きしだギレンホール

仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシスのきしだギレンホールのレビュー・感想・評価

2.5
見えない怪物・眼魔を追っていた二人の仮面ライダーは、突如ワームホールに吸い込まれてしまう。行き着いた先はなんと10年前であった。一方、現代にも異変が起こり始め…。

先に観た方々の評判がすこぶる悪かったので、あまり期待せずに観に行きました。確かに前評判通り、どちらの作品にも参加していない方の脚本ということで、登場人物たちの性格に違和感を感じるシーンは多かったです。しかし、パラレルワールドでのお話だと思えばそこそこ楽しめると思います。個人的には昨年のMOVIE大戦より好きです。

ただ本作で一番面白いシーンは片岡鶴太郎と竹中直人のショートコントなのです。以下ちょっと抜粋。

(鶴太郎は死にかけていて、竹中はあの世とこの世を繋ぐ仙人の役)
竹「天国は楽しいぞ〜!丹波哲郎とか居るよ。人間の魂は35g!(モノマネ)」
鶴「じゃあ松田優作さんとかいらっしゃいます?」
竹「居るよ。なんじゃあこりゃあ!(モノマネ)」

こんなくだりをそこそこ長い時間やっています。爆笑しました。