コインロッカーの女の作品情報・感想・評価

「コインロッカーの女」に投稿された感想・評価


究極の愛、これ観てそう思う私がおかしいんだろうな!( ´∀`)

キム・キムコンビが最高。

安藤サクラとキム・ゴウン、日本と韓国に同時期に天才アクターが世に送り出された奇跡!とくとご覧あれ!アクトレスじゃなくアクターだからね!だって男前過ぎるんだもん!

似過ぎてるでしょ二人( ´∀`)

あ、安藤サクラは出てないからね!笑

魂と顔が激似!姉妹か!双子か!

これだから、韓国映画はやめられない
maco

macoの感想・評価

-
完全に壊れているのだけれど、非常にもなりきれない、闇社会に生きる、血のつながらない家族の殺しあいの映画。ラストの落としどころはそれでいいのかと思わなくもないけれど、それ以外の生き方を知らない彼女の振りきった強さも感じる。女優たちの名演が楽しめる映画でもあった。
あ~良かったなあ…う~ん良かったなあ

長くなりますがイリョンの役がまずほんとにいいですね、女優さんなら皆やりたがるような役ではないでしょうか。
表情やら何やら10代の安藤サクラさんて感じでしたが!
私はあえて《あずみ》の頃の上戸彩さんにやって頂きたい( ´∀`)笑

2部構成ぽくなっている脚本、キャラクター、その背景なども良かったです!
あと韓国の子役さんの演技力素晴らしくないですか?怖いわもう。

悲しいなあてゆうよりも心が痛くて辛くて泣いてしまいました。
ラストも良かったです、久しぶりにおすすめしたい韓国映画です。
こういう韓国のノワール系というかその類の作品はやはり男性が主人公のことが多いけど、この作品は拾った女と拾われた女、すなわち女性が主人公。
そういう意味では目新しさがあるし、女性主人公でも迫力があったし、面白いと思った。
とても自分に優しく接してくれたソッキョンと育ててくれたオモニの間で心が揺れるイリョンを観ているのが終始、辛かった。
自分もこんな状況になったら選べないと思う。
俳優さんたちも凄い。
イリョンを演じたキム・ゴウンの繊細な演技と多彩な表情が印象的で一気にファンになりました。
そして何と言ってもオモニを演じたキム・ヘス姉さんの圧倒的な男勝りの存在感。
その佇まい、表情がこの作品を引き立てていました。
Yooon

Yooonの感想・評価

3.0
そんな母性ならいらんやろ



キム・ゴウンは、さすがでした。
OANIL

OANILの感想・評価

-
主人公キム・ゴウン(パッケージ左)の顔が好きすぎて内容が入ってこねぇ

友達と話を合わせて適当言うだけで、実際は人生を通して目が悪くてあんま見えてないぶん女性のルックスに対し好き嫌いとか分かんないのに…

何故かこの女優の顔は本当に好き…
レク

レクの感想・評価

3.5
生まれてすぐに地下鉄のコインロッカーに捨てられた赤ん坊が、闇金の社長に育てられ取り立て屋として悪に染まっていく。

愛を知らずに育った彼女が体験する様々な愛の形。
想い人や擬似家族を通して命の儚さを伝える切ない復讐と愛憎劇の韓国ノワール。

キム・ゴウンも素晴らしい演技だったが、なんと言ってもキム・ヘス。
彼女抜きにこの映画は成り立たない。
佇まい、表情、言動、その全てから威圧、恐怖、人並外れたオーラを放つ。
『ファイ 悪魔に育てられた少年』と似た作品ではあるが、こちらではちゃんと母性という愛情を感じ取れた。
Orca

Orcaの感想・評価

3.5
親のいない子が犯罪集団に育てられるという「ファイ 悪魔に育てられた少年」を思わせる話。ざっくり言うと「ファイ」の女性版。キム・ゴウンの表情がとてもいい。オム・テグ君が出てます。

・おでん屋のおじさんが「新感染」の運転士さん。
・主人公の子ども時代が「新感染」のスアンちゃん。
・ピンク髪の女の子が「沈黙、愛」のチェ・ミンシクの娘。
>|