七日の作品情報・感想・評価

七日2015年製作の映画)

上映日:2017年09月23日

製作国:

上映時間:110分

4.3

あらすじ

「七日」に投稿された感想・評価

祖母と暮らす牛舎に勤める男の日常を、台詞も色彩(モノクロ)もなくただ淡々と繰り返す。
ほぼ牛が豚になっただけの『叫び声』を先に観ており構成は把握していたので、月曜日が終わった時点でも「これがあと6日あるんだぞ…」と油断はしなかった。
大田原愚豚舎作品は5本目。
途中退場した人もいたし、隣席のおばさんはずっと寝てたけど、本作が一番好きだ。
他作品にみる渡辺監督の「しゃべり」はとても魅力的だが、本作ではそれも排除されており、より「かっこよさ」が際立っている。
和製タルベーラ。
音楽もめちゃくちゃすばらしい。
♪さらば〜さらば〜ふぇ〜ふぇ〜
梅酒

梅酒の感想・評価

4.5
異能・渡辺紘文監督特集
ー大田原愚豚舎の世界 Vol.2ー にて
緑

緑の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

本作で大田原愚豚舎全作品制覇。

今作は関しては予備知識があったし、
「普通は走り出す」上映後トークショーでの
行定監督の話もあり、
「叫び声」鑑賞時の失敗を繰り返さず、
正しい姿勢で挑めたはず。

牛舎勤務の男のなにも起きない日々。
間違い探し程度の変化はあり。
月曜から金曜までそれが繰り返されて、
土日は壁とキャッチボールしたり
墓参りに行ったり。
そしてまた月曜がやってくる。

ミサオさん、90代後半とは思えない力で
監督のお腹を4回も叩いていた。

本作鑑賞前に行った2本でどちらも熟睡したため、
眠気皆無で行ったのに何度か落ちかけた。
音楽のおかげで助かった。
この内容だからか、
かなり凝った音楽を作ったなと思う。

東京国際映画祭上映時には退出者続出だったそうで、
今回はみんなどんな映画か承知だろうと思っていたら
水曜か木曜くらいでひとり退出していき、
やっぱり出て行く人いるんだ! と謎の感動。

本作セルフリメイクのような「叫び声」で
第32回東京国際映画祭スプラッシュ部門監督賞受賞。
審査員は、
クリスチャン・ジュンヌ/ナム・ドンチョル/大九明子。
本作「七日」を出品した第28回東京国際映画祭
スプラッシュ部門の審査員は、
マーク・ペランソン/ジーン・ホアン/渡辺真起子。
「叫び声」のほうが本作より
映像も編集も音楽もソリッドで力強くなったからか、
それとも審査員の違いか。

気になったこと。
堆肥(?)を取りに行くときに
マスクもゴーグルも軍手もなしで大丈夫?
これで愚豚舎コンプリート。全部素晴らしかった。映画として優れてるかどうかなど知らんしどうでもいい。映画館でゆったりとスクリーンを眺める気持ちよさをこんなにも味わえる映画群は少なくとも自分映画体験のなかでは類を見ない。
2096

2096の感想・評価

4.3
東京国際映画祭で監督賞を受賞した『叫び声』の原型のような作品。
徹底して排除されたセリフ、執拗な長回し、執拗な日常描写の反復など渡辺監督作品の重要な要素があちこちにある。
ギリギリ滑り込みで見られてよかった。
泉くん

泉くんの感想・評価

2.5
おしゃべりデブの軽快なトークがないと集中力が持たないよ
この作品のアップデート版?となる「叫び声」を先に見ていたので、遡る形での鑑賞。
セリフを排除し、田舎に住む1人の男の七日を描いた異色の作品。
この作品があったからこそ「プールサイドマン」や「普通は走り出す」も出来たのかな、と思える、大田原愚豚舎のルーツのひとつに出会えたかのような映像体験でした。
あとは「そして泥船は行く」だけだ…!
【詳述は、『普通は走り出す』欄で】見事な剛力。台詞はないが、声にならない、生きる事自体の叫び·苦しみ·鬱屈が、似た毎日の描写から滲んでくる。
日常モノクロ映像
寝て起きて食べて仕事してを繰り返す。
途中から渡辺監督が堰を切ったように喋り出すんじゃないかと思ったけど終始だんまり。
特に何かに注目するわけでもなく、ただ淡々と過ぎていく。
息子とおばあちゃんの食事シーンも何か食べてる、その食べ物とかは一切映さない。
目瞑って開けてもまだ渡辺監督が歩いてたり、長回しを多用しててちょっと飽きた。
さらば、さらば、ふぉーう、ふぉーう、さらば、さらば、(繰り返し)
この歌全然分からんのやけど妙に耳につく。
>|