走れ、絶望に追いつかれない速さでの作品情報・感想・評価

走れ、絶望に追いつかれない速さで2015年製作の映画)

上映日:2016年06月04日

製作国:

上映時間:83分

3.5

あらすじ

青春時代を共有した親友・薫の死を受け入れられないでいる漣。描き遺された絵には薫の中学時代の同級生「斉木環奈」の姿があった。薫にとって大切な存在であり続けた彼女に薫の死を知らせるべく漣は単身、彼女の元へ向かう決意をする…。

「走れ、絶望に追いつかれない速さで」に投稿された感想・評価

moe

moeの感想・評価

3.6
少しづつ親友の死と向き合って
ご飯を食べながら悼むシーンは美しかった
淡々と映画は進むが、それが丁度良いリアルさを含んでいる気がする
Nm9oc3

Nm9oc3の感想・評価

2.5
途中で断念。。太賀さんはやはり素晴らしい
このとき、太賀まだ主役張れるほどではないと思った。今は違うけど。
PUDDIN

PUDDINの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

印象に残るシーンは泣きながらご飯を食べるシーンで、それ以外は特にガツンとメッセージがくるシーンはなかったから少し残念に感じていたけど、きっと人生ってこういうもんなんだなってなんとなく思えた作品だった。単調で冷たくて綺麗な映像で良い映画を観た。

このレビューはネタバレを含みます


話題だったのでみてみた。

けれど、親友がなぜしんだのか?
太陽に向かって飛び込みたかったから?
だから、海に飛び込んだの?

だから、太賀が、
ハンググライダー始めて、
太陽に向かって飛んだところで
終わったの?

親友の最後に書いた絵のあの女は
なんだったのか…

自分なりに
太陽とか色々考えてみたけど
やっぱよくわからなかったな〜

ただ絶望に追いつかれたから
親友は死んじゃったのか…

残された人の戸惑いとか
前に向かって生きよう!ってなったことは映画見てわかったけど、

うーん、って感じの終わり方。
ゆとりですがなにかで太賀のことを知って気になってた作品
親友の死から立ち直っていく表情の変化がよかった。
説明なく進んでいくシーンが多く結局何が言いたいのか分からなかった。
ダサかっこいいタイトルに惹かれて。

親友の死。
生前描き遺した絵には、彼の中学時代の同級生の姿。親友の死を伝えるため、その同級生を訪ねることに…



前半に想像していたほど、
ラストに達する際の"高さ"や"深さ"を感じられず。

といっても。
他の凡庸な邦画だと
もっとあざとくなるはずのシーンが、
割と素直に受け取れてしまうのは
監督さんの力量なのかなぁと。


まだ27歳という年齢も年齢だけに
ちょっと気になる監督さんです(^v^)
kwsm

kwsmの感想・評価

3.1
映像の雰囲気とかはすごい好き。
HiNAKO

HiNAKOの感想・評価

2.5
あまり好きになれなかった

ナチュラルに描いているようで
シーンひとつひとつに
メッセージ性があまり感じられなくて
残念だった、なあ。

題名は好きなんだけど
>|