Osamu

コインロッカーの女のOsamuのレビュー・感想・評価

コインロッカーの女(2015年製作の映画)
4.0
どうにもならない何かに縛られて生きていく姿を観る映画。

コインロッカーに捨てられた女の子が裏の社会で生きていく物語。

血の繋がらない母娘、血の繋がらない家族の物語でもある。

あることをきっかけに家族が崩壊していく。「どうしてそこまでするか」。何度も天を仰ぐ。

でも、縛られている何かがあるから、そうせざるを得ないんだろう。それに縛られないと生きていけないんだろう。

そうなんだろうけど、割り切れなくて、たまらない。

主人公がカッコいいよ、愛しいよ。

韓国映画は初めて。上映後のQ&Aでは僕の知らない有名俳優の名前が飛び交い置き去りにされる。韓国映画、面白そうなんだけど、ハマると深そうでちょっと躊躇している。