キングスマン:ゴールデン・サークルの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

キングスマン:ゴールデン・サークル2017年製作の映画)

Kingsman: The Golden Circle

上映日:2018年01月05日

製作国:

上映時間:140分

ジャンル:

4.0

あらすじ

スパイ機関“キングスマン”の拠点が、謎の敵、ゴールデン・サークルの攻撃により壊滅。残されたのは、前作で一流のエージェントに成長した主人公エグジー(タロン・エガートン)と、教官兼メカ担当のマーリン(マーク・ストロング)のみとなってしまう。敵を追い、同盟を結ぶスパイ機関“ステイツマン”の協力を得るためアメリカに向かう二人。しかし、表ではバーボン・ウイスキーの蒸留所と最高級のバーボンを提供する店を経営…

スパイ機関“キングスマン”の拠点が、謎の敵、ゴールデン・サークルの攻撃により壊滅。残されたのは、前作で一流のエージェントに成長した主人公エグジー(タロン・エガートン)と、教官兼メカ担当のマーリン(マーク・ストロング)のみとなってしまう。敵を追い、同盟を結ぶスパイ機関“ステイツマン”の協力を得るためアメリカに向かう二人。しかし、表ではバーボン・ウイスキーの蒸留所と最高級のバーボンを提供する店を経営しているステイツマンは、英国文化に強い影響を受けたキングスマンと対照的に、コテコテにアメリカンなチームだった!彼らは文化の違いを乗り越えて、ゴールデン・サークルが企む陰謀を阻止することができるのか!?

「キングスマン:ゴールデン・サークル」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

みんなだいすきハリーことコリンおじさんの例の台詞がもう一度スクリーンで聞けるよ!映画館へ急げ!って思ってたら公開前に飛行機で見れてニヤニヤしました。色々言いたいことたくさんあるんですけど、今回1興奮したのは傘をバット代わりにフルスイングするハリーおじさんです。ウェンズデーの夜は最高!
coco

cocoの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

コリンファース生きてた設定にして2作目作るほどの内容ではなかった。
moc

mocの感想・評価

4.4
紳士が大暴れする2作目、アクションシーンがさらにカッコよくなって秒でアガる……!

極秘諜報機関のアイコン的なものが(キングスマンだったら紳士とスーツとか)お国ごとに違うらしいという心躍る設定に拍手。西部劇風アクションかっこよすぎた…!
酒場での「マナーが人間を作る」の戦闘シーンとか、スパイ道具の機能についてとか、1との繋がりが感じられる演出にテンション上がった〜!

前回にも増して頭を空っぽにして観るのが良いかなって感じ。エルトン・ジョンなんなの(笑)


コリン・ファースの演技力にびっくり🙄
数カ月ぶりに映画を見た

いきなり登場人物一気にリセットさせたり、めちゃ面白い

タバコ業界だけが潤う現状とヤク中を嫌う悪の言い分も分かる
キングスマンの言い分も分かる

日本の映画じゃこういうのできないよなとか思った

エルトン・ジョンなんやねん

このレビューはネタバレを含みます

どうしてハリーがウィスキーが裏切っているのに気がついたかなど引っかかる所はあるけれど、それはさておきマーリンがひたすらにかわいい映画。そして相変わらず舞台設定と小道具が好き

サブタイトルのゴールデンサークルはメイキングにあったように、ゴールデントライアングル(黄金の三角地帯)のままか、「三角地帯から六角地帯に拡大し、やがて世界中に広めて輪(サークル)にする」という下りに成る程と思ったので、そのまま劇中にも入れたら良かったのになという印象
理想やロマンが詰まった作品。

アクションはもちろん、
紳士的なかっこよさ、
スパイ道具などの心揺さぶる武器
秘密基地など
どの部分を見ても楽しめる作品だと思います。
きゃす

きゃすの感想・評価

3.7
むむむ
なんだろうか、楽しかった。楽しかったんだ。
だけど初めて観たときのワクワク感がなかった、、、

ターミネーターを観ているような気分は気のせいだろうか。
もしくはマーベルヒーローズ?
asm11

asm11の感想・評価

4.0
やっと見れた。
キングスマンのテンポ良い話の流れが好きなんだけど、今回もよかった!
ただグロい場面が多かったかな。

世代交代かな?
むぎ

むぎの感想・評価

4.0
前作に☆5を付けたキングスマン大好きな私としては、当然ながら期待爆上げで視聴した。

キングスマンのグロくてポップでクール!な魅力は、強烈と言っていいほどパワーアップし、キレッキレのアクションもさらに派手に!
特に、エグジーとハリーの共闘シーンは、コミカルさを入れながらもお互いが背中を預け合っているのが感じられて嬉しかった。
キングスマンのファンなら、数年越しに待った念願の光景だったと思う。

ただ、やはり主要人物の唐突すぎる死には、経緯や心理描写などに納得いかない部分が多すぎるし、ラストも伴った犠牲の割りにハッピーエンド過ぎる演出に気持ちがついて行かない。
総じて、観ている側を驚かせようとする余り、雑な作りになったような印象を受けてしまう。

あぁ、面白かったのにグチグチとつい文句が出てしまう…
やはり二作目は難しいんだなぁ。
umi

umiの感想・評価

5.0

公開楽しみにし過ぎると気を張りすぎていつ観ていいか分からなくなり劇場を逃す傾向にある。

酔ったマーリンが突然スコットランド訛りになるあたり愛おしすぎてムリィってなったし、若返った蝶々先生ハリーのおどおど感とかもムリィってなったし、最終的にハリーとエグジーのバディものになっちゃってるあたりもムリィィィで、確実にその辺はオタク心を掴みに来てるなと思いました。監督がオタクだとオタクが喜ぶこと分かってる。

なんだかゲーム感が増したのと、エグジーがもう立派になっちゃってるのとで前作の様なジャンプ感は得られないのが悲しみ。個人的にジュリアン・ムーアはいつも演技し過ぎだと思うのにさらに盛ってきたので胃もたれ。ハル・ベリーが最高だな。チャニング・テイタムは何のために居たんだろう…下着で踊るためだけか。インタビューで「ラリってるかハイになって踊るだけかの役しかこない」って言ってて笑った。エルトン・ジョンの使い道上手すぎ。

アメリカよりイギリスが良いなって思う映画に仕上げちゃうイギリス人のしたたかさよ。