Osamu

わたしの坊やのOsamuのレビュー・感想・評価

わたしの坊や(2015年製作の映画)
3.7
大切なものを汚した者への復讐の物語。

復讐と言っても、感情の高ぶりは低く、静かに進んでいく。

これ、あまりにも分からなくて観た後にちょっと調べてみた。

カザフスタンは大統領の権限がどんどん強化されていて、汚職や腐敗も多いようだ。

主人公の復讐は、こういったものへの批判と重ねているものと思われる。

「海が死んだ」という表現が出てくるけど、これは世界第4位の広さを誇ったアラル海の消滅のことを言っている。砂漠の上の廃墟は船。政府の無策により生きる糧を失った漁師の哀しみの象徴。

カザフスタンの景色が綺麗に映し出されている。

性懲りも無く、今日も21:15から観てしまった。