catspaw

Doglegsのcatspawのレビュー・感想・評価

Doglegs(2015年製作の映画)
5.0
友人に誘われ観に行った興行に衝撃を受けた監督が、半年オファーをスルーされた末撮影許可を得、その後5年に渡って密着を続け作り上げたこの作品。私自身はプロレスファンであることもありドッグレッグスの存在は以前から知ってはいましたが、正直監督ヒース・カズンズ氏が友人の友人でなければ、わざわざこの作品を観に行くまでは至りませんでした。少なからず障害者プロレス、またドキュメンタリー映画というものへの先入観があったので。
ですが、プレミア上映でそのありがちなドキュメンタリー映画というイメージは良い意味で裏切られました。激しい試合の場面も勿論ありますが、作品は終始落ち着いたトーンで、選手を見守る様な絶妙な距離感が心地良く。観ていていつの間にかその世界に引き込まれていました。

心身にハンデを抱えながら、何故リングに上がり生身のカラダをぶつけ合い闘うのか。彼らにとって、そして自分にとってプロレスとは、生きるとは何なのか。触れる機会の少ない世界を目にすることで考えさせられる側面もありつつ、選手それぞれの日常というドラマに魅せられる作品でもあります。観終わった後に訪れる暖かく穏やかなカタルシスと、明日またがんばろうかなと思える素直な気持ち、これは沢山の人に味わってもらいたいと思いました。

インディーズのドキュメンタリー、ミニシアターでの公開とちょっとハードル高いですが、足を運ぶ価値のある1本です。