バジュランギおじさんと、小さな迷子の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「バジュランギおじさんと、小さな迷子」に投稿された感想・評価

osowa

osowaの感想・評価

4.0
インドとパキスタンの問題はイギリスのせいなのに、なんで両国民がいがみ合わなければならないのか?

愛の力で両国民が仲良く暮らせる時代が来ることを切に願う。
最後怒涛の涙腺攻撃がもうちょい抑えてれば4点台。反逆者達のその後が気になりました。
封切りを見逃し、再上映は夜で断念。
諦めかけていたら、地元のシネコンに‼️

ザッツ、インド映画‼️
歌あり、踊りあり、アクションあり
旅して、笑って、泣いて~

いくら何でもちょっと盛りすぎ~な
演出も素直に楽しみ
涙活させてもらいました。

隣り合いながらも、国同士
解りあえないのがもどかしいし
宗教の壁って高いんだなと改めて。

バジュランギの真っ直ぐに出会うと
心を動かされるのもわかるし
シャヒーダーが、とにかく可愛い。
彼女さんも記者も
あの人もこの人も~
いい人いっぱい出てきたなぁ。
あぁ、バスの車掌さん、好き♥️

観れて良かったです。
地元のシネコンに感謝。
小梅

小梅の感想・評価

4.0
歌とダンスのてんこ盛り、愛と笑いと涙、全てが過剰で、やっぱりインド映画はこうじゃなきゃね、と大満足でした。
途中、記者のお兄さんが加わり3人になってからの道中が、移り変わる景色も含めて楽しめました。
国同士の対立や宗教の違いなど、シリアスな問題を織り交ぜながら、最後はみんなが笑顔になれる映画。
まず、この子が可愛いということだけで充分楽しめる笑いあり涙ありのコメディ。かつ、インドとパキスタンとの対立がわかりやすく扱われている映画(この問題ってインド映画で見たことなかったような)。『判決 ふたつの希望』より遥かに明るいけど、宗教対立の根深さが逆に伝わってくる。

個人的には、「これが大人だろ!」という主張を感じました。

大人が勝手に喧嘩して、憎しみあって、傷つけあって、壁作った後に、無実の子供が国境を越えて迷子になる。言葉を話せず、出身地も言えない。
それを送り返すのは大人の仕事だろうと。
主人公は神の名前で呼ばれるほどいい人という設定で、優しさが現状を打破するストーリーではあるけど、これ当然だろ?と言ってる気がしたんですよね。
それを軽やかにやっちゃうのがインド映画のいいところかなと。
ねこ

ねこの感想・評価

3.3
長い。途中もう少し省けるのでは。最初の山々の景色が見事なのと、終盤3人で街や山や自然を旅するシーンが良い。スローな映し方、一昔前の手法だが今では逆に新鮮。カメラワークが斬新。あの記者ありきの映画。女の子はカワイイ!声を出さずに表情だけで泣く演技は脱帽もの。
インド映画って幸せな気持ちで映画館出れる
パキスタンからきた迷子の喋れない女の子をインド人の主人公が家まで送り届けるって話。熱心な信者の主人公が異教と交流していく過程がすごい良かった。異教でも国が違っても関係ないって思えるようになるまでの成長で泣いてしまう。あと国境超えたパキスタン記者との友情もめっちゃいい
はつか

はつかの感想・評価

4.0
インドとパキスタンのアレコレに巻き込まれながらも、迷子ちゃんを送り届けるために奔走するバジュランギおじさん。
ヒンドゥー教ガチ勢ハヌマーン様強火担のおじさんが、旅の途中様々な人々と触れ合い助けられて、他宗教も重んじるようになっていく過程がとてもよかった。
「みんな変わろう。良くしていこう」というテーマの化身であるおじさん。
そりゃ応援しちゃうよおじさん…
後半、道中出会った男性記者と擬似夫婦のような絵面になってたおじさん。インドで帰りを待つおじさんの婚約者の顔も名前もほとんど出てこないけど、あまり悩まないおじさん。
ほんといいわ。
shoken

shokenの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

国境付近のシーンはおかしかったし、二人の姿がテレビやネットで流れたシーンは沁みた。
ラストに、インドとパキスタンの関係への願いが詰まってると感じた。

サルマン・カーンというより、バジュランギおじさんのファンになった。
泣いた〜王道だけど泣いた〜ムンニー可愛すぎるよお〜
久々にインド映画。歌と踊りは楽しくなるね!!国際情勢には相変わらず疎いなと感じるね。印パ関係について学びたいと思ったね。猿を見る度ハヌマーン様〜って拝み、何事も教えに従っていたり...。私は無宗教だから、パワンには生きる源があるというか、信じれるものがあって、なんか羨ましくなった。