よそ

バジュランギおじさんと、小さな迷子のよそのネタバレレビュー・内容・結末

3.6

このレビューはネタバレを含みます

そこまでの衝撃はなかったけど、しかし無難に良かった。パキスタンへのロードムービー的展開も、女の子とのほのぼのエピソードも、インド映画らしく力強い。もちろん歌って踊る。そして女の子がとにかく可愛いんだ。ラストは分かってても良かった。途中合流する記者さんも良かった!

出会いやインド国内ではわりと消極的で手放そう手放そうとして困ってたのに、越境した途端頑固になるのは事件のせいかな?とはいえ、正直者ぶりとただの非常識というか恩を仇で返してるのがちょっと微妙に感じてしまったところも、、どうせなら初めからぶっ飛んでて欲しかった。旅立つまでが長かったな、、

しかしPKもだったけど、インド映画って、宗教とか、パキスタンとか、機微な問題を真正面から描くんだな。その潔さもインドの価値観なのか。出てくる神様や習慣に詳しかったらもっと奥深く読み取れたこともあったんだろな。あと、エンドクレジットにパンジャブUNITが出てきて、ふだん紛争ニュースでしか聞かない地方名でちゃんと映画が撮られていて、戦いだけが全てじゃないよな!と改めて現地を思う。私が行ってみたいナウシカのモデルと言われるフンザも、カシミールのさらに奥の山岳地方なんだよなぁ。やっぱり綺麗!行ってみたいなー