走れ、絶望に追いつかれない速さでの作品情報・感想・評価

走れ、絶望に追いつかれない速さで2015年製作の映画)

上映日:2016年06月04日

製作国:

上映時間:83分

3.5

あらすじ

青春時代を共有した親友・薫の死を受け入れられないでいる漣。描き遺された絵には薫の中学時代の同級生「斉木環奈」の姿があった。薫にとって大切な存在であり続けた彼女に薫の死を知らせるべく漣は単身、彼女の元へ向かう決意をする…。

「走れ、絶望に追いつかれない速さで」に投稿された感想・評価

9位

9位の感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

静謐な風景、それはいつもどこかに水を据えている
1秒たりとも休むことなく音を立て流れ行く水
それはまるで僕らの人生のようで、それはまるで、絶望から逃げているようで
マグカップで焼酎飲むよね、財布閉めてから自販機の飲み物取るよね
私たちの生活は、どれも特別なんかじゃなくて、だからこそ愛おしかった
実はみんな一緒である、ということを知らないでいられたから幸せだった

薫は、絶望に追いつかれないように、飛んだ

思い切り助走をつけてから飛び出すハングライダー

僕には走れと言った彼は、飛んだんだ
世界で、たった1つの方法で
絶望を振り切る、たったひとつの方法で

僕と一緒に見たムササビみたいなやつが薫を絶望から逃げ切らせた
薫の死の中に、僕のかけらがあってよかったなんてほんの少し思いつつ
Mai

Maiの感想・評価

-
No.24 /4000

夕日に向かってハンググライダーをやりたくなる映画。
haomei

haomeiの感想・評価

-
18/5/18 ジャック&ベティ
AKIRA

AKIRAの感想・評価

3.1
四月の永い夢の予習のために鑑賞
なぜか園子温監督の気球クラブその後を思い出してしまった( ゚д゚)
内容も気球クラブと同じくテーマと雰囲気は好きなんだけどグッとくるものが無い。。。
マト

マトの感想・評価

2.5
走れ、というよりか最終的に飛んでたし。
タイトルとは裏腹に辛気くさい系の映画でしたね。ちょっとぼんやりさせすぎちゃったかなーと。
黒川芽以目当てで観たはずなのに、不覚にも本作にかぎってはちょい役の食堂のおねーちゃんのほうが可愛いく思えてしまったという…
音楽は薄めのシガーロスって感じ。
柊華

柊華の感想・評価

3.6
映像がめっちゃ綺麗
本当に美しい風景のカットがいくつもあり、それが立ち直る主人公の心情とマッチしすぎてる

札幌の劇場ではやらなかったみたいですね、今回たまたま映画館でみれてよかった   
悔しいぐらいの才能。素晴らしい。
そんなにグッとこんかった。
>|