしまえばラクだろう。
けどそれはやり直そうとする人まで見捨てることだ。
視界を明瞭にして、一緒に生きようぜ。
というメッセージだとあたしは受け取った。


いやほんとマシューボーンやっぱりちょっと1回ビンタさせて…
たー

たーの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

前作見たばっかりだったのもあって、すごく面白かった✨アクションめちゃ派手だったし、スーツも相変わらず素敵だった!!エグジーは眼鏡かけてた方がかっこいい✋

ハリーがウイスキーの裏切りを見破れた理由がめちゃめちゃ気になる!!

18.01.08
ao

aoの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

IMAXにて鑑賞。前作に続き楽しいスパイガジェットと素晴らしい俳優てんこ盛りのスーパーエンタメムービー。長いのに飽きない。音楽もビジュアルも最高。「秒でアガる。」はガチ。
ハリーの帰還についてはエグジーとの師弟感が好きなので嬉しさが勝った。二人のチームワークとアクションはエグジーの成長と新たなガジェット(敵側のものも含めて)により大変興奮できる(ハリーはまだ本調子ではないからか所々スマートさに欠ける印象)。
事前にグロいと聞いていたので覚悟していたけどカラッとしているのでそれほどでもないです。少なくとも血や内臓はほぼ出ない。人肉ハンバーガー系なら『ミュージアム』の方がよほど気持ち悪い。

それにしてもストーリー面では困惑した部分があまりにも多かった。なにしろやりっぱなし、行き当たりばったり、という印象。
ロキシーやマーリン、JBなど前作から引き続き出演したキャラクターの雑な退場について、何かしらのフォローがあるかと思いきや最後まで何もなし。あとキングスマン、お前らまた死んだのか! キングスマンの有能さ、もうちょっと感じてみたい。
前作から引き続きといえばチャーリーもなのだけど、彼は結局何だったのってくらい描写が甘くないですかね…。強さがよくわからないのでエグジー勝てないかも…なんてハラハラ感もないし、ストーリー的にもいなくてもどうにかなったと思う。
ステイツマンもいまいちハマらなかった。「アメリカ版キングスマン」であることがわかっているので大切なのは英国との差異であると思うのだが、肝心のキングスマンが前作よりもさらに英国紳士していないのもあり対比としてはヌルい。キャラ描写も浅い。まあこのあたりは次作以降に拾われるのかも。
エグジーの恋愛も本当に必要なのかと鑑賞中は終始首を傾げた。エグジー、ガールフレンドなしでも世界くらい救ってみせろ。ていうか規約違反しといてあのオチかよ。萎えるわ。あっでも最後の師弟のやりとりは前作を押さえている身としてはシンプルに胸熱。

総括すると、見たいのはそれじゃないしどれが一番やりたいんや!伏線が雑だし要らないモノ削って2時間にまとめろや!!という気持ち。
前作以上のものを求めていたのでちょっと落胆。MX4Dでも観ようかなって冒頭は思ってたけどたぶん観ない。でも次作があったら観ちゃうなあ…。
ハンバーガー食べて帰ります!
英国紳士、米国へ。

さて、スパイ映画の当たり年に公開されその抜群の面白さから爆発的な支持を得たキングスマン。
キック・アスをポシャらせたマシュー・ヴォーンの2作目ということで不安が強かったが…

冒頭から血がたぎるブッ飛んだアクションで一気に引き込まれて、そのテンションを下げることなくノンストップでラストまで突っ走る!
全体的にストップ多様やけどアクションの質もわりと高く、理屈抜きに面白かった。
成長したエグジーとハリーが共闘するクライマックスの抜群のコンビネーションは感動モノ。
音楽もまた良く、ここ最近の流れなのかカントリーロードがまたも印象的に使われる場面があり、にやけた。

ストーリーは前作はエグジーが英国紳士として目覚めるまでを描いてた分、今作はその後の物語なので明らかなドラマ分不足+悪役の魅力不足。
さらに前作のキャラがあっさり死ぬ雑さ等ちょっとアカン面も目立つ。
とはいえ、ハリーの復活やエグジーの意外な現在など楽しめる要素も盛りだくさん。
大まかな展開もエンタメの王道で安定感バッチリ。

全体的にはレイティングからも分かるように前作にあった毒(下品さ、グロさ)もかなり薄まって、良くも悪くも「続編らしい続編」作ったなぁって印象。
いろいろツッコミたい点もあるけどとりあえず及第点。
記録 1/10IMAX 1/114DX
アクションのカメラワークが好き
ShuheiKubo

ShuheiKuboの感想・評価

3.3
前作の方が個人的には好み。

今回はアクションにこだわりすぎて、前作の良さが薄れてしまった感じ。
もう少し、英国の紳士感と、ドラえもんの秘密道具みたいなワクワク感を出して欲しかった。

マティーニは飲みたくなる。
山礼

山礼の感想・評価

3.5
怪しかったから一も見直すことにした。
断然1の方が好きだけどおもしろかつまた
紳士だけどぶっ殺す時ぶっ殺すの好きだし、オフオンがはっきりしてるエグジー好き
ロキシーもっとみたかったなぁ
終始ハリー切なかった