キングスマン:ゴールデン・サークルの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

キングスマン:ゴールデン・サークル2017年製作の映画)

Kingsman: The Golden Circle

上映日:2018年01月05日

製作国:

上映時間:140分

ジャンル:

4.0

あらすじ

スパイ機関“キングスマン”の拠点が、謎の敵、ゴールデン・サークルの攻撃により壊滅。残されたのは、前作で一流のエージェントに成長した主人公エグジー(タロン・エガートン)と、教官兼メカ担当のマーリン(マーク・ストロング)のみとなってしまう。敵を追い、同盟を結ぶスパイ機関“ステイツマン”の協力を得るためアメリカに向かう二人。しかし、表ではバーボン・ウイスキーの蒸留所と最高級のバーボンを提供する店を経営…

スパイ機関“キングスマン”の拠点が、謎の敵、ゴールデン・サークルの攻撃により壊滅。残されたのは、前作で一流のエージェントに成長した主人公エグジー(タロン・エガートン)と、教官兼メカ担当のマーリン(マーク・ストロング)のみとなってしまう。敵を追い、同盟を結ぶスパイ機関“ステイツマン”の協力を得るためアメリカに向かう二人。しかし、表ではバーボン・ウイスキーの蒸留所と最高級のバーボンを提供する店を経営しているステイツマンは、英国文化に強い影響を受けたキングスマンと対照的に、コテコテにアメリカンなチームだった!彼らは文化の違いを乗り越えて、ゴールデン・サークルが企む陰謀を阻止することができるのか!?

「キングスマン:ゴールデン・サークル」に投稿された感想・評価

なんか急に設定作ったやろ!みたいなところに目をつむればいい出来だったし、前作同様にキレキレアクションでバッチバチにキメながら脳天を弾丸でぶち抜く痛快アクション映画でした。
アクションメインだからか、登場人物の深掘りが雑だったのが気になってしまった、いいキャラいっぱいいたからなんかもったいないねぇ〜〜って思いましたね…
⚪あらすじ
謎の組織「ゴールデン・サークル」によって、ロンドンにある高級スーツ店を隠れみのにしたスパイ組織「キングスマン」の根城がつぶされてしまう。残ったのは、以前スカウトされて腕を磨いたエグジー(タロン・エガートン)と、教官でありメカ担当のマーリン(マーク・ストロング)だけだった。二人は敵を追い、同盟組織の「ステイツマン」の協力を求めてアメリカへ渡る。

⚪感想
みんながカントリーロードって言ってる理由がようやくわかった。
内容もギャグ要素もアクションも登場人物も最高最高最高だった。
マーリンはめちゃくちゃ知的でかっこいいし、エグジーも可愛いくてかっこいいし、あの人もちょっと抜けててかっこいい。
ジュリアン・ムーアのサイコパス演技がめちゃくちゃよかった。
伏線もあるし、武器とかの機能とかから才能のある人が作った感じがする。
周りの小物とかも細かくて最高。
ちょっとグロかったりするのいいよね。
ステイツマンのバーボン、オールドフォレスターが作って実際に売ってるんだよね。飲んでみたい!ジュリアンムーアが松坂慶子にしか見えない!
とにかくキャラの扱いが酷すぎ&設定雑すぎ。公開初日、2018年1発目の映画で期待していたが、劇場で見てて怒りを通り越して呆れた。チャニング・テイタムは途中から寝てるだけ、前作あれだけ頑張ったロキシーやJBも殺し、極め付けはマーリンの扱い。マーリン現場へ初潜入との事で期待したが、地雷があるって分かってんのに地雷凍結用スプレーが一個だけしかない、そもそもあれだけ地雷専用の装備があるにも関わらず、ドジって地雷踏むのは下りを2回やって、からの爆死は意味が分からない。せっかくの魅力的なキャラを活かせていない、活かそうとしない展開にがっかり。

そしてエルトン・ジョンはノイズでしかなかった。最初はよかったが、あそこまで長く彼に焦点を当てるのか意味が分からん。結局彼も戦闘要員になり、敵にドロップキックした瞬間は本当にイライラした。偉大な人物なのは分かるが、もっと他に時間を割くべきキャラや設定があったはず。

ハリーが生き返るのは嬉しかったが、敵にまであの方法を使って救済措置をとらせるのはどうなのか。全部アレでよくなるし。

前作のガゼルのような魅力的な敵もおらず、最高だった1作目からここまで酷くなるとは。キングスマンが壊滅の下りは、せめて3作目に回すべきだったと思うし、ステイツマンでスピンオフを作るための作品という印象だった。次があるとしたら、ロキシーは生きていてほしい。
車のシーンのカメラワークが超かっこいい!!
ミンチ、そしてカントリー・ロード(笑)
ELA

ELAの感想・評価

2.5
前作の方がよかった。
ジュリアンムーアのとこ、世界観がめちゃくちや。
残念。
MU

MUの感想・評価

4.1
前作の良いポイントはしっかり踏襲されてる!けれどもそれ以上は…。せっかくキャラクターが増えた割にあまり個性がなかった。見せ場のバトルシーンは見応えあったけど、尺も長いんだしもう少しストーリーの作り込みがあれば。
膜

膜の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

キングスマンはあくまでも007に対するカウンターだったから好きだったんだなあと再確認する続編でした。
ボーンシリーズとダークナイトの成功のおかげか本家007もクレイグボンドからリアリティ路線で陰鬱な方向性に進んでいたからこそ、ガジェット満載若い兄ちゃんのパルクール小気味よい音楽お気楽でスケールのデカい悪者まさかの主役交代などがハマっていた前作。
基本的にビギンズやオリジン的な作りが苦手な自分でも前述の要素のお陰で(それこそエドガーライト感)楽しく観れていた。

が、逆にフォーマットが固まってしまったせいでやけに窮屈な続編になってしまったような。全般焼き直しで既視感あるし、前作では各シーンが明確にパワフルさを持ってストーリーを誘導していたような気がするけど、今作は舞台が田舎のせいかやけに冗長なテンポで、折角序盤でキングスマン全滅までやったのにその勢い捨てるんかい、と。
悲しいことに、どうせみんな生きてるんでしょ、という目でこっちも観てるから割とちゃんと全滅してるのにエンドロールまで平和ボケしてましたわ。同僚や親友やペット死んでるのに結婚式するんかい!するんかい!

ボンドガールのハルベリー起用はカウンターとしての気概か単純に次作以降も見越してなのか、お、とは思ったけど今作内では機能してなかったように思う。
というか、これに関しては007との横断的な役者の配置は先にミッションインポッシブルが近年でやってしまっているから目新しさを感じられなかっただけかもしれない。

一昔前に007ではないポップなスパイ映画として「アベンジャーズ(マーベルではなく)」がリメイクだったかであったけど、あれが成功したという話は聞かない。諜報部員をシリアスじゃなく描くのって結構難しいのでは。

捻くれ者達がポップとヴァイオレンスと若いセンスでピアースブロスナン以前のスパイ映画復刻しようぜ!だけじゃない一作目が良かった分、今作は何処と無く置きに行った感がちょっと退屈かも。
ポップだったり派手なとこが魅力だったわけじゃないと思うんだよなあ。。

あ、チャニングテイタムをアホっぽく配置したのは好き。この感じは英国の意地の悪さが出てるぽいし人選が「それだ!」と。本人は至って真面目そうだからすまんけど。もちっと狂気感を磨いてマイケルマドセンみたいになったら嬉しい。
総理

総理の感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

圧巻のパフォーマンスとアクションシーンがあり、やはりカッコいい!
yoshiki

yoshikiの感想・評価

4.0
1よりテンポ悪いけど安定の爽快さ。
戦闘バカ熱い。声出る。
3作目はヒロイン可愛い子でお願いします